2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 10/10 栗駒山の紅葉 | トップページ | おめでとう!Moe1でグランプリ! »

2012年10月13日 (土)

おまっとさん、新そばまつりですよ♪

郷に入っては郷に従え。

誰のふるさとでも、ローカルルールってものがありますよね。

ローカルルール。

今、ルがこんなに続くことに衝撃を受けましたが
私、おゆきの住んでいる羽後町にもあります。ローカルルール。今風に言うと、「あるある」ってやつですかね。


*勝手に☆羽後町あるある*

・ジャージのことを「オレンジ」と呼ぶ。

同じコンビニが2軒あることをネタにする。

・合コンなどで同じ羽後町出身に興奮しても、中学校が違った瞬間よそよそしくなる。

「まぢのひと」という呼び方が存在する。

・実は西馬音内盆踊りを見に行ったことがない。


オレンジ。
そう、これは羽後中学校のジャージの色のこと。
学校の体育着界の中でも異彩を放つオレンジは例えるなら原宿系。
大会の遠征で迷子になっても大丈夫。ただならぬ存在感を放つ魔法のジャージです。


ちなみに西馬音内に生まれた子供たちは小学校もオレンジなので、末長いおつきあいになります。
応援歌の最後も「奮い立て わがオレンジです。
中学校にあがるとデザインだけ変わります。マイナーチェンジです。

昔は恥ずかしくて恥ずかしくて、
一体誰がデザインしたんだと思っていました。

大人になってから「いいなぁ」と言われるまでは…。

今は踊りの練習やランニングに着て出たりもします。
母の「オレンジ持ったが!?」は今でも出がけの合言葉。

でも、やっぱり気になる。
いったいなぜ、オレンジになったのか。

ご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。

ちなみに、羽後町のキャッチフレーズはと踊りと雪の町です。
Photo_2

≪収穫 新そばまつり≫

2012年10月21日(日) 10:00~14:00
羽後町活性化センター(羽後町役場向かい)

新そばを食べよう!新品種を提供☆
・地元収穫新そば(冷やがけ)チケット販売中(限定1,000枚)
 前売り券 400円
 当日券  500円

先着企画有!(各10名様まで)
・そば粉ご購入の方、その場で手打ち麺に!
・そば早食い大会
・無料そば打ち体験

西馬音内盆踊り特別公演(全3回)
新そばまつり会場   11:10~11:30、13:10~13:30
西馬音内盆踊り会館 14:30~15:00

【お問い合わせ先】

羽後町収穫新そばまつり実行委員会
(羽後町役場農林課内)
0183-62-2111 内線315・316

************

西馬音内はそばどころ。
西馬音内だけで6件もおそば屋さんがあります。三輪にも一軒あります。

「冷やがけ」というつゆが冷たいおそばが主流で、

・年がら年中はっこい(冷たい)そばでないと落ち着かない。

という方も結構いらっしゃるかと思われます。

200901103 200901104
(左:松屋の冷や天、右:小太郎の冷や天と月見そば)

ここまできたら、もう一つ。
羽後町西馬音内究極のローカルルールをお教えしましょう。

それは…


・年越しそばはお取り寄せ。


いいでしょう。

ぜいたくでしょう。

年末になると西馬音内の家々では、
お気に入りのおそば屋さんから年越しそばのセットをお取り寄せします(*’∀’)ノ

この季節になると、大きなペットボトルの取引が近所や職場うちではじまります。
なんてことはない。めんつゆをもらうためのペットボトルです( ´_ゝ`)

ちなみにうちのお取り寄せそばは、

こちら☆

Photo

彦三(ひこさ)さんのおそば!(≧∇≦)

こちらの彦三さんこそが、
この「新そばまつり」を中心となって盛り上げておそば屋さんなんです☆


店主の猪岡さんは、羽後町そば栽培研究会の会長さん。

西馬音内で唯一“一杯のそばを栽培からトータルで手掛ける”こだわりのそば職人さんなんです。

ということは、ですよ。

こっそりお伝えしますと、

西馬音内のおそば屋さんで、
地元のそば粉を100%味わえるのは彦三さんだけなんですよ♪(n’∀’n*)

Photo_13絶品。彦三に来たらかき揚げそば☆

店主の猪岡さん。

会長・そば職人と聞くとどこかかたそうなイメージがあるかもしれませんが、
とっても気さくで人の良いおとうさんなんです♪
作ったおそばをおうちでふるまっているうちに、いつの間にかおそば屋さんになっていたというこぼれ話からも、その人となりが伝わってきますね。

Photo_2彦三=猪岡さんのご自宅。見逃し注意!

猪岡さんをはじめ、そば研究会の方々が最近力を入れているのが、
新品種、その名もの栽培。
従来のそばよりも収量が多く、甘味や香りが強いのが特徴です。

にじゆたかと猪岡さんについてのエピソードはこちらの記事をチェック☆

040210040にじゆたか。名付け親は猪岡さん。

新そばまつり当日には、その「にじゆたか」を製粉した「虹舞粉()」も販売されますよ。

Img_3669アイデアそば料理が光る、彦三セット。

そば通のみなさん。
10月21日は、本場・西馬音内で新そばを食べましょう☆

噛みごたえのあるそばと一緒に、農家の愛を噛みしめることができるはずです(○`・ェ・)ノ

ゆたかな実りに感謝して、西馬音内盆踊り披露されます。

そして、新そばを食べたら東を向いて笑いましょう。

・西馬音内、西はないけど東ならある。
・西馬音内、なんもないとネタにする。

だけど、それは謙遜。

西馬音内にはおいしいおいしい、があるよ!


おゆきでした♪ヽ(’∀’*)

« 10/10 栗駒山の紅葉 | トップページ | おめでとう!Moe1でグランプリ! »

まつり・イベント」カテゴリの記事

特産品」カテゴリの記事

(地域) 西馬音内」カテゴリの記事

(地域)羽後町内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/47373788

この記事へのトラックバック一覧です: おまっとさん、新そばまつりですよ♪:

« 10/10 栗駒山の紅葉 | トップページ | おめでとう!Moe1でグランプリ! »