2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 観光PRポスター完成! | トップページ | 秋ノ宮探訪(前編) »

2013年3月27日 (水)

湯沢、酒粕、中華で一家団欒。




前回紹介しました

Photo_3

酒粕パンフレットに記載されている

Photo_4

酒粕商品。

なにか食べてみよう!という話になり、

せっかくなので、

Img_2567_2

以前ブログで紹介した「やな田」さんに

お菓子を買いに行きました。

Img_1236_2

こちらが酒粕を使ったお菓子。

酒粕蒸しカステラ。

酒粕入酒田舎まんじゅう。

酒粕入くるみ入がんづき。


どれも酒臭さはなく、

口のなかにほのかに酒粕の香りが広がり

上品な甘みさちょうどいい

おいしいお菓子でした。

その他にも、

Img_7978_3

いちご大福や、抹茶大福など

色んな種類のお菓子を購入し、

すばらしいティータイムを過ごしました。

皆さんも酒粕商品を是非食べてみてください。

さあさあさあ、

甘いものを食べたら次はアレだろう。と、

甘いものを食べたならば、次はアレが欲しくなるのが

自然の摂理でしょう。と、

Photo_37

いってきました!

今回お伺いしたのは中華料理屋「一家」さん!

こちらのお店は国道13号線沿い、

湯沢南中学校の近くにあるお店で、

割と最近できたお店らしいです。

でかでかと書かれた

( ゚д゚)「飲み放題!」

( ゚д゚)「食べ放題!」

がとっても魅力的で誘惑的で、

ずるいですね。

駐車場は満車で、

ちょうど良いタイミングで出て行った車の空きスペースに

滑り込みピットイン。

店内に入ると

Photo_38

素敵なボードが。

コーヒーサービスはとても良いサービスですね。

ポイントアップです。

素晴らしい。うれしい。ありがとう。

店内は家族連れのお客や

仕事のお昼休みっぽいお客で大賑わい。

広めの座敷のテーブル席が4席と、

普通のテーブル席が5席ほど、

広々とした空間でした。

メニューはコチラ

Photo_40 Photo_41 Photo_42

Photo_44 Photo_45 Photo_46

Photo_47 Photo_48

( ゚д゚)「多いよ!!」

メニューが多いですよ!

お昼休みの時間は限られていますからね!

早々に決めないといけないんですよ!

あまり悩んでる暇はないんですよ!

Photo_49

( ゚д゚)「コレだっ!」

意外と決まるのが早かったです。

こちらの飯と麺のセットメニュー。

4人で食べに来たので、

それぞれ違う飯物を頼み、みんなでシェアをして食べよう。

という結果になりました。

僕が頼んだのが

Photo_50

豚骨ラーメン+中華飯

さらに、

Photo_52

台湾ラーメン+炒飯

Photo_53

醤油ラーメン+天津飯

Photo_54

台湾ラーメン+回鍋飯

これだけの品数がくると、テーブルは

 
Photo_55

こんな状態に。

各テーブルに小皿が置かれてあるのが

うれしかったです。

中華飯は具沢山の餡がたっぷりとかけられており、

さっぱりとしたお酢と、あっさり目の味付けで

飽きることなくさらさらっと食べれました。

餡の具が野菜多めだったのもGoodでした。

天津飯はとろっとろのふわっふわの卵に

甘めの餡がすごくマッチしていて、

やさしい味わいでした。

回鍋飯は味噌の味付けがガツンと効いていて、

ご飯との相性がバッチリ。

お肉と野菜のバランスもとてもよく、

一番ガッツリとした飯物でした。

炒飯美味しかったです。

僕は一番好きでした。

すごく美味しかったです。

パラパラのお米、お米にコーティングされた卵

たくさんの具に、濃い目の味付け。

the王道の炒飯。だが、そこがいい。

家庭ではなかなか作れない炒飯です。

こーゆうお店の炒飯、大好きです。

住所 秋田県湯沢市南台7-1

TEL 0183-73-8332

営業時間 11:30~14:30

       17:30~0:00(要確認)

味にも、値段にも、バリエーションにも、量にも

大大大満足でした。

近場にこうゆうお店ができることは

とてもうれしいです。

今度は色んな種類の一品料理を頼んで、

皆でシェアをして楽しみたいですね。

中華料理「一家」さん、ご馳走様でした。

すけ。

« 観光PRポスター完成! | トップページ | 秋ノ宮探訪(前編) »

特産品」カテゴリの記事

飲食店」カテゴリの記事

(地域)湯沢市内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/50978855

この記事へのトラックバック一覧です: 湯沢、酒粕、中華で一家団欒。:

« 観光PRポスター完成! | トップページ | 秋ノ宮探訪(前編) »