2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今が旬ですよ~♪湯沢市のさくらんぼ♪食べたいなら!すぐおいでヽ(*≧ε≦*)φ | トップページ | ようこそ湯沢雄勝へ!国道の旅♪③ ~398号線 part1-5~ »

2013年7月 4日 (木)

湯沢雄勝の湧き水/清水~しずの里を訪ねて・№11「伊勢鉢清水(羽後町)」

みなさんこんにちはrain

やっと梅雨の一雨が降った湯沢雄勝地域ですrain

この時期、出荷の最盛期を迎えているサクランボやイチゴ、

これからの時期は夏野菜。

個人的には、ナスが美味しい季節になって嬉しいです(笑)

ホクホクの焼き茄子で晩酌なんて、最高ですねbeer

                                               

さて、湧き水探訪11ヶ所目になりましたrvcar

今回は、湯沢市から国道398号<羽後<田代<仙道方面へ、

国道57号線の途中の集落、

堀回の田園の一角にあります

「伊勢鉢清水」flag

伊勢鉢清水へのルートmotorsports

今回は、大体の地図になります。

Photo_7

右に白い、うご町郷土カルタの支柱が立っていますfoot

うご町郷土カルタについての情報search

008_2

水神様の石碑が祀られてますsmile

007 

綺麗な湧き水が流れ落ちていますaquarius

                                                

名水・伊勢鉢清水について、少し調べると、「別名:「お清水さん」とも呼ばれ、

地域の人々の信仰の対象になっていたと、説明があります。

また、「自宅の水1升より、伊勢鉢の水1升のほうが、3匁軽いといい」

と言って水薬には、全て、この水を使った医師がいたという言い伝えが残るそうです。

その他、中世の羽後町において西馬音内(にしもない)を治めた小野寺一族が、

茶をたてる際に、使用したと伝えられる」と書いてあります。

Photo

古来より・・・から始まる・・・説明が書かれていますthink

訪れた三人とも、他の湧き水の場所とは違ったおもむきを感じました・・・。

                                              

そして「spring water事件(湧き水事件)第七話」

この言い伝えを、三人の刑事で推測し、読み解いてみると、最初の

「地域の人々の信仰の対象になっていた」は、そのままで良いと判断。

次の言い伝え・・・。

                                              

「自宅の水1升より、伊勢鉢の水1升のほうが、3匁軽いといい」と、

(一升(しょう)=1.8039リットル)

(一匁(もんめ)=3.75グラム)

「水薬には、全て、この伊勢鉢清水を使った医師がいた」

(水薬(みずぐすり・すいやく):医薬品を水に溶かした製したもの。薬物を水に溶かした薬剤)

                                              

うっかり刑事(高印rvcar

「この湧き水と水薬の話を合わせると、勝手な推測になってしまいますが、

「三匁(11.25グラム)軽い」の意味は、

その医師がいた時代、伊勢鉢清水の湧き水を使うと、水を使った薬の調合が

上手くいったのではないか?あるいは、薬が溶けやすかったのではないか?

と、勝手に推測してしまうっす・・・。」

                                             

キタ刑事(情報ハンター№55氏)

「今まで、湯沢雄勝地域の湧き水を沢山呑んだが、単純に、水が軽い重い、

口当たりが軽い重いと感じるで、とらえたほうが良いと思うっす。?ここの湧き水は、

スッと入るし、美味しいっすべ~happy02

                                                

うっかり刑事(高印rvcar

「確かに、同じアルコール度数のビールや日本酒でも、みなさん、軽いとか、重いとかと、

表現するっすよね~。え~?ところで、小野寺一族って?」

                                                

弥次刑事(爽やか№14氏)

「それは・・・その話を・・・ところで、ここの湧き水は抜群に美味しいな~(笑)」

小野寺氏のお話は、また次の機会に書きたいと思います。

そして「spring water事件(湧き水事件)」は中盤を過ぎました。

もう少しお付き合いをお願いしますsoon

Photo_5

今回も、湧き水(伊勢鉢清水)をガブガブと三杯も飲んでしまう(高印rvcar

「う~ん、爽やかテイスティー、のうまうまうまいっす!smile

                                                

今回飲んだ伊勢鉢清水は、爽やか№14氏のお薦めの湧き水ですsmile

長年、地元の方に飲まれている湧き水だけあって、大変、飲みやすい水です。

湧き水周辺も、程良く管理・清掃されているようですdelicious

伊勢鉢清水は、細い農道の途中にあるので、自動車の運転には気をつけてくださいrvcar

Photo_6

古来からの歴史に想像を馳せてみる。どんな人が、この場所を訪れたのだろうconfident

                                                

明日は、情報ハンター№55氏のブログ記事pen

ようこそ湯沢雄勝へ!国道の旅♪③~398号線search

ですよ~。さて今回は、どんな情報が詰まっているかな~(笑)

                                                

(高印rvcar

« 今が旬ですよ~♪湯沢市のさくらんぼ♪食べたいなら!すぐおいでヽ(*≧ε≦*)φ | トップページ | ようこそ湯沢雄勝へ!国道の旅♪③ ~398号線 part1-5~ »

体験もの」カテゴリの記事

歴史・建物」カテゴリの記事

風景・自然」カテゴリの記事

湯沢雄勝/湧き水探訪」カテゴリの記事

(地域)羽後町内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/52289188

この記事へのトラックバック一覧です: 湯沢雄勝の湧き水/清水~しずの里を訪ねて・№11「伊勢鉢清水(羽後町)」:

« 今が旬ですよ~♪湯沢市のさくらんぼ♪食べたいなら!すぐおいでヽ(*≧ε≦*)φ | トップページ | ようこそ湯沢雄勝へ!国道の旅♪③ ~398号線 part1-5~ »