2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

(地域) 西馬音内

2014年11月25日 (火)

「かがり火」スペシャルライブ2014 西馬音内盆踊り会館で開催

みなさんこんにちはkaraoke

            

湯沢雄勝地域の寒空の中、毎日、心温まる出来事を探している

(高印rvcar)ですが、ぼんやり頭に思い浮かぶのは、

アツアツハフハフのこってりラーメン!熱々に焼いた地元牛!

適度に熱い露天風呂!などですが、

今日は、予定していた美味しいケーキ屋さんの情報ではなく、

西馬音内盆踊り会館で行われる”灼熱必死”のスペシャルライブ!

の告知をしたいと思いますimpact

Scn_0010

最初に出演するアーティストの情報をクリックお願いしますshine

山田晃士オフィシャルサイト←ポチッとクリックsearch

塚本晃オフィシャルサイト←ポチッとクリックsearch

近藤智洋オフィシャルサイト←ポチッとクリックsearch

            

2014年11月28日(金)

開場18:00 開演19:00

入場料 前売 2,500円  当日3,000円 (ドリンク別)

会場 西馬音内盆踊り会館(羽後町西馬音内字本町108-1)

☆お問合せ・チケット予約

西馬音内盆踊り会館 TEL 0183-78-4187

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今月最後の金曜日の夜moon3

誰かを誘ってライブへ出掛けてみませんか?

音楽は出会いだから、知っていても知らなくても

新しい音。共鳴。共振する音楽のステージが待っている。

是非!一音の灼熱で寒さを吹き飛ばしてくださいthunder

         

(高印rvcar)            

2014年8月14日 (木)

西馬音内盆踊り 平成26年8月16日・17日・18日

みなさんこんにちはsun

             

祖霊たちを送る盆の8月16日。

出羽の山並みに日が沈むころ、

秋田県羽後町西馬音内に寄せ太鼓の囃子が鳴り響きます。

・・・から始まる国指定重要無形民俗文化財

西馬音内盆踊り

が、静かに熱く、開催されますshine

Scn_0017

平成26年8月16日(土)17日(日)18(月)

盆踊り時間 19:00~23:00(前半は子供の踊り中心です)

※18日は、23:30分までとなり最後は圧巻です。

場所 西馬音内盆踊り会場

               

交通規制

8月16日・17日・18日 18:00~24:00

※ただし盆踊り会場は、14:00~24:00

本部連絡所 TEL 0183-78-4187

Dsc02852

8月13日(水)に、西馬音内盆踊り開催前の本町通りに行って来ました。

                   

最初に説明すると、

「知らない人は知らない、知っている人は情熱的に知っている」

西馬音内盆踊りですが、起源は、正応年間。関ヶ原合戦以前、

(高印rvcar)の個人的意見を語れば、

山村や田畑に囲まれた、この人口約1万七千人の小さな羽後町に、

現在では、三日間で15万人以上の人(観光客・その他)が訪れます。

この時期、この場所、この時間に訪れ、その瞬間を観れば、

もしかしたら、森羅万象(天地間に存在、数限りないすべてのもの(万物)や事象)が、

この西馬音内盆踊りに遊びにきているかも?と感じる瞬間に、

運が良ければ立ち会えるかもしれませんconfident

Dsc02847

会場の準備は出来ていました。

Dsc02855

この日本三大盆踊り「西馬音内盆踊り」の様々なお話や感想は、

大企業から有名デザイナー、芸能人や地元の有志、子供まで、

秀逸な説明や文章が残っている為、説明は割愛させて頂きます。

まずは、足を運んで頂ければ、

優雅、優艶、優美、幻想的、夢想、その他、体験できると思います。

是非、一度観れば、またいつか訪れたくなると言われている

秋田県羽後町、西馬音内盆踊りで、静かにお待ちしております。

             

(高印rvcar

2014年3月18日 (火)

羽後町 愛好家たちの藍染め絞り展 美しい藍染めを観賞しませんか?

みなさんこんにちはsun

                           

そろそろ草木も芽吹く、春が訪れて欲しい湯沢雄勝地域です。

今日は、明日から行われるイベントの紹介をしたいと思います。

Scn_0005

愛好家たちの藍染め絞り展

会場 西馬音内盆踊り会館

住所 雄勝郡羽後町西馬音内字本町108-1

TEL 0183-78-4187

3月19日(水)~23日(日) 9:00~16:00

入場無料

主催/羽後町観光物産協会 共催/藍染め絞り愛好会

休館日 月曜日

西馬音内盆踊り会館までのマップ←クリック

                               

開催期間中、是非、藍染め絞りの着物のご鑑賞に訪れてみてください。

                                                  

同時期の23日(日)は、ライブイベントが行われます!!

Scn_0006

2014年3月23日(日)ライブイベント

白崎映美&とうほぐまづりオールスターズコンサート

東北6県ろーる!!

