2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 韓国家庭料理「漢江」移転オープン!美味しい冷麺&本場焼肉を食べよう! | トップページ | 2014「湯沢雄勝広域観光キャンペーン」/仙台市 勾当台公園市民広場で開催 »

2014年6月12日 (木)

ブログ「こ・ま・ち」的:平成版/雄勝の伝承と民話 「むっくり地蔵尊」

みなさんこんにちはsun

                           

2014年5月29日(木)に(高印rvcar)が、湯沢駅前からタイムスリップ!

湯沢雄勝観光ブログ「こ・ま・ち」は新企画を準備中です←情報をクリックsearch

第1回目「東京の下り菓子」←ブログ「こ・ま・ち」的/クリックsearch

2014年5月29日木曜日「AM11:23」/JR湯沢駅前から

少し昔にタイムスリップした(高印rvcar)は、

クルクルとタイムスリップした先の、その当時の湯沢雄勝地域の様子を、

21世紀の現代に使う言葉を駆使し、当ブログで少しづつ紹介したいと思っていますdoor

                        

今回、、少し昔を見聞きしてきた(高印rvcar)の

「ブログ「こ・ま・ち」的:平成版/雄勝の伝承と民話」

第2回目のお話は、(高印rvcar)的に、原文と現代の言葉を交ぜ伝えるブログpencil

Dsc01883

湯沢市柳町にある小路の先・・・confident

俗称「戸平小路」にあるお地蔵さんに伝わる伝承と民話。

「一夜地蔵尊/むっくり地蔵尊のお話」です。

Dsc01881

湯沢市前森町郵便局近辺flag

戸平小路までのマップ←クリックmotorsports

Dsc01880 Dsc01944

湯沢市柳町、俗称「戸平小路」に石の地蔵様が祀られている。

この地蔵様は、「一夜地蔵尊」または「むつくり地蔵尊」ともいわれている。

                      

昔、平鹿のある村の信者は、

関口の石屋(寺沢から続く石屋界隈)さんに頼んで、

石の地蔵さんを作らせた。

                        

ある雪が降り積もる冬の日、橇(そり)に積んで運搬の途中、

柳町まで来ると、地蔵さんは音を立てて橇(そり)から転がり落ちた。

信者は、転がり落ちた地蔵さんを、元の橇(そり)に戻そうとしたが、

雪が深くて思うように出来ず、それに薄暗くなり始めたので、

地蔵さんをそのままにして、

一旦、平鹿にある村の家に歩いて帰りました・・・。

(イメージ:2014年1月の湯沢市内国道13号線歩道の様子snow

P1230552

翌朝、信者が来てみると、地蔵さんは雪の中に、

”むつくり立つていた。”

信者は、不思議に思って近所の人々(柳町近辺の人々)に、

聞いてみたが、誰も起こしてくれた人がいないという話だった。

                

薄気味悪くなった願主は、

俺の信心が足らないから地蔵さんが、我が村(平鹿の何処かの村)に、

行くのを好まないのだと諦めて、そのまま帰ってしまった(放置confident

Dsc01874

ところで誰言うとなく、「一夜地蔵尊」または「むつくり地蔵尊」と呼び、

いつまでも道路中に、

放って置く訳にもいかないので

町の人々がお金を出し合って、

今の場所(現在の場所)に、お堂を建てて

祭ったものだと言い伝えられているconfident

Dsc01875

この「むっくり地蔵さん」は、湯沢市柳町一帯を焼いた

大火に二度もあっているが、

二度とも地蔵堂の近くは、難を免れている為、

町の人々は、

「火防地蔵さん」とも名付けて、

信心しているという話も残っているそうです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

とっぴんクルクルと少し昔のぷ~smile

Dsc01879

早速、(高印rvcar)も、もにょもにょしながら背筋を伸ばし手を合わせる。

そして、由緒ある、このような感じのしっかりした場所では、

全てを見透かされているので、無心のつもりで手を合わせる(高印rvcar)w

                   

期待したい?期待してはいけない?

人間とは気難しい生き物である・・・ではでは(高印rvcar)でした~bicycle

« 韓国家庭料理「漢江」移転オープン!美味しい冷麺&本場焼肉を食べよう! | トップページ | 2014「湯沢雄勝広域観光キャンペーン」/仙台市 勾当台公園市民広場で開催 »

歴史・建物」カテゴリの記事

平成版/雄勝の伝承と民話」カテゴリの記事

(地域)全域」カテゴリの記事

(地域)湯沢市内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/56475679

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ「こ・ま・ち」的:平成版/雄勝の伝承と民話 「むっくり地蔵尊」:

« 韓国家庭料理「漢江」移転オープン!美味しい冷麺&本場焼肉を食べよう! | トップページ | 2014「湯沢雄勝広域観光キャンペーン」/仙台市 勾当台公園市民広場で開催 »