2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月17日 (金)

【西馬音内旅なび番外編】羽後町 あれこれ

すみません。

あつくなりすぎて、うっかり前日号を前日のうちにあげ損ねてしまいました。( ・д・)

すみません。

最終回と言ったのに、まだお伝えしたいことがありました。


旅なび まさかの番外編。

題して羽後町あれこれ。

前回はまじめになってしまったので、今回はゆるーくざっくりと。

羽後町 西馬音内についてよく聞かれることや、おもしろいもの、うわさの真相などをトリビア的にご紹介してまいります。

そして、伝え忘れた西馬音内盆踊りのあれこれについても…こちらはまじめに、ご紹介していきます。(笑)


≪顔をかくすのって何で?≫

さまざまな説がありますが、

・顔を隠すことで亡者になりかわるため

・殿様に見初められないようにするため

・土地柄的に恥ずかしがりやが多く、顔を隠すことで解放的になれるため

などと言われております。

盆踊りは9:00になると子供が帰されます。(子どもは豆絞りなので、顔は隠していません。)

夜が深まるにつれ大人の踊り手が増えていき、
踊りの輪は顔を隠した踊り手たちのみになっていきます。

この中にご先祖さまが紛れているのでは?と感じさせる異様な雰囲気。
彼岸と此岸(あの世とこの世)がつながるような、不思議な世界観が広がります。



≪囃子やぐらの家紋ってどこの?≫

Photo_7
五つ木瓜(いつつもこう)の紋と呼ばれており、旧西馬音内城主である小野寺氏の家紋といわれております。
(盆踊りの起源説の一つに、小野寺一族が関ヶ原の際に西軍側に味方したことで改易処分となり、遺臣たちが君主を偲んで踊ったこと挙げられています。
一族の生き残りが流されたと言われる島根県津和野にも同じように顔を隠して踊る盆踊りがあるようです気になりますね…。)

歴史マニアのあなたはもうお気づきかもしれませんね。

織田家の家紋と同じものと言われています。ゆかりのほどはよくわかりませんが…。



≪本町通りに電線がない??≫

実は地中化されています。
西馬音内盆踊りの背景となる、昔ながらの町屋の景観を守るためでもあるそうです。
Dsc_1144旧家、黒澤家

Dsc_1145お菓子屋さんも昔ながら。



≪羽後町にもうひとつ盆踊りがあるって本当?≫

はい、本当です。

元城盆踊り(もときぼんおどり)というものです。

元城・元西地区は元西馬音内の略。
先ほど話題に上がった小野寺氏の本拠でもあります。

盆踊り自体も西馬音内のものと似ています。

大きな相違点としては

・音頭・がんけの振りに一番・二番がなく一緒。

・彦三頭巾が少なく、端縫いと鳥追い笠が多い。笠も西馬音内のものと若干違う。

ということが挙げられるようです。

≪羽後町役場って、結構新しいんですね≫

現在の庁舎は昭和63年6月生まれの24歳です。若者です。

渡り廊下もありますよ。

2008_1210_165618aa冬はイルミネーションも。昨年は節電モードでした。



≪西馬音内盆踊りに有名人とか来るって本当?≫

本当です。ドラマのロケ地に選ばれたことも何度かあります。

(ドラマ「週末婚」で菅野美穂さんが踊り手になっていました。)
近年では片岡鶴太郎さん、中尾彬さんなどなど、仕事・プライベート問わず著名な方々が盆踊りを楽しんでいかれています。

昨年では城之内早苗さんが「西馬音内盆唄」をリリースされたり、浅見光彦シリーズのロケが行われたりしました。
Dsc_0150浅見光彦シリーズ「悪魔の種子」のロケ。



≪秋田で話題のバター餅。羽後町でも買えるの?≫

買えます。

以前ブログでご紹介した藤原運送さん(記事はこちら)、そして…

「若返りまんじゅう」でおなじみの…
Photo_2
お菓子の泉栄堂さんでも販売されています!

楽しいことにはとことんのっかる羽後町民。
そしてさらに楽しくなるように盛り上げようとします。

その心意気を、羽後の人々は「もへ」といいますヽ(´▽`)/



≪若返りまんじゅうって若返るの?≫

一つ食べれば三日若返ると言われています♡:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.