場所 秋田県:羽後町文化交流施設 美里音

開場 14:00/開演15:00

チケット 

前売り 2,000円(前売り場所:美里音)

当日  2,500円

                              

お問い合わせ:羽後町文化交流施設 美里音

〒012-1123 秋田県雄勝郡羽後町貝沢字拾三本塚111-1

TEL 0183-62-2098

美里音ホームページ←クリック

美里音(みりおん)までのマップ←クリック

主催 美里音自主事業実行委員会 協力 北の盆

後援 羽後町・羽後町教育委員会

                                                        

今回は、西馬音内盆踊りと縁のある、上々颱風(しゃんしゃんたいふーん)の

ボーカル、白崎映美さんと、とうほぐまづりオールスターズの登場です。

とうほぐまづりオールスターズの山口ともさんは、

今日の新聞の朝刊で、お見受けしたような?

アバンギャルドな音楽らしく、実際に聴くのが一番有意義なライブです。

(アバンギャルド:意味/因襲や社会通念の打破、未知の表現への実験、

精鋭の小部隊、芸術上の実験や冒険、その他)

                              

なんだか面白く盛り上がりそうなライブなので、

是非みなさん、お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。

                           

(高印rvcar

2013年3月19日 (火)

西馬音内盆踊り教則DVD、いつ見るの?今でしょ。

Photo

あたらしくなってる━━━(**゚Д゚**)━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


こんにちは、おゆきです。

羽後町観光物産協会のHPがリニューアル☆されています!

羽後町、がんばってますね。

春はあけぼの、やうやうあけぼの。

こんなあたたかい日は、

おどりたくなりますね!!!o(≧◇≦)o

Img_0519EZ DO DANCE!

踊りましょう!!!

今年も西馬音内盆踊りは8月16、17、18日!

今年はさらに、金・土・日です!!

“今から始めてみればいいじゃない。”

嵐もそう歌っています。

思い立ったが吉日。

今日を吉日としたあなたに、こちらをご紹介しましょう。

Dvd_2ててん!

西馬音内盆踊り 教則用DVD!!!

西馬音内盆踊保存会監修

つまり、公式の教則DVDです。

これ1本で西馬音内盆踊りがじわじわとわかってくる!

・西馬音内盆踊りの解説
・囃子方の演奏
・「音頭」「がんけ」の解説
・実演映像

などなど、スペシャルプログラムが網羅された1本です。

“これでいいのだ”

バカボンもそう言っています。

それでも不安なあなたは…

Cha4Shall we dance??

踊りこみましょう!!!

ご存知でしょうか。

西馬音内盆踊りの一般練習会が存在することを。

【毎月第3土曜日 19:00~21:00】

指導はもちろん、西馬音内盆踊保存会

12月~3月 西馬音内盆踊り会館
4月~7月、10・11月 羽後町中央公民館 (通称 コミセン)

にて、夜な夜な開かれています。

(※場合により、会場の変更や開催しない月もあります。
詳細は羽後町観光物産協会 0183-62-2111まで事前にお問い合わせください。)

本場の踊りの習得を目指し、遠方から足しげく通われている方もいらっしゃいます。

“迷わず行けよ、行けばわかるさ”

アントニオ猪木さんもおっしゃっています。


P59602_2

私も途中までは、自己流で踊ってきた一人でした。

自分では、映像で見るような西馬音内の踊りができているつもりでした。

しかし、練習に参加し、

鏡に映し見た自分の踊りはみっともないの一言。

“おべだふり”(知ったかぶり)ならぬ、“おどれだふり”(踊れているつもり)で、

自己満足していた自分が恥ずかしくなりました。

H23

“初心者の 上級者への 道のりは 己の下手さを 知りて一歩目

スラムダンクの安西先生もおっしゃっています。

先輩方に「よくなってきた」とほめられると嬉しくなりますが、

一つよくなればまた次の課題が出てきたりと、マスターへの道のりは長いです。


Dsc_1533

近年、踊りの乱れが取り沙汰されていますが、

町内・町外問わず、

踊り手一人一人が、自分の踊りを振り返る時なのかもしれません。

鏡に映った自分が教えてくれました。

他人事にしているうちは、何も変わりません。


“じゃあ、いつやるの?”

