2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 愛情の生産、明通りチーズ工房。 | トップページ | 雪の気配、隠し味、新店ぽっぽや。 »

2012年11月15日 (木)

甘い出会い、甘い聖夜、甘いもの、羽後町。

 

 

薄力粉と強力粉とバターを混ぜてひと塊りにします。

ラップで包んで冷蔵庫にドン!

その間に、

鍋に一口サイズのリンゴを大量に入れて、

レモンの汁、マーマレード、砂糖をドンっ!

ぐっわぁぁと混ぜて時間がたてば、

Img_0490

ぐでっ!

 

冷蔵庫で寝かせていた塊を、

粉をふった机の上で、

伸ばして畳んで伸ばして畳んでを繰り返して、

Img_0372

ばんっ!

 

レンジで作った手抜きのカスタードクリーム

Img_1994

これを塗って、リンゴを

 

Img_6871

どんっ!

 

パイ生地をお札のようにカットして、、

編み込む!

Img_4619

編み込むっ!

 

焼いて

Img_4953

どんっ!

 
 

the雑な調理でしたが、

パイ生地もうまく層になって膨らみました。

下の焼き加減が不安だったので、フライパンで後焼きしたのは秘密です。

 

お菓子を作るのは好きですが、

自分は一切食べません。

甘いものが苦手です。

作ってる最中のバターの香りとかで

お腹いっぱいです。

 

ですけど、月日は着々とあの日に向かって過ぎていきます。

そう、

( ゚д゚)クリスマス!

ジングルベール、ジングルベール、

鈴が鳴ります。

 

( ゚д゚)もしっ!

 
もし、クリスマスまでに彼女ができちゃったりなんかして、

聖夜にデートなんかしちゃって、

女の子は甘いものが好きですからね、

ヽ(´▽`)/「ケーキが食べた~い。」

なんてことに

( ゚д゚)もしっ!

なった時に、

( ゚д゚)「俺、甘いの苦手なんだよねー」

なんて空気の読めない発言は

( ゚д゚)Not,Merry Merry Chrisymas!

 

さらに、地元でおいしいケーキのお店一つも知らないなんて

( ゚д゚)男子力なさすぎ!

なんてことになりかねません。

だから、

 

 

 

-おいしい甘いもの、探しにいきませんか?-

 

 

Img_7709

いってきました。

今回お伺いしたのは、羽後町にあります

「木村屋」さん。

木村屋さんは、明治時代からお店を構える銘菓の老舗で、

西馬音内名物「そば饅頭」をはじめ、

和菓子からケーキまで多彩なお菓子を扱っているお店です。

今となっては羽後町の名物、

Img_7713_3

萌え絵のお菓子も置いてありました。

 

Img_7712_2 Img_7711

いろんなケーキが並ぶ中、

木村屋さんを支持する方はこう言います。

「シュークリームだよ。シュークリーム。」

シュークリームがとにかくおいしいらしいです。

と、いうことで

(´▽`)「私、シュークリーム。」

甘いもの大好き、甘いもののことだったったら誰よりも頼りになる

おゆきさんが

Img_8057_2

シュークリームを。

Img_8220_2

僕はイチゴのタルトを選びました。

なんかタルトっておしゃれじゃないですか?

タルト。いい響きです。

 

Img_0669_2

クリームをこぼしました。

すごい量のカスタードクリームと生クリーム。

バニラの香りが口いっぱいに広がります。

しっかりとした土台のタルト生地。

でも甘さは意外と控え目で、

上に乗っているたくさんの苺のおかげでさっぱりとしたイメージ。

「これ、タルトおいしいですよ。」

 

Img_4985_2

クリームをこぼしてました。

シュークリームにも

「もうこれ以上入らないよ!」

と、シュー生地が泣きごとを言いそうなほどの

たっぷりのカスタードクリーム。

一口食べては溢れ、一口食べては溢れ、

甘いものが大好きなおゆきさんにとっては

うれしい忙しさのようで。

 

Img_4807_2

ごちそうさまでした。

 