吉野葛と沖縄の黒糖をつかった皮もっちもち。
中はあんこでいっぱいの、お茶うけも女子ウケも抜群のおまんじゅうです。

他にも「うま芋ん」「幸せたまぁ~る」など、
泉栄堂さんのお菓子は和菓子の常識をくつがえすやわらかいネーミングのものがたくさん。

ちなみに「若返り」の名は昔、今のバザールのあたりにあった蔵元「若返り」にちなんだもの。

多くの方々に愛され、惜しまれつつ幕を下ろした「若返り」の名を冠したお菓子が、今ふたたび多くの方々に愛されていると思うと、なんだか胸が熱くなりますね。
Photo_8
隣の黒いべは炭を使った健康的な仕上がり。




≪羽後町、確か「萌えキャラ」で有名になったよね?≫

こちらですね。
PhotoPhoto_5Photo_6

米袋のイラストの大看板はJAうご本所にてご覧いただけます。

ちなみに数々の美少女パッケージの生みの親 西又葵さんは東京都中野区のご出身であり、羽後町出身ではありません。

ただいまご紹介致しました羽後牛カレー、羽後すいか(夢あきた)についてはJAうご公式ホームページを、
うご野いちごちゃんについてはこまち野公式ホームページをご覧くださいませ♡

美少女キャラのおみやげは、
羽後町のとしとらんど、西馬音内盆踊り会館をはじめ、湯沢イオン内の虹こまち、道の駅おがちなどを中心にお買い求めいただけます。

ちなみに、羽後牛カレーには立派な証明書がついてきたりします。
20120509200409513




≪燃えキャラはいないの?≫

床屋さんの横の壁をガンダムが守っていたりします。

御嶽神社付近の信号のあたりできょろきょろしていただければ、きっと目が合うと思います。




≪羽後牛っておいしいの?≫

Dsc_0449

こちらのキャンペーンで羽後牛が秋田のうまいものとして景品になりました☆(≧∇≦)

羽後牛カレーには大きな肉がごろっと入っていました。

ちなみに羽後牛とうご牛にはちゃんと違いがあります。(詳しくはこちら→「うごのべごっこを紹介します。」)

**********

西馬音内盆踊りも2日目。

「ああ、いいなぁ」と自分が先に思ってしまいました。

昨日は予報の雨をくつがえすあついあつい真夏の夜になりました。

今日も雨が気になりますが…きっと大丈夫!!!

囃子方のやぐらからのレポートも後日お伝えできればと思います♡

さあさあ今日もよろしくお願いしますよ。

おいでになる方はお気をつけておこしくださいね♪


囃子ガール おゆきでしたっ♪

2012年8月15日 (水)

【西馬音内旅なび⑤】西馬音内盆踊り あれこれ 

西馬音内盆踊り 前日。

不定期連載してまいりました西馬音内旅なびも最終回となりました。

いつも読んでいただいているみなさま、ありがとうございます。

最終回は、西馬音内盆踊り あれこれ。

今回はディープに、盆踊りに参加してきた西馬音内っ子の視点から、ちょっとまじめなお話をしようと思います。


【西馬音内旅なび ばっくなんばー】

盆踊り観覧席について
車で来よう!お宿に泊まろう!
西馬音内盆踊りQ&A① 会場にいこう♪
西馬音内盆踊りQ&A② 盆踊り鑑賞の前に
⑤西馬音内盆踊り あれこれ



Q.西馬音内(にしもない)ってどういう意味?

ここの地名に戸惑われた方も多いと思います。

うごまち にしもない ですからね。

平成の大合併の激動にも呑まれず、
単独での立町を選んだ個性的な町の、さらに個性的な地区です。

よく「にしもない なにもない」とネタにしたりされたりします( ・д・)♪

(ちなみに地元民ことジモティーは「にしもにゃ」っていいます。羽後町内の他地区の人は西馬音内の人を「まちのひとと言ったりします。)

Photo_4晴れの日は秋田富士、鳥海山も見えるよ。

そんなにしもないですが。
語源をたどってみると、アイヌ語に行きつくそうです。

主流な説として、
元々の語を「ニシ モ ナイ」とする説と、「ニシ マ オンナイ」とする説に分かれます。


ニシモナイの場合    ニシ(雲) モ(小さな) ナイ(流れ・谷)