“今でしょう。”


現代文の林先生もおっしゃっています。

そう。

その時は

“今”なんです。

Dvd Dvd

≪主な教則DVD販売先≫

・西馬音内盆踊り会館 (0183-78-4187) MAP 通販可

端縫屋(高竹衣料店) MAP 通販可

趣味の店 ながや MAP 通販可

DVD売上金の一部は、西馬音内盆踊りの振興・保存伝承の資金となります。

VHS(ビデオテープ)・CDも販売されています。

Photo Cd

すべての西馬音内盆踊りを愛する方へ。

うつくしい西馬音内盆踊りを踊り継ぐために、

共に精進してまいりましょう。

昔から守られてきたうつくしい踊りの輪は、今、そこにはありません。

辛辣なことを述べてしまいましたが、

本当にこの盆踊りを愛してくださっているあなたなら、

きっとこの想いをも、共にしてくださっていることと思います。

練習会におこしの際は、くれぐれもお気をつけて✿

本番まであと150日です…☆



*おゆき*

2013年2月22日 (金)

アンコール続々、2月・3月の羽後町イベント。

さーて、これからの羽後町はー。

Dsc01350

おゆきです。ヽ(´▽`)/


雑談ですが。

1月、“髑髏城の七人”を観に行ってきました。

いいですね、劇団新感線。

迫力ある殺陣と、キレのある笑い。

森山未來。


あんまりおもしろくて、

どハマりしすぎて、



もう一回観に行ってきました。


初めての映画リピート。

アツすぎてやけどしそうな勢いです。


これからの羽後町は、

①花嫁道中をもう一度、をもう一度。

②愛好家たちのキルト展、再び。

③藍染め絞り展、再び。

の3本です。



ええ。

私もびっくりしています。

この驚異の「再」リピート率。

思わず、なんぼやるなよ。

と言ってしまいました。


だけど、それはやみくもに繰り返したものではなく、

“もう一度見せたい。” 

“もう一度見たい。”

この需要と供給が釣り合ってこそ、実現するものだと思っています。


そして、感動の拍手とともに迎えられる「再び」こそが、

「アンコール」と呼ばれるものなのでしょうね。


今回はそんな、アンコールにお応えしての番組・イベントの数々をご案内していきます。


**********************

【花嫁道中をもう一度、をもう一度。】

2月22日(金) 20:00~20:43

NHK「東北Z」にて、

羽後町の花嫁道中の模様が放送されます。

題して

「雪峠を越えて 羽後の花嫁道中」

0222_1 0222_2

先日の放送を見逃してしまった皆様、チャンスです!!!

なんとこちら。さらに再放送もあります。(2月23日 午前10:30~11:13)

誰かにおすすめしたくなったとき用のチャンスまで用意するなんて、

NHKさんもなかなか隅に置けませんね。




【愛好家たちのキルト展、再び。】

Photo

愛好家たちのキルト展

2月20日(水)~24日(日) 9:00~16:00
西馬音内盆踊り会館 (0183-78-4187)

羽後町のおかあさん方の手づくりイベントシリーズ☆

回を重ねるごとに来客数も増え、口コミがまたファンを呼んでいる様子。

今では宮城県など他県からのお客様もいらっしゃるとか。

現在開催中ということで、ちょこっと潜入してきました。

Dsc01609 Dsc01647

Dsc01653_2 Dsc01636

おっとっと。

ここから先は直接会場にてご堪能くださいね♪

かわいいカントリードールも展示されています。

コーヒーでひと息つけるスペースもありました。

気さくな羽後のおかあさんたちと、手づくり談義に花を咲かせてみてくださいね。




【藍染め絞り展、再び。】

Aizome

3月22日(金)~26日(火) 9:00~16:00

西馬音内盆踊り会館

Dsc_0051 1040227

西馬音内盆踊りで使われる藍染め衣装

同じ柄が存在しないこだわり、そしてその柄・色あいの美しさから、

縄野三女(なわの さんじょ/なわの さき)さんをはじめとする

羽後町の染織家の技が注目されるようになりました。


8月には“藍と端縫いまつり”という類似のイベントも開催されておりますが、

そちらのイベントでは浴衣の持ち主さん…つまり、衣装を着る方との対話が主になるかと思います。

じかに、染織家の皆さんとお話できるのが今回のイベントの魅力です。

盆踊り会館の定休日は月曜日ですが、

この期間に関しては開館されていますので、ぜひとも職人の技に触れてみてください。


**********************


このシリーズがある度に思うんですが…

チラシ、きれいだよね♡



羽後町企画商工課さん。

なかなかの仕事人ぞろいです。


さっきのキルト展に至っては

Photo_2

UGO crafts meisters.

芸が細かいね。

こういうこだわり、好きです。どちらの印刷会社さんなんでしょうかね。

これだから羽後町はやめられません。

これから先もあなたのアンコールをいただけるよう、そしてイベントが続いていくよう、

微力ながらブログでも取り上げてまいりますので、

どうか今後も秋田の湯沢雄勝をお見逃しなく☆

よろしくお願いしますよ!


*おゆき*

2013年2月13日 (水)

どんと恋、ニュースタイル♪西馬音内のラグドール。

たのしかった、犬っこまつり。

Dsc_2880

泉栄堂さんのクレープ…(*´Д`*)


こんにちは、おゆきです。

我々が犬っこの雪上よさこい演舞で滑って転んではしゃいでいる間に、

いとこがバレンタインデーに入籍しようとしているようです。


バレンタイン、ねぇ。

いいわねぇ。

よって、今日はホワイトデーのお話をしようと思います。


ええ。

本当に悩ましいのはバレンタインより、

バレンタインのお返しなんじゃないかと思うんですよ。


“何がいいのかわからないよー!”
“リーズナブルに済ませたいよー!”
“もらってないけど、あのコに喜んでもらいたいよー!”