いやあ、甘いものもいいですね。

雨も強まってきましたし、帰りましょうか。

なんて言ってると、

せっかくだから寄りたい場所があるらしく、

おゆきさんのナビで羽後町を走ると、

 

Img_7139_2 Img_5758

( ゚д゚)「ハシゴですか?」

 

お伺いしたのは「三浦菓子店」さん。

やきもちと大判焼きのお店で、

地元の人たちから愛されて止まないこちらも老舗。

中でもあんことクリームの両方が入った「ミックス」が大人気らしく、

大判焼きを焼いている奥さんと仲良く話しているあたり

「ああ、おゆきさんも常連なんだな。」と、

「ああ、女性の甘いものは別腹は本当なんだな。」と、

もうすっかり冬の季節になってきた空を見上げました。

 

Img_7371

おまちどうっ!

と渡された大判焼きはあっつあつで、

重量感MAX。

これ中にあんことクリーム以外のものも入ってるんじゃないんですか?

夢とか希望とか鉛とかも入ってませんか?

という程の重さ。

 

割ってみると、

Img_6380

「俺を食べろっ!」

と言わんばかりの自己主張の激しい

あんことクリーム。

割った瞬間に中身がこぼれました。

学習力ゼロ、笑うしかありません。

分厚い生地のなかにたっぷりのあんことクリーム。

生地には甘さがなく、あんことクリームをやさしく包んであげている感じ。

舌が火傷しそうなほど熱い中身が

うまく混ざり合い、うまい。

でも量がすごいです。

おにぎり一つ分くらいはありますよ、これ。

地元に愛されるわけですね。

 

 

菓子舗木村屋

住所 羽後町西馬音内字本町128

TEL 0183-62-0764

 

三浦菓子店

住所 羽後町西馬音内字中野11-1

TEL 0183-62-2737

 

甘いものでお腹いっぱいというのは

初めての経験です。

うん。スタートからとばしてしまいましたね。

でも調べてみると湯沢雄勝周辺には

ケーキを売っているお店がまだまだあるようです。

クリスマスまであと一か月ほど。

おいしいケーキを求めて、

まだまだ挑戦は続きます。

 

甘いものもいいな。と思えるお店に一発目で出会えたのは

すごく幸先の良いスタートだと思います。

皆さんのおススメのお菓子屋さんがありましたら

是非教えて下さい。

 

木村屋さん、三浦菓子店さん、ごちそうさまでした。

 

すけ。

 

 

« 愛情の生産、明通りチーズ工房。 | トップページ | 雪の気配、隠し味、新店ぽっぽや。 »

飲食店」カテゴリの記事

(地域) 西馬音内」カテゴリの記事

(地域)羽後町内」カテゴリの記事

コメント

( ゚д゚)もしっ!のくだり最高でした。
羽後町記事では、完全に劣勢です。
湯沢雄勝観光ブログ「こ・ま・ち」恐るべし!!
そして、我が羽後町のPRありがとうございます!!

JA羽後のしげさん、コメントありがとうございます。
しげさんからのクリスマスプレゼント楽しみにしています。
これからも羽後町含め、湯沢雄勝のPRバンバンやっていきたいと思います!
だからプレゼント楽しみにしています。

甘いの好きじゃんsweat01
それだけ食べれれば、十分ダス( ̄Д ̄;;

僕は甘いのbirthday苦手なので、クリスマスむきの料理restaurantとか紹介して下さい(*´д`*)ハァハァheart02
ではでは、また美味しい記事を期待してますsign03
upぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉーupup
↑大興奮!!(゚ロ゚屮)屮bomb


JIJIさん、コメントありがとうございます。
クリスマス料理ですか。んー、、、
クリスマスツリーのようにもやしを積み上げ、
ホワイトクリスマスのように背油を降らせる。
そんなラーメンいかがですか?
美味しい記事ばんばん更新しますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/47828401

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い出会い、甘い聖夜、甘いもの、羽後町。:

« 愛情の生産、明通りチーズ工房。 | トップページ | 雪の気配、隠し味、新店ぽっぽや。 »