ニシマオンナイの場合 ニシ(雲) マ(~して) オンナイ(扇状地のような地形)


他にもニシを崖とする説が存在したり、大本のアイヌ語の意味について諸説あったりと定説はありませんが、おおよその意味として「雲の湧く谷」という意味合いになるようです。


なんで雲?とお思いかもしれません。

個人的な見解ですが…
この西馬音内一帯は盆地なので晴れの日の前夜から朝にかけて深い霧が立ち込めるんですよ。

そう、まるで雲が湧いていると形容したくなるほどの、深い深い霧が…。

その雲海のような光景を目の当たりにしてから、私はそういうことなのかな?と思うようになりました。
あまりに見とれて画像を撮り忘れてしまいました。すみません。(´・ω・`)


ちなみに雄勝(おがち)は、水源をさす「かっち」という言葉に「おお」をつけて、「おおかっち」 つまりは大きな水源。

雄物川の支流となっている西馬音内。
水に恵まれた地には、多くの命が育まれます。

雲の湧く谷・西馬音内の盆踊りは、
送り盆だけではなく豊年祈願の行事でもあるんですよhappy01



Q.彦三頭巾ってなに?

西馬音内という地名、そしてこの踊り衣装。
Photo Photo_2

もう違和感の連続ですよね。

ちっちゃい頃、頭巾を見て大泣きした記憶があります。

この頭巾は「彦三頭巾(ひこさ ずきん)」と言います。

由来ははっきりとしていませんが、

・秋田県由利地方や山形県庄内地方の農作業時に使う日よけの黒布に由来するとする説。

・明治初期に東京の歌舞伎を見た町の有力者が、歌舞伎の舞台に出てくる黒子から着想した。その時の役者の名前 阪東彦三郎(ばんどう ひこさぶろう)にちなんだという説。

などがあります。

黒布で顔をすっぽり覆い隠した異様な雰囲気は、亡者の姿先祖の霊を連想させます。彦三頭巾には藍染めの浴衣をあわせ、端縫いは合わせません。
Photo_5ちょっと不気味な魅力。

ちなみに端縫いの人が着けている笠は「鳥追い笠」と言います。

これは、農作業時に田畑で害鳥を追うための笠にちなんでいるといわれています。
この鳥追い笠には藍染めと端縫い、どちらを合わせても大丈夫です。


盆踊りの衣装にもしっかりと意味があり

彦三頭巾…祖霊を弔う送り盆としての姿をうつすもの

鳥追い笠…実りを願う豊穣祈願としての姿をうつすもの

と言われています。



Q.端縫いは端縫いではない。しかも少数派だったって本当?

はい、本当です。

どういうこと!?となりそうなので、ひとつひとつ解説していきます。

今でこそ「端縫い(はぬい)」と呼ばれるこの衣装ですが、
地元のコアな踊り手さんはこれを「端縫い」とは呼びません。

本当は「接ぎ衣装(はぎいしょう)」と言います。

(詳しくは羽後町の染織家 縄野三女さんの記事をご一読ください。)