などなど、七色の悲鳴が聞こえてきそうですが、

こちらのお店なら、どんなお悩みもどんと恋♡


さあさあ、迷える男性諸君。

単刀直入に言いましょう。

このお店、知ってるとモテますよ。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。


そのお店は…

Photo_2

着きました。

以前すけ。さんと訪れた三浦運送さんのすぐそば。

西馬音内の老舗菓子屋・みなとや(湊屋)さんと一体になっています。

Photo_4

4年ほど前にできたまだまだ新しいお店ですが、

各情報誌や「サタナビっ!」「あきたびじょん+」など、

マスコミの露出も増えてきています。

Photo_5 Photo_6

禁断の甘い扉を開きます。

その世界はさながら

絵本の中にでてくるお菓子屋さん♪

Photo_2

【RAG DOLL】(名) ラグドール。ぬいぐるみ。

ええ。

それこそがこちらの店名。

“ぬいぐるみのように、

子どもからお年寄りまで、みんなに愛されるあたたかいお店に

という店主さんの願いが込められています。

Photo_17 1

2_2

ご覧いただいておりますように、

季節・イベントごとの企画商品のほか、雑貨も盛りだくさん☆

下の写真のお菓子は、なんと!おみくじ付きです。


お菓子×雑貨という、ありそうでなかったビックロ的新感覚スタイル。

思わず自分にプレゼントを買ってしまいそうです。

Photo_5
 Photo_8

Photo_9 Photo_15

(((*゚д゚*)))

ちょっとくらいいいよね♪

耐えきれず、買っていくことにしました。

Photo_16

みんなだいすき☆モンブラン☆

ほどよい甘さで、ケーキにうるさいうちの母も激推しの逸品です。


甘いもんハンターとして思います。

“ラグドールさんのお菓子は、なじみやすい。

小さなお子さまでも安心してほおばれるような、そんなやさしさにあふれています。

みんなのおかしやさん、ラグドール。

お菓子好きに壁をつくらないその味が、続々とファンを増やし続けています。

4_2

ここまで来ると、じわじわと気になってきますよね。

“店主さんはいったいどんな人なんだろう。”

写真の左から2番目の女性。

彼女こそがラグドール店主・湊 彩子(みなと あやこ)さんです。


余談ですが、うちの近所の盆踊り笛のエース、だいまるさんと同い年だそうです。

私はぜったい信じません。

2_3

そんなとてもかわいらしい湊さんは、

夢を忘れない少女のようなお方。

初対面の私に対しても、気さくに、目をきらきらさせながら、

次々にお話の花を咲かせてくださりました。


足ふみミシンを粗大ゴミからゲットしたお話。

そしたら“うちにもあるよ!”と、別の人がまたミシンをくれたお話。

東京での修業のお話。

厳しくもつらい日々の中、支えてくれた人たちのお話…。


わかる気がします。

思わずみんなが背中を押したくなるような、

そんなあたたかさと、お茶目さを兼ね備えた、やわらかいお人柄を感じます。


しかし、それとコントラストをなすかのような芯の強さも感じます。

老舗・みなとやの後継ぎとして、

若くしてすでに意志を固められていた湊さん。

湊さんが選んだのは和菓子の道ではなく、洋菓子の道を貫くことでした。

Photo_3

そういえばと思ったことがひとつ。

みなとやさんとラグドールさんには、間仕切りがありません。

なのに、和洋の住み分けがしっかりなされています。


その空間には、

ご両親が築いてきたみなとやさんのスタイルを尊重する湊さんのお心と、

娘さんが選んだ新たなスタイルを受け入れ、背中を押した親御さんのお心が、

そのまま映し出されているような気がしました。

Photo_2

壁をつくらないこと。そのひとの個性を認めること。

自分のスタイルを貫くこと。

その生き様が、多くの人を惹き付けます。

枠にとらわれないおおらかな心が、お客様だけのスタイルをつくりだします。


たとえば和菓子に縁のなかった若者が、

みなとやさんに寄ってみたり。

みなとやさんに来たおばあちゃんが、

お孫さんのためにラグドールさんでケーキを買って行ったり。

プレゼント選びが苦手だったあなたが、人に与える喜びを知ったり。

壁をつくらなかったおかげで広がった可能性が、そこにはあると思います。

Photo 3

誰が来てもやさしく迎えてくれる、あなたのスタイルを受け入れてくれる、

そんなあたたかいラグドールさんの世界観。

あなたのスタイルも、広がること間違いなしです。

実はだいまるさんのほかにも、いかつい常連ジャーがいたりします。

ええ、みんな男性です。


それでも照れくさくなったら、お店の名前を思い出してください。

恐れることはなにもありません。

だれにでも愛されるようなお店に♡

それがラグドールさんのニュースタイル。

*****************

【みなとや・ラグドール

〒012-1131
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野65-1
MAPはこちら♡

TEL 0183-62-0648
営業時間 8:30~19:00
定休日  第1・第3日曜日(イベント・行事に重なった日は開いているかも…?)

