2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「 秋田木工株式会社 」を見学してきました!! 湯沢雄勝・紅葉の旅 「糸工草世木」 ~ 木の巻 後編 ~ | トップページ | 降雪状況(H25.11.13 秋の宮、泥湯、小安峡)本日の画像 »

2013年11月12日 (火)

ゆざわジオパークをゆっくり探してみた/№7(愛宕鉱泉・初雪)

みなさんこんにちはsnow

                                     

11月11日、秋田県湯沢雄勝地域に、天気予報の予想通り初雪が降りました。

秋田地方気象台によると、昨年より7日、平年より2日早かったそうです。

そして、今日12日の職場近くの公園は紅葉を残す木々に雪が積もっています。

国道の道路状況は、約15センチくらいの積雪で、

午前11時頃の外の様子は、ぼた雪が降り続いています。

山々の紅葉を残しながら、冬本番の季節に入った湯沢雄勝地域となっていますsnow

Img_1916

職場近くの公園は、遊具も冬支度をして子供達の雪遊び場になりますshine

Img_1919

雪囲いをした木々に雪が積もっていますsnow

Img_1920 Img_1921

平地は、紅葉した木々に雪化粧となっています。いよいよ冬本番となりましたsnow

Img_1867

さて、いきなりの冬景色となった湯沢雄勝地域ですが、

「ゆざわジオパークをゆっくり探してみた/№6(愛宕神社・愛宕鉱泉)」

の、愛宕鉱泉だけは、前回に続き紹介したいと思います。

で、今頃は、愛宕鉱泉里山の森は一面の雪で覆われていると思いますが

お付き合いくださいhappy01

Img_1868

愛宕公園から、200メートルくらい山道を上った場所の道路沿いにあります。

愛宕鉱泉までのマップmotorsports←クリックで確認

Img_1869 Img_1870

「湯沢ジオパーク地域資源 愛宕鉱泉」の看板が設置してありますflag

この愛宕鉱泉の場所に着いて初めて知ってのですが、

「この鉱泉水は、そのまま飲むのには適してません。」との表示がありました。

飲むことができると思っていた(高印rvcar)は、少しだけ鉱泉水を舐めてみました。

(真似しないでね)

初めて口にする味で、少し苦い不思議な味がして、湧き水とはまた違う感じです。

で、鉱泉水を舐めたその5分後、急にトイレに行きたくなり、

表示してある内容に、妙に納得してしまいました(笑)

Img_1872

ジオサイト案内書の説明によると、

「愛宕鉱泉の周辺地質は、泥岩とぎょう灰岩で、これをおおって火山岩溶岩が

分布しています。愛宕鉱泉は、硬い泥岩の割れ目から湧き出る鉱泉で、

硫黄の匂いがする珍しい水です。水質はpH9.8のアルカリ性で、

炭酸水素イオンを多く含みます」と、書いています。

昭和初期に岩の裂け目から湧き出している鉱泉が発見され、

ドラム缶で風呂を作り、地域の方々が利用していたそうで、

世界的に珍しい強アルカリ炭酸泉と説明は続きます。

愛宕鉱泉&ゆざわジオパークについて詳しく知りたい方は、是非、公式ウェブサイト

「大地が創り育てた 美の郷 ゆざわジオパーク」

を、読んでみてください。↑クリックして見ることができます。

                                    

そして、この愛宕鉱泉の存在を確認した後に、湯沢市内の内町方面へ向かいました。

Img_1896_2 Img_1898

湯沢高校付近からスタートbicycle←クリックで確認

道案内を辿り、湯沢市役所方面へ歩きましたhappy01

武家屋敷の面影が残る、静かな住宅街が続く散歩道です。

道路脇に保存樹のヒヨクヒバの案内塔がありました。

Img_1897_2

(ヒヨクヒバ:属 サワラの園芸品種 枝葉がひも状にとなり

枝垂れる 葉の先端は尖るそうです)

Img_1902

道を振り返ると、一番高い木で目立ちますxmas

Img_1899 Img_1900

途中、湯沢城正門の案内塔などもありましたflag

Img_1905

この道も今日は、沢山の雪で覆われてと思いますsnow

「二日前までは、一面、オレンジ色の散歩道だったんですけどね~maple

Img_1908 Img_1907

ゆっくり散策をして歩いていきますbicycle

Img_1911

歩くこと30分。もう一つの一里塚に到着しましたmaple

Img_1910_2

「湯の原の一里塚」は、国道398号と旧小安街道の交差点にある一里塚ですxmas

樹齢400年のケヤキの大木で、昭和38年に湯沢市文化財に指定されています。

湯沢市湯ノ原 湯の原の一里塚までのマップmotorsports←クリックで確認

                                   

「このケヤキも、その昔、旅人の通過場所として、往来する沢山の人々を

ずっと眺めてきたんだろうな~。現在も道路の三叉路の真ん中でデンと構えてるしw」

このケヤキも実際に見ると、幹の太さに威厳を感じる堂々たる風格です。

                                

これからも、一里塚のケヤキの木が、未来に残ることを望む(高印rvcar

                                  

そして今回、このような感じで歩いた愛宕鉱泉&散歩道、

是非、みなさんも来年の春に、好きな場所から歩いてみませんか?

                                  

さて、足早に紹介してきた今回のブログですが、

雪が降るこの季節は、「愛宕鉱泉」には行けませんので宜しくお願いします。

「愛宕町の一里塚と湯の原の一里塚」は、通年、見ることができますsun

Img_1918

少し季節がずれた記事になりましたが、お付き合い、本当にありがとうございましたhappy02

                                    

ではでは(高印rvcar)でした~bicycle

« 「 秋田木工株式会社 」を見学してきました!! 湯沢雄勝・紅葉の旅 「糸工草世木」 ~ 木の巻 後編 ~ | トップページ | 降雪状況(H25.11.13 秋の宮、泥湯、小安峡)本日の画像 »

体験もの」カテゴリの記事

風景・自然」カテゴリの記事

(地域)湯沢市内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/53909613

この記事へのトラックバック一覧です: ゆざわジオパークをゆっくり探してみた/№7(愛宕鉱泉・初雪):

« 「 秋田木工株式会社 」を見学してきました!! 湯沢雄勝・紅葉の旅 「糸工草世木」 ~ 木の巻 後編 ~ | トップページ | 降雪状況(H25.11.13 秋の宮、泥湯、小安峡)本日の画像 »