端縫い衣装は、もはや西馬音内盆踊りの象徴的存在。
今日では踊り手の大半が端縫いを纏っている印象を受けます。

しかし、

もともと端縫いは少数派でした。

Photo_3


あんなに人気があるのになぜ?、とお思いになるでしょう。

そのとおり。
誰もが憧れるような踊り衣装だったからこそ、少数派だったのです。


他地域の行事・祭りを見ると、性別や既婚未婚で衣装を分けるところが多いようですが、
西馬音内盆踊りの場合は、踊りの熟練度によるもの。

端縫い(接ぎ衣装)は、上手な人しか着られない。

西馬音内っ子であれば、踊りに携わらずとも一度は耳にする言葉です。


未熟ながらに端縫いを着るのは、恥とされていました。

端縫いに袖を通せるのは、長年の経験者。
まず大人になって、さらに師とする人間に認められたら
といった感じです。


端縫いを着るようになってからも、
前半二日間は藍染めなどで踊り、最終日まで端縫いをとっておくという方もたくさんいらっしゃいます。

西馬音内の踊り手にとって、端縫いは一人前の証のようなもの。

それだけ思い入れの深いものなのです。

このようなこころの伝承があったため、おのずと端縫いは少数派を保ってきました。


では、なぜ端縫いが増えたのか。

それにはたくさんの要因があると思います。

町内の後継者が減り、町外の踊り手さんが一気に増えたこと。こころの伝承がうまくいっていないこと…。さまざまです。

ただ、町外の方の中にも事実として、
地元の方以上に盆踊りを愛し、尊重してくださっている方もいらっしゃいます。
その熱意に感心させられることも多々ありました。

ですので、一概には申し上げられません。

西馬音内盆踊りは、参加型のまつりではなく地元の行事な以上、

地元の人間として、西馬音内のルールをしっかりと伝えること。

参加する側として、西馬音内のルールをしっかり理解して踊ること。

この二つのバランスが重要なのだと気付かされました。



Q.西馬音内盆踊りはまつりじゃないの?

西馬音内盆踊りは、まつりではなく、送り盆の行事といわれています

この大前提がわかれば、西馬音内盆踊りがじわじわとわかってくると思います。

まつりとは、突き詰めれば神様をまつるもの。

近年のまつりは観光化の波もあり、参加に対してもオープンだったりします。


対照的に西馬音内盆踊りは、先祖の霊を迎え、弔うための行事。

大本の大本までたどれば、町の人たちの間でひっそりと行われてきた、
小さな町の小さな行事なんです。



飛び入り参加禁止なのも、まつりの屋台がほとんどないのも、
決して観光向きではないまちなみも、交通網も…

ほとんどのことが、この事実ひとつで説明がついてしまいます。
しかし、それだけでは済まされない状況になっているのもまた事実です。

西馬音内盆踊りの観光化。

これに関しては、非常に繊細で難しい問題ばかりだと思います。


ただ、私はこの流れのおかげで、この町と盆踊りの素晴らしさを再認識できたような気もしています。

西馬音内盆踊りを心から尊敬し、「地元の踊りをしっかりマスターするのが礼儀」と、月例の練習会に足しげく通われている町外の踊り手さん。

不便の多いこの町に理解を示し、多くを求めず、そこにある盆踊りを楽しんでくださるお客様。

他にも素晴らしい観光地があるにもかかわらず、この地で過ごす夏を選んでくださったみなさま。

たくさんのお客様から、この町の素晴らしさを教えていただいた思いです。



明日より3日間、西馬音内で一番あつい日々が幕を開けます。

なにもないまちだからこそ、強く受け継がれてきたこころがあります。

そのかたちを、まちの人々の想いを、ひとつでも感じていっていただければと思います。


西馬音内旅なび最終回。

ついついあつくなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

今年も囃子のやぐらで笛を吹きながら、
みなさまの無事のお越しを心よりお待ちしております。


西馬音内っ子、おゆきでした。

2012年8月14日 (火)

【西馬音内旅なび④】西馬音内盆踊りQ&A② 盆踊り鑑賞の前に

こんにちは♪

西馬音内旅なびも4回目。
毎度長々と書き連ねてしまい、すみません(ノ_・。)

はじめての方にも安心して旅をお楽しみいただけるようにと、
気合いを入れれば入れるほど、あれもこれもとなってしまいます…。

もし毎回全部読んでるよ!という方がいらっしゃったら、神様のように思います。

一部分でも参考にしてくださっている方がいらっしゃったら、
それだけで書き手冥利に尽きます。

本当にありがとうございます。

第4回は盆踊り鑑賞の前にということで、

会場に着いてからのことを想定して、再びQ&A方式でご案内させていただきます♪

Dsc_1479昨日の盆踊り会館。囃子やぐらももう組まれています。


Q.会場は普通の道路って聞いたけど、どんな風に踊るの?

A.会場の道路を通行止めにし、道路の真ん中にかがり火をたいて、その周りを輪になって踊ります。
お客様には道路両脇の歩道の部分にて踊りをご覧いただくことになります。

もともと小さな町の伝統行事ですので、会場も小さく、
距離にして東西300mほどの道路を通行止めにして行われています。(普段は2車線の道路です。)
踊り手や囃子方が踊りの輪ややぐらに向かうため、沿道を通行することもありますので、通路確保にご協力ください。

混雑により窮屈な思いをされるかもしれませんが、ご理解とご協力のほどお願いいたします。
Dsc_1471この通りが。

Photo
なんということでしょう。


Q.どのくらいの人が来るの?