*****************

暦の上では春となりましたが、

恋するあなたにも、春が訪れますように

私からのささやかなバレンタインです。

がんばるあなたに、幸あれ☆

ラグドールさん、みなとやさん、ありがとうございました♡ヽ(*’◇’*)/


*おゆき*

2013年1月18日 (金)

十五の夜、みかんまき☆

みかん みかん みかん!

Photo_5

みかん みかん みかん!

Photo_6

みかん みかん みかん!

Photo_3

みーかん!!!

Photo_9

こんにちは、おゆきです。

時はさかのぼること、1月15日。

羽後町西馬音内にて、

小正月行事のみかんまきが行われましたぁぁぁぁぁ!!!

Img_0001_3チラシも入ってきて。


みかんはいろいろあるけれど、羽後町のみかんまき一夜だけなんです。

家を建てたり結婚したり、めでたいことがあった家は、

家からみかんまくんです。

Photo_10

02本町通り第一会場 バザール西馬音内店

民家だけでなく、お店でまいたりもします。

田舎の割にはなかなか景気のいいイベントです。

不況でも 続いているよ みかんまき。

03本町通り第二会場 福祉 まごころ

この日は拾う側にすれば、いわばみかんの収穫祭。

気合いを入れてみかんを拾いに狩りにいきます。

“かあさんがた”という名の歴戦のみかんハンターに負けてはいられません。

なんぼ手をふまげられても、けっちで押されでも、

絶対に負けられない試合がここにはあるんです。

不幸続きのおゆきさん家は、たくさん縁起物にあやからなければいけません。

父(山菜採り名人)のバンに乗り、本町通りまで雪道をかっとばします。

01急げ!

(’◇’)   「軍手もったが?」

おゆき父 「いらねでぁ。はずがししてー」

父はシャイです。

Photo_12第三会場 西馬音内盆踊り会館

着きました。

私が向かったのは、西馬音内盆踊り会館。

羽後町の商店・企業から寄せられたみかんが一同に会する、

最もエキサイティングなみかんまき会場です。(たぶん)


さまざまな人々の思いが交錯する、この小さくも壮大なみかん祭りの現場の熱気を、

少しでもリアルに皆さんにお伝えしたいという思いで、

今回は自分の狩りよりも取材重視でいくことを決意しました。

父は恥ずかしがりながら一人、バザール会場に消えて行きました。



04

おやおや、交通整理のスタッフさんが案内をしています。

もう配置につくなんて、驚きの早さです。

本日の交通整理は、柔道が得意なお兄さんと、実はしいたけが苦手なナイスガイさんで構成されています。

05_3ジェダイの末裔。

Photo_4まだだぎゃ?

06_4 07_2

バザール前に続々と人が集まります。

みんなバザールの袋を持ってきているのがなんだかシュールです。

Photo_13 Photo_14

「たのもー」

生意気にも盆踊り会館のドアをくぐってしまいました。


(’◇’;) 「あのー、すみませんが…もしよければ…写…

「おゆきちゃん、探してたよー」

「おう!太鼓叩いでいげ!」

「YOU、みかんまいて行っちゃいなYO!」


…………。

ええ。

いつもお世話になっております。

本当に、やさしい人たちです。いつ行っても、あったかい人たちです。

おいでください、西馬音内盆踊り会館。

そんなこんなのなんだかんだで、

まさかのみかんをまく側に☆ヽ(≧◇≦)/

本当に、本当にありがとうございます。

Photo_15はじまるドン☆


そうこうしているうちに、バザールで始まったどー、と報せが入りました。

遠くからわやわや感が伝わってきます。

こちらの開始は、周りの店の出方をうかがいつつというやんべツーカーぶり。

盆踊り会館は毎年、開始前の合図に“寄せ太鼓”をたたきます。

(盆踊りの一番最初のお囃子です。)

01_3

今回のお囃子は、北の盆と、盆踊り愛好会のコラボチーム。

とーさんがたも頑張ってるんだよ!!!

そうブログに書いておいてくれと言われました。

本町通りから橋場にかけて、地元商店街を引っ張ってきたとーさんがたです。

必死に演奏するとーさんがたに変わりまして。

今年もどうか、西馬音内の地元商店をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


と、もぞこいでいるうちに、とーさんがたの様子が…。

この寄せ太鼓、数ある囃子の曲目の中でも

いちばん、“こや”曲なんです。

(こや…疲れる、しんどい。 例:「あー、こや!(ああ、疲れた!)」)

02はやくきてくれー!

03_2まさかのとなりでもう一戦。

04きたきたきたぁー!

