2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お菓子のてるい 沢山の美味しいお菓子が選べます! | トップページ | お酒に迷ったら小川屋へ! »

2014年11月28日 (金)

ブログ「こ・ま・ち」的:平成版/雄勝の伝承と民話「経塚の古タヌキ」と日蓮上人の石像

みなさんこんにちはsun

            

ニュースの天気予報では、来週、雪マークが点灯している

湯沢雄勝地域ですが、今日は良いお天気となっていますsun

Dsc03551

さて今回は、「ブログ「こ・ま・ち」的:平成版/雄勝の伝承と民話」pen

第8回目のお話は、春から幾度か探して歩き、

等々見つけることができなかった・・・二百貫

”750キロ”以上ある巨体の石像!!!

「経塚の古たぬき(狸)」と日蓮上人の石像

のお話ですconfident

Dsc01012_2

(2014年4月/翔北高校前の桜camera

湯沢市の神明社の東方・・・湯沢北高等学校(現・翔北)の裏手に

経塚と称する小高い丘がある。

昔は「たぬき森」と呼ばれ、

日中でも薄暗いところだったという・・・。

Dsc03553

その丘に、一匹の古たぬきが住んでいて、

あやしげなことをして人々を悩ますので、

退治しようとするが、神通自在で、なかなか容易な技では、

退治することが出来なかったらしい・・・。

               

そこで日善寺何代かの名僧が、経文を石に刻んで、

その丘に埋め、古たぬき退散の祈祷を行い、

ついにこれを降伏せしめた。と伝えられている。

Dsc01015

(2014年4月/春の神明社camera

その後、ここにお堂を建てて「日蓮上人と七面天女」という

石像を安置して祭っているが、 ※発見できませんでした。

この二百貫以上もある日蓮上人の石像は、

湯沢城主佐竹南家でかかえていた豪力士”三左衛門”が、

一人でこの丘まで背負い上げたいう、いわくつきの石像で、

石灯籠に正徳年間の文字が刻まれているところから推して、

250年以上も前の話である・・・。

            

またこの経塚は、昔、佐竹南家の矢場として

用いられたとも言われている・・・!

Scn_0012_2

”雄勝の伝説と民話に掲載されている小さい写真camera

日蓮上人の石像を(高印rvcar)が筆ペンで模写しましたpencil

絵心があまりなく本当にすみません&自分で書いて笑えます(笑)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>            

ここからが(高印rvcar)の取材記録なのですが、

このたぬき森と言われる近辺の建設会社や写真屋さん。

神明社の方。その他、春から幾度か聞き込みをしたのですが、

この巨体!日蓮上人の石像を発見することができませんでした・・・。

          

図書館に置いてある「雄勝の伝説と民話」には、

小さく、日蓮上人の石像の写真が掲載されているのですが、

この写真は、昭和30年代撮影と思われ、

この当時には確実に安置してあったことが伺えます。

あるいは、今回(高印rvcar)が発見できなかっただけで、

湯沢市内の方には、

安置してある場所を知っている方も居るかも知れませんflag

            

是非、知っている方の情報お待ちしておりますsearch

(高印rvcar

« お菓子のてるい 沢山の美味しいお菓子が選べます! | トップページ | お酒に迷ったら小川屋へ! »

歴史・建物」カテゴリの記事

平成版/雄勝の伝承と民話」カテゴリの記事

(地域)湯沢市内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/58115529

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ「こ・ま・ち」的:平成版/雄勝の伝承と民話「経塚の古タヌキ」と日蓮上人の石像:

« お菓子のてるい 沢山の美味しいお菓子が選べます! | トップページ | お酒に迷ったら小川屋へ! »