A.近年では3日間で約10万人ほどのお客様にお越しいただいております。

ちなみに昨年は震災の影響と3日間の大雨により、かなりさみしい盆踊りとなりました。

まさか3日とも大雨なんて…。( ・д・)

「こんたなはずめでだー。」 (訳:こんなの初めてだ。)

と、じいちゃんばあちゃんたちが言っていました。
プラスに捉えれば、史上稀にみる盆踊りになったようですが…。
Dsc_0116昨年の最終日。総合体育館にて。


Q.今年は混みそう?

A.あくまでも予想ですが、例年並かそれ以上の混雑になると思われます。

今年度は木、金、土と週末の開催にあたったため、とても見やすい日取りとなっておりますshine
現実、周辺の宿泊施設の予約や、バス団体用観覧席の申し込みは、早い時期から満員になっていたようです。Σ(・Д・ )
  

前述のとおり、昨年は震災の影響に、追い討ちをかけるかのような3日間の大雨…。
楽しみにされていた旅を、泣く泣く断念された方も多かったようです。

今年こそはと意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?smile



Q.立ち見することもできる?

A.できますが、会場が混みあうと見づらい場合もございます。

例年の傾向としては囃子のやぐら付近・バザール付近・踊りの輪の両端に人が集中しやすいようです。

ゆっくりと鑑賞されたい方は、桟敷席券を購入されることをおすすめします。

Photo_8囃子やぐら正面からの様子。



Q.桟敷席を買いたいんだけど…。

A.本部(西馬音内盆踊り会館)の図書館側にて各日15:00より販売しております。

当日販売は下記の2種類です。
 ・観覧席(ひな壇タイプ)    1人 2,000円/約100席
 ・仕切り台席(長椅子タイプ) 4人がけ1本 5,000円/90本

席はあくまでも簡易的に設営されたものなので、長時間の鑑賞には不向きな面もあります。
あらかじめクッション等敷くものをご準備されると良いでしょうwink

※お席の種類については、旅なび①の盆踊り観覧席についてでも、画像付きでご紹介しておりますので、参考にしていただければと思います。

Dsc_1476当日販売席もたくさんご用意して…

Dsc_1482お待ちしてます!


Q.写真とかビデオを撮ってもいい?

A.基本的に撮影はOKですが踊りの輪の中での撮影や、踊り手の妨げとなる行為はご遠慮ください。
美しい盆踊りを情緒たっぷりに楽しめるよう、ご協力をお願いします。


Q.踊り手さんを撮れそうな場所は?

A.付近の民家や裏道のまちなみをバックに、写真を撮られているカメラマンさんをよく見かけます。
声掛けのチャンスはかがり火広場(盆踊り会館・図書館の広場)じゃないですかね。

多くの踊り手さんがここで出店などを回って休憩をとっています。

ひと声掛けてみると、快くモデルに協力してくださる方もいらっしゃるようです♪
踊り手さんの素顔を見られるチャンスでもあるかもしれませんね。( ̄ー ̄)

Photo_2かがり火広場。18日の朝はまちの日(朝市)もあるよヽ(´▽`)/


Q.何か軽く食べるものを買えるところは?

A.例年、かがり火広場に出店があります。
おまつりのような屋台は少ないです。


Q.休憩所ってどこ?

A.コミュニティセンターと活性化センターを無料休憩所として開放しています。
コミュニティセンターでは他にも、踊り衣装の展示会や盆踊りの実演(期間中 14:30~16:00)もあるそうですよ。
Photo_3催し物もいろいろ♪画像拡大で見えますかね…。

Q.おみやげやグッズを買いたいんだけど…。

A.西馬音内盆踊り会館ながや端縫屋などでお買い求めいただけます。

羽後町の名物「若返りまんじゅう」もよろしくお願いしますね♪



Q.お風呂に入れるところはある?