05_3まるで赤穂浪士。

06はやぐまいでけれー!

この人だかり。

盆踊りフィナーレとはまた違う感動を覚えます。

さあさあ、こっからが本番。

みかんを豪快に…

Photo_5うおりゃー!!!

カメラにはおさまらない勢いです!!!∑(゚◇゚ノ)ノ

こんな感じでみかんを投げるまくので、

当然クラッシュ☆することもあります。

Photo_6

「うおおおおお!」「いでぇ!」「おーい!こっちこっちー!」

こんな単純な行事なんですが、もう大盛り上がりです。

そんな羽後町がやっぱり大好きです。

会場のエキサイティングぶりにも拍車がかかってきたとき…

08_2なしてWhy。

バスが来ました。

なんてミラクル☆

「みかんがー!」「あああああ!」「潰れるゥ!!」「やめてー!!!」

楽しげな悲鳴がこだまします。

09いつもは来ないよ。

そんなサプライズも3秒後には

07待たせたね。

まるで何事もなかったように。

楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。

Photo_8はい売り切れ売り切れー。

「終わり」という単語がそこかしこで飛び交い始め、皆が名残を惜しむ中、

振り向くともう

車がいました。

01はいあぶないよー!

シイタケナイスガイとジェダイの末裔が誘導します。

02_2よけてよけてー!

「ねーちゃんそこ!」

バルコニーに転がっているみかんを見つけた子どもが、下から声をかけてきました。

下に放ってあげたら、しっかりおしゃれキャッチ☆して

「ありがとー!」

真っ赤なほっぺで、にかーっと笑っていました。かわいいもんです。

将来有望なハンターになりそうですね。


Photo_7舞台裏。

会館のお姉さん方が毎年こうしてお片付けをしてくれています。

楽しそうな皆さんの笑顔を、交通整理コンビさんがこっそり守っています。

陰で汗する立役者さんのお姿はなかなかお伝えされないものなので、

個人感情でお載せしてしまいました。

どうかお許しくださいませ。そして、本当にありがとうございました☆

Photo_9

まつりのあと、ふたたび。

盆踊り終了後の静寂がよみがえります。

ほのかにみかんの香りがする本町通りを、子供たちが足早に駆けて行き、

取れ高を家族や友達に見せ合ったり、数の大小で笑い合ったり。

いいなぁとほっこりしていたら、

さっきのちびっこハンターが、一緒にいた女の子に何個かわけてあげて、

耳まで真っ赤にしてだーっと走っていきました。

あまずっぱい香りと、だいだい色を雪に残して、

オレンジの里、西馬音内の小正月が過ぎて行きます。

Photo_10いつの間にか片付いている。

「おーい!」

忘れていました、父です。

恥ずかしいくらい古いバンから手を振っています。軍手をしていました。

「なんぼとれだっけ?」と聞くと、

「頭さ3回くらい当だったでぁ。」とうれしそうに報告してくれました。

Photo_11こちらがバザール。

Photo_13こちらが盆踊り会館。

盛り寒い時期ではありますが、なかなか“ほっと”な行事でございます。

ちょっとかだりでぐ(参加したく)なったあなた、

来年までどうか忘れずに闘志を燃やしていてくださいね。

またまた熱くなってしまった長文、

お付き合いいただきありがとうございました♡

Photo_15100%、めしあがれ♡


*おゆき*

2012年12月20日 (木)

静かな夜に、ほっとイルミネーション。

いつか二人で行きたいね 雪が積もるころに

生まれた街のあの白さを あなたにも見せたい

Photo

うきうき気分でバザールに寄ったら、もう真っ暗でした。

閉店時間が早くなったそうです。
“ふゆじかん” ってやつですね。さい、さい。

どうも。西馬音内のうっかりさん、おゆきです。


≪What's ふゆじかん? (・д・ )??≫

雪がもそもそと降る時期になると、ここらへんのお店は店じまいの時間を早めたり、仕事を早く切り上げたりします。

このことを、ふゆじかんといいます。

そんな不真面目な、とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが。
こちらの写真からもおわかりのように…

Photo

まるで人がいません。
これ、19:00ちょっと過ぎね。

歩けば滑って転ぶかもしれない。遠出をすれば事故るかもしれない。
早く帰らなければ道がないかもしれない。もしかしたら今夜は鍋かもしれない。

さまざまな“かもしれないシミュレーション”の結果、
導き出される結論はただ一つ。

まず帰る、外出せずに、早く寝る。

そういうことなんです。

だから、いつもよりお店が早く閉まっていても、
「あら、ふゆじかんがー」と、
特段何か言われたわけでもないのに勝手に納得してしまうわけなんです。

あーあ、マバさ寄ればいがったでぁ…となるわけです。
ため息ももうまっしろです。


なんだかこのままとんぼ帰りも情けないので、今日はちょっと寄り道をしていこうと思います。
どうかお時間の許す限り、おつきあいくださいませ♡

************

思えば皆様にはお伝えしたようで、お伝えしていませんでしたね。

この湯沢雄勝にも雪が降ったこと。

Dsc_2620_2こんな天気の日は…

それが、意外としばらく降りやまなかったこと。

Photo_2写ガールを連れて…

最近やっとやんだと思ったら、昨日また降ったこと。

Photo_3冬の小安峡に行ってみました。(写真:CAT美先生)

