2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 観覧車、犬っこまつり、当日。 | トップページ | 土曜日、ゲレンデが溶けるくらいアヒル風呂。 »

2013年2月13日 (水)

どんと恋、ニュースタイル♪西馬音内のラグドール。

たのしかった、犬っこまつり。

Dsc_2880

泉栄堂さんのクレープ…(*´Д`*)


こんにちは、おゆきです。

我々が犬っこの雪上よさこい演舞で滑って転んではしゃいでいる間に、

いとこがバレンタインデーに入籍しようとしているようです。


バレンタイン、ねぇ。

いいわねぇ。

よって、今日はホワイトデーのお話をしようと思います。


ええ。

本当に悩ましいのはバレンタインより、

バレンタインのお返しなんじゃないかと思うんですよ。


“何がいいのかわからないよー!”
“リーズナブルに済ませたいよー!”
“もらってないけど、あのコに喜んでもらいたいよー!”

などなど、七色の悲鳴が聞こえてきそうですが、

こちらのお店なら、どんなお悩みもどんと恋♡


さあさあ、迷える男性諸君。

単刀直入に言いましょう。

このお店、知ってるとモテますよ。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。


そのお店は…

Photo_2

着きました。

以前すけ。さんと訪れた三浦運送さんのすぐそば。

西馬音内の老舗菓子屋・みなとや(湊屋)さんと一体になっています。

Photo_4

4年ほど前にできたまだまだ新しいお店ですが、

各情報誌や「サタナビっ!」「あきたびじょん+」など、

マスコミの露出も増えてきています。

Photo_5 Photo_6

禁断の甘い扉を開きます。

その世界はさながら

絵本の中にでてくるお菓子屋さん♪

Photo_2

【RAG DOLL】(名) ラグドール。ぬいぐるみ。

ええ。

それこそがこちらの店名。

“ぬいぐるみのように、

子どもからお年寄りまで、みんなに愛されるあたたかいお店に

という店主さんの願いが込められています。

Photo_17 1

2_2

ご覧いただいておりますように、

季節・イベントごとの企画商品のほか、雑貨も盛りだくさん☆

下の写真のお菓子は、なんと!おみくじ付きです。


お菓子×雑貨という、ありそうでなかったビックロ的新感覚スタイル。

思わず自分にプレゼントを買ってしまいそうです。

Photo_5
 Photo_8

Photo_9 Photo_15

(((*゚д゚*)))

ちょっとくらいいいよね♪

耐えきれず、買っていくことにしました。

Photo_16

みんなだいすき☆モンブラン☆

ほどよい甘さで、ケーキにうるさいうちの母も激推しの逸品です。


甘いもんハンターとして思います。

“ラグドールさんのお菓子は、なじみやすい。

小さなお子さまでも安心してほおばれるような、そんなやさしさにあふれています。

みんなのおかしやさん、ラグドール。

お菓子好きに壁をつくらないその味が、続々とファンを増やし続けています。

4_2

ここまで来ると、じわじわと気になってきますよね。

“店主さんはいったいどんな人なんだろう。”

写真の左から2番目の女性。

彼女こそがラグドール店主・湊 彩子(みなと あやこ)さんです。


余談ですが、うちの近所の盆踊り笛のエース、だいまるさんと同い年だそうです。

私はぜったい信じません。

2_3

そんなとてもかわいらしい湊さんは、

夢を忘れない少女のようなお方。

初対面の私に対しても、気さくに、目をきらきらさせながら、

次々にお話の花を咲かせてくださりました。


足ふみミシンを粗大ゴミからゲットしたお話。

そしたら“うちにもあるよ!”と、別の人がまたミシンをくれたお話。

東京での修業のお話。

厳しくもつらい日々の中、支えてくれた人たちのお話…。


わかる気がします。

思わずみんなが背中を押したくなるような、

そんなあたたかさと、お茶目さを兼ね備えた、やわらかいお人柄を感じます。


しかし、それとコントラストをなすかのような芯の強さも感じます。

老舗・みなとやの後継ぎとして、

若くしてすでに意志を固められていた湊さん。

湊さんが選んだのは和菓子の道ではなく、洋菓子の道を貫くことでした。

Photo_3

そういえばと思ったことがひとつ。

みなとやさんとラグドールさんには、間仕切りがありません。

なのに、和洋の住み分けがしっかりなされています。


その空間には、

ご両親が築いてきたみなとやさんのスタイルを尊重する湊さんのお心と、

娘さんが選んだ新たなスタイルを受け入れ、背中を押した親御さんのお心が、

そのまま映し出されているような気がしました。

Photo_2

壁をつくらないこと。そのひとの個性を認めること。

自分のスタイルを貫くこと。

その生き様が、多くの人を惹き付けます。

枠にとらわれないおおらかな心が、お客様だけのスタイルをつくりだします。


たとえば和菓子に縁のなかった若者が、

みなとやさんに寄ってみたり。

みなとやさんに来たおばあちゃんが、

お孫さんのためにラグドールさんでケーキを買って行ったり。

プレゼント選びが苦手だったあなたが、人に与える喜びを知ったり。

壁をつくらなかったおかげで広がった可能性が、そこにはあると思います。

Photo 3

誰が来てもやさしく迎えてくれる、あなたのスタイルを受け入れてくれる、

そんなあたたかいラグドールさんの世界観。

あなたのスタイルも、広がること間違いなしです。

実はだいまるさんのほかにも、いかつい常連ジャーがいたりします。

ええ、みんな男性です。


それでも照れくさくなったら、お店の名前を思い出してください。

恐れることはなにもありません。

だれにでも愛されるようなお店に♡

それがラグドールさんのニュースタイル。

*****************

【みなとや・ラグドール

〒012-1131
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野65-1
MAPはこちら♡

TEL 0183-62-0648
営業時間 8:30~19:00
定休日  第1・第3日曜日(イベント・行事に重なった日は開いているかも…?)

*****************

暦の上では春となりましたが、

恋するあなたにも、春が訪れますように

私からのささやかなバレンタインです。

がんばるあなたに、幸あれ☆

ラグドールさん、みなとやさん、ありがとうございました♡ヽ(*’◇’*)/


*おゆき*

« 観覧車、犬っこまつり、当日。 | トップページ | 土曜日、ゲレンデが溶けるくらいアヒル風呂。 »

飲食店」カテゴリの記事

(地域) 西馬音内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/49359066

この記事へのトラックバック一覧です: どんと恋、ニュースタイル♪西馬音内のラグドール。:

« 観覧車、犬っこまつり、当日。 | トップページ | 土曜日、ゲレンデが溶けるくらいアヒル風呂。 »