A.五輪坂温泉 としとらんどをぜひご利用ください。
入浴/10:00~23:00
レストラン/11:30~21:00

隣接するアルカディア公園ではキャンプもできるようです。(トイレ・炊事場利用可 無料)
Photo_5としとらんどの…

Photo_4羽後牛ステーキ定食♡


**********

盆踊りをより安心して、より理解したうえで思いっきり楽しんでいただきたい。

そんな思いひとつで勝手に始めた連載も、ラスト1回を残すのみとなりました。

画像でも紹介しましたが、会場の本町通りでは桟敷席が組まれてきて、

またこの季節がめぐってきたんだなぁ、胸がいっぱいになります。

西馬音内の血を騒がせる光景が、通り沿いを中心に広がってきています。


踊り手、囃子方、一人一人にそれぞれのストーリーがあります。

同時に旅をされるみなさんにも、それぞれのストーリーがあります。

一人一人違うルートで、違う思いを胸に
ここ西馬音内においでいただくことになると思いますが、

みなさんの胸の中に共通して

「ああ、よかったなぁ」

の一言が浮かぶ旅になればと願っています。

最終回は、西馬音内盆踊りそのものについて。

ガイドには載らないようなディープなお話を綴ることで、
地元ナビゲーターの役割を果たせたらと思っております。

どうか最後までお付き合いくださいませ♡confident

引き続き、ご意見・ご質問もお待ちしておりますよ!


あとは天気が心配な西馬音内っ子 おゆきでした。

2012年8月13日 (月)

【西馬音内旅なび③】西馬音内盆踊りQ&A① 会場にいこう♪

こんにちは(○`・ェ・)ノ

オリンピックが閉会式を迎える中、
日本がお盆の帰省ラッシュを迎える中、

西馬音内盆踊りまであと3日となりましたshine
Photo_7
西馬音内旅なびも、今回からはいよいよ実戦編!

西馬音内盆踊り直前に知っておきたいお話確認しておきたい情報地元民ならではの裏話を余すところなくお伝えしていきますよ☆(*‘ー‘*)

今回のテーマは会場に行こう♪

会場や駐車場、盆踊りの時間などなど…
より実戦的な疑問・質問について、基本からひとつひとつ、おさらいしながらナビゲートさせていただきます☆o(*^▽^*)o


Q.盆踊りはいつやっているの?

A.8月16、17、18日です。
曜日等関係なく、毎年この3日間で行われています。

辺りが暗くなりはじめると、囃子方のやぐらで寄せ太鼓が始まり、それに呼ばれるように踊り手たちが会場に集います。
本格的に踊りが始まるのは19:00~19:30頃です。

終了は16、17日が23:00、最終日が23:30です。



Q.どこでやっているの?

A.西馬音内の“本町通り”という場所です。
昔は宝泉寺というお寺(会場付近にあります)の境内でやっていたそうですが、
だんだん規模が大きくなり、今の本町通りに移動した経緯があります。

付近にバザールというスーパーもありますので、目印にも買い物にも不便はないと思われます。

ちなみに、
現在は下の図のように逆T字型に会場が用意されていますが…
Photo
この青でラインをひいた部分は、
近年に増設された箇所なんです。
このあたりでは面白い踊り手軍団を見ることができたりする…かも??



Q.駐車場はどうすればいい?交通規制はある?

A.はじめての方はまず羽後町役場を目指していただくことをおすすめします。
こちらで駐車場案内と観光案内を行っています。

駐車場案内と交通規制のマップはこちらです。

(こちらのページでより大きな図をご覧いただけます。)
Photo_2
会場が14:00から、周辺(グレーのゾーン)が18:00からの規制となっています。

こちらに記載されている駐車場は、
P5以外いずれも有料となっておりますのでご了承ください。
(P5は無料ですが、会場から3キロ程離れております。)

【駐車料金】
普通車 1,000円/マイクロバス 7,000円/中型・大型バス 12,000円



Q.ほかに駐車場はないの?

A.民間で運営されている箇所もあります。
その箇所により金額等もまちまちだったりするようです。



Q.電車やバスの時刻は、どこに聞けばいい?

A.電車→湯沢駅 (0183-73-2044)
  バス→羽後交通観光 (0183-73-1153) までお問い合わせください。

※基本的にバスは本数が少なく、18:30以降は運行しておりません。
 ですので、タクシーのご利用・事前予約をおすすめします。
 (湯沢からは3000円前後かかるようです。)

おもなタクシー会社の問い合わせ先はこちら。
・マルトタクシー (0183-62-2105)
・湯沢タクシー (0183-73-2151)



Q.会場を確認しておきたいんだけど、マップある?