度重なる雪よせで、どこか痛めてしまったりしていませんか??
雪よせの事故には本当に、本っっっ当にお気をつけくださいね(ノд・。)

ちなみに雪を“よせる”のはここらへんの人で、たいがいの人は雪を“かく”ということをわりと最近になって知りました。無意識って怖いです。


ささ、着きましたよー♪(●’◇’●)

Photo_5

こちらは羽後町役場
毎年12月頃になるとが始まるんですよ☆

2008_1210_165618aa_2数年前はこんな感じで。

なかなかきれいでしょう☆*゜。*・゜(’∀’)゚・*:.。・*

Photo_6テーマはポーニョポニョ♪

こんな感じで、羽後町役場のイルミネーションには、その年話題になったものがフィーチャーされています。

ちなみに今年は…

Photo_8

あっちゃん。

…何だかじわじわきますね。

この枠に人物を採用するのは珍しい気がします。
推した方よりも、それに乗った方々の方が気になっています。

Photo_9

夜、一面の藍色のなかに浮かぶ、七色のひかり。

このあたりのイルミネーションは、確かに都会のそれほどにぎやかでも、豪華でもありません。

ですが、静まり返った風景の中、音もなく佇む様子は想像以上に幻想的で、
まるでそこだけ日常から切り離されたかのような、不思議な感覚を味わわせてくれます。

都会のように大々的に告知して行う場所が少ないため、不意に出くわすことが多いのもまたおつなものです。

この季節はカメラ必携。
ですが、くれぐれもわき見運転にはお気をつけくださいね。


本日のイルミネーション

羽後町役場 MAPはこちら

〒012-1131
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177


冬にだけ開かれる、静寂の中の不思議の世界。

ふと見つけたら、また、寄り道にお誘いしたいと思います。


*おゆき*

2012年12月12日 (水)

おめでとうごまち!CM大賞2012☆

ハードボイルド。

Photo



常連さん。

Photo_5



ゆるキャラ。

Photo_2 Photo_3



イケメン。

Photo_7 Photo_9






Photo_19 Photo_20


どや顔。




Photo_10

地震ときどき大雪。

こんにちは、おゆきです。

いつ来てもおかしくない「番組の途中ですが」に怯え、一人ひざを抱えながらその時を待った土曜、14:00。

無事放送されました、あきたふるさと手作りCM大賞。

今年はついに全市町村コンプリートということで、審査員席には佐竹知事の姿もみえました。

今回もなかなかつぶぞろいの激戦でしたよ。

Photo_25 Photo_26

Photo_28 Photo_29

「審査結果、発表!!」

会場に流れる緊迫のドラムロール。

テレビの向こうで、あの時の自分が手を合わせ、一心に祈ります。


言って。

「審査員特別賞は…」


言って!でもここで呼ばれたら大賞じゃな…


「 う ご ま ぢ ! 」

Photo_11 Photo_12
Photo_13 Photo_14Photo_15 Photo_16
Photo_21 Photo_22

そんなわけで、

あきたふるさと手作りCM大賞2012

羽後町が審査員特別賞を受賞しました☆ヽ(≧∇≦)/

やった!やったよみんな!!


どや顔の裏に緊張を潜ませていた制作チームのみなさんも、 

撮影に携わってきた踊り子さんも、

携わっていないバーター笛吹きも、

みんなみんな、諸手をあげて盛大に喜びました。


すっかすかな笛ですみませんでした。

やったよなんて言いながら、実はなにもやっていなくてすみませんでした。

CMも実はテレビで初めて見ましたからね☆

だけど、こんな私にも優しくしてくださったあたたかい皆さん、八峰町のお兄さん、

本当に、本当に嬉しかったです!ありがとうございました♡ ヽ(≧∀≦)

おーおおー、さー輪になって踊ろう。

今夜はコーラがおいしくなりそうです。


さてさて。

審査員特別賞ということは…

Photo_30

年に50回!Σ(゚◇゚ )