A.会場マップはこちらです♪
(こちらのページでより大きな図をご覧いただけます。)

互いに記載されていないことがあったりしますので、規制図と併せてお使いいただければと思います。
Photo_3
また、盆踊り期間中の町内は大変混雑します。

踊りの輪の外周の沿道はとくに身動きが困難な状況となりますので、マップをよくご確認のうえ、会場の裏道・抜け道などのご利用をおすすめします。

羽後町はもともと観光地ではないため、お手洗いや休憩所、宿泊施設や飲食店も数少ないです。
小さな町に人口の何倍ものお客様をお迎えしている状態なので、
ご不便をおかけする面も多々あると思います。

おこしの際は行動しやすい量の荷物や服装で、時間に余裕をもっておいでいただければと思います。



Q.雨の場合どうなるの?

A.会場を“羽後町総合体育館”に変更して行います。順延・振替はありません。

その日の会場については、例年ですと、天候等の条件を踏まえたうえ14:00頃に決定されます。

小雨の場合は本町通りでの実施になることが多ですが、
豪雨の場合は総合体育館に変更になります。

また、本町通りで実施しても、豪雨にみまわれたり、天候の回復がみられない場合は中止になります。(実際に、2011年の17日は数回にわたる中断ののち、22:00頃に中止となりました。)

Dsc_0108_22011年。大雨の最終日は総合体育館にて。

総合体育館での実施の場合、
あらかじめ席をご購入していただいたお客様から、優先的に入場していただくことになると思われます。

また、体育館の収容人数の関係で、入場制限等何らかの規制が出ることが予想されます。
このような都合で、長い間お待たせしてしまうことも考えられますので、
なにとぞご理解とご協力の程、お願い致します。



**********

今回ご紹介しましたマップは当日、
西馬音内盆踊り会館(本部)各案内所等でも入手いただけますよ♪

目的地など事前にご確認いただければ幸いです。

また、西馬音内盆踊りについて疑問・質問・ご意見等ございましたら、
コメント欄までお気軽にお寄せください(o^-^o)

少しでもみなさんの旅の不安を解消していただくために、
微力ながらお手伝いさせていただけたらと思いますconfident

会場ではもう、桟敷席や囃子方のやぐらが組まれていますよ!
なんだかそわそわしてきますね☆ヽ(´▽`)/


落ち着かない西馬音内っ子、おゆきでした☆
 

2012年8月10日 (金)

雄勝大花火大会

こんにちはclub

雄勝大花火大会に行ってきましたrun

昨年は虫に刺されたので、今年は虫除けスプレーをたっぷりしてリベンジrock

翌日刺された気配もなく、とても楽しめましたnote

Img_0384

Img_0418

Img_0422

雨に降られることもなく、夜空に色とりどりの花火が打ち上げられましたnight

今年行くことのできなかった人は、ぜひ来年どうぞsign03

(ごり)

2012年8月 8日 (水)

雄勝大花火大会・五輪坂花火大会のお知らせ

最近、うだる暑さにぼんやり過ごしていると、


どんっ。

…どんっ。


Photo

花火の音が聞こえてきます。

もうすっかり耳馴染んだ音のはずなのに、
何度聞いても振り向いてしまうんですよね。
不思議なものです。

どこでやっているんだろう。
そういえば今日、あのお祭りだったよ。

そう、祭りのないところに花火は立たぬ。
会話にもどんどん花が咲いていきます。

ああ、いいなぁ。

思わず口を半開きにしながら、子供のように空を見上げてしまう。

今宵もどこかで、いろどり豊かな花火が夜空をにぎわせます。


≪雄勝大花火大会≫

8月8日(水) 19:30~21:00 今日です(>_<)ごめんなさい!