みなみなさまのお茶の間に、年間1500秒お邪魔しちゃいます。

もちろん、湯沢市、東成瀬村のCMも年に各20回、放送されますよ。

ちなみに羽後町では毎月、

町の広報のカレンダーに放送日がちゃんと載ってきます。

Karenndaこんな感じで。

CM大賞自体の放送は終わってしまいましたが、

昨年は年末あたりに再放送があったような…

AABさんならきっと今年もやってくださるのでは??と濃ゆい期待をしてみたりします。


CM制作って難しいですよね。

何で難しいかって、30秒では伝えきれない想いがそこにあるからなんですよね。

このまちをもっと知ってほしい、来てみてほしい、

楽しさを伝えたい。

各市町村の渾身の作品からは、そんなあったかい気持ちが伝わってきました。

なんもしてないのに、本当にすみません。


良い作品は、同じつくり手の心をゆさぶります。

私も、大いに触発されてきました。

今後も地元・羽後町はもちろん、湯沢雄勝地域の大好きなものたちを、
楽しく紹介していきたいなぁと決意を新たにしました。

いいなぁ、湯沢雄勝。

まだこちらにおいでになっていないあなたにも、少しでもそう思っていただけるように、
今後もいろんな楽しさをお伝えしていきますよっ♪ヽ(’∀’*)

Photo

何はともあれ、

羽後町のみなさん、おめでとうございました☆☆☆


*おゆき*

2012年12月 6日 (木)

今度の土曜日は、あきたふるさと手作りCM大賞2012。

あいたいミーチュー。

Dsc_2449_2

こんにちは。おゆきです。

母が爆弾低気圧の襲来にそわそわしていました。
家から出る用事ないでしょうよ、母さん。

風の強い沿岸、秋田市。

今回は個人的な任務で行ってきました。

Photo Kanban

収録ってやつですよ。収録。ワイルドだろう。
何より手ぶれがワイルドですみません。
家に携帯を忘れて心そわそわ涙そうそうです。
それでも未来へ、風は吹いている。

そんなこんなで番組名は

☆あきたふるさと手作りCM大賞 2012☆



今年もついにこの季節がやってまいりました。
秋田の冬の風物詩、AABのCM大賞。

もしかしたら毎年ご覧になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

「CM大賞?なにそれ??」ってあなた。

お試しでも録画でもなんでも構わないので今年はぜひともご覧くださいよ!

チャンネルは5ch。
AAB 秋田朝日放送
12月8日(土) 14:00~15:30 ですからね☆
Dsc_2445

本当はこのままのノリで、収録の裏側をお伝えしたかったのですが、
いかんせん口止めをされておりまして。

うまいもんです、AABさん。

収録の際に抽選会があるんですけど、

Photo_3

当たりました☆

ミーチューのぬいぐるみストラップ o(*^▽^*)oやったぁー♪

が、しかし!

ぬか喜びもつかの間。
レポートを書こうとするたびにミーチューが…
Photo_6
見てる。



1354672968965待っていたよ、おゆきくん。
見てる。



Photo_14君にあえて、うれしかったよ。
見てる。

思わぬ伏兵でした。
長坂の戦いの張飛を思い出しました。

完敗です。

そんなわけで。

今回は抜き足差し足で、CM大賞とはなんぞや?という疑問にお答えしていきたいと思います。



「CM大賞ってなぁに?」

「どういうことをするの??」

単刀直入にいえば、
各市町村単位で作った、ご当地なCMのコンテストです。

文章だけではイメージがわきにくいと思いますので、
昨年の画像を持ってきました。やる気まんまんです。

モデルは東成瀬村のみなさん。よろしくお願いします!


次回はあなたもディレクター! かんたん!
≪CM大賞 審査会の流れ ※画像は昨年放送されたものからの抜粋です。

①まちのCMをつくります。 みんなで愛情つまった作品をつくりましょう。Photo_15 Photo_16
 放送ではメイキングもしっかり流れますよ♪



②審査会に持って行きます。
 仲間をたくさん集めて、応援席をにぎやかにしましょう。Dsc_0337 Photo_20 Photo_38 Dsc_2560_2


③CMをお披露目します。
 ステージパフォーマンスで審査員のハートをつかみましょう。Photo_25 Photo_26

「サタナビ!」の後藤アナやバリトンさんとお話できちゃったりもします。Photo_18 Photo_35


④他の市町村の作品も見られます。 見ればあなたも秋田博士。Photo_29 Photo_2


⑤ドキドキ☆審査結果発表です。 あとは作品を信じましょう。Photo_27

受賞ランクに応じてテレビでオンエアされる回数もぐんと増えます。

(参加賞はもらえるので、最低でも年間20本は放送されます。)

ちなみに最優秀賞を受賞すると、
秋田にとどまらず、東北で年間365本放送されちゃいますからね!

そして!
今年のCM大賞はちょっと特別。

第10回×AAB開局20周年×初の全市町村参加というわけで!!!

特別審査員にはまさかのVIPが…

Miteru

あぶないあぶない。

われらが湯沢雄勝地域から参戦の
湯沢市羽後町東成瀬村健闘はいかに!!!!!


すべての結果は
AAB 秋田朝日放送
12月8日(土) 14:00~15:30 ON AIR★☆★☆

おたのしみに!!!*゚・*.。:*・゜ヽ(≧∀≦)/゚・*:。:*・゜゚・*

1353809685195_2



*おゆき*

より以前の記事一覧