Img_2731 Img_2356_2

会場
役内川河川敷 (マップをどうぞ★)

問い合わせ
湯沢市雄勝観光協会(0183-52-2200)

尺玉、スターマインなど約5,000発の色とりどりの花火が真夏の夜空を彩ります。
平安の歌人小野小町ゆかりの地とあり、淡く切ない恋を表現した創作花火や音楽と花火の共演もあります。



≪五輪坂花火大会≫

8月15日(水) 19:30~
※雨天時は8月19日(日)に順延

Dsc_0093_2

会場
五輪坂アルカディア公園 (マップはこちら☆)

※アルカディア公園・足田堤周辺で交通規制が行われます。
係員の誘導にご協力ください。

問い合わせ
五輪坂花火大会実行委員会
(羽後町役場 企画商工課内 0183-62-2111 内線223)

地元の特養老人ホームが入所者に楽しんでもらおう始めたものです。
約1000発と規模は小さめながら、羽後町の夏の風物詩としてすっかり定着し、帰省してきた方々にも喜ばれています。



ぱっと咲いて、散っていく。

花火を見てどこかせつない気持ちになるのは、日本人特有の感性らしいです。

満開の瞬間の刹那の盛り上がりより、余韻の方が尾を引いて、
記憶の中でプレビューすると、より美しい残像がよみがえってきます。


子どものころから、夏そのものをはかなく感じていたような気がします。

きっと楽しいことだらけだから、過ぎゆく時間もあっという間なんでしょうね。


夏は短し、遊べよ踊れ。

花は散るからこそ美しい。

ああ、日本人でよかった。


おゆきでした。

2012年8月 6日 (月)

8/5 七夕絵どうろう初日

秋田県内をはじめ東北各地で夏祭りシーズンがはじまりましたねhappy02

ここ秋田県湯沢市でも昨日8/5から七夕絵どうろうまつりがはじまりましたwink

Img_5501

昨日の夜、会場に行ったんですが、天気が良かったこともあり、多くの方がまつりを楽しんでいましたnote

Img_5498 Img_5500

町中のアーケードの灯りが消える七夕ナイトの時間は、絵どうろうの光も際立ち、夏の夜祭りの風情を満喫できます。

Photo_3

お気に入りの一枚shine

絵どうろうを眺めながら、ビールbeerをぐびりhappy02

これも夏祭りの楽しみですよね~。

 

祭りの人いきれの熱さに疲れたら・・・・

Img_5509 Img_5510

高市青果のかき氷sign03 しかもソフト乗せlovely

暑い夏にはかき氷ですよね~。しかもここのかき氷にはソフトまで乗せられるので最高です。

Img_5525 Img_5516

メニューが豊富過ぎて、何を頼むのか悩みますcatface

しばし悩んだ後、今回注文したのがupwardleftのマンゴー+ソフト280円shine

Img_5520

美味しく戴きましたhappy01

 

今日、明日の湯沢市「七夕絵どうろうまつり」、そして8日の「雄勝大花火大会」と続く地元の夏まつり、暑い夏に負けず、思う存分堪能したいですね。

 

No.12でした。

2012年8月 3日 (金)

七夕絵どうろうまつりのお知らせ

こんにちは、おゆきです(。・д・。)ノ

花火の音が耳に馴染む季節となりました。

連日あついあつい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?


今回は、ひときわ大きなおまつりをご紹介しますよ。

そう、湯沢市の三大祭りのひとつ。あのおまつりです。


【七夕絵どうろうまつり】

2012年8月5~7日(日・月・火曜日)
Edourou 
Dsc_0895

各日の催事・演目は次の通りです。

8月5日(日)
85_2

8月6日(月)

86_1_2
86_2_10

8月7日(火)
87

2日以上連続のイベント
56_1_2
56_2_5


*当日の交通規制マップ*
Map_2

湯沢市の七夕絵どうろうの起源は、
遠く京から佐竹南家に輿入れされた姫君の郷愁(今風にいえばホームシックでしょうか)を慰めるため、
五色の短冊や色とりどりの七夕飾りで、京の七夕を再現したことにあるといわれています。

3日間のうちにたくさんの催し物が行われますが、
その中でもおすすめなのが七夕ナイト★

アーケードの明かりが消され、

まちなみに浮かぶのは絵どうろうの灯りだけ。

なんだか聞いただけでもため息が漏れそうな雰囲気ですね。

宵闇に映えるあでやかな絵どうろうを、さらに粋に楽しみたい方は
ぜひ、柳町商店街区内に足を運んでみてください(*^▽^*)

19:30からですので、その前に着けば景色の変化も楽しめますね。(*n゚д゚n*)

美人画のイメージが強い絵どうろうですが、
中には今年の流行を採り入れたものや、子供たちの創作絵どうろうもあるんですよ。

京と秋田。
二つの美人の里が織りなすみやびな世界をお楽しみいただければと思います。


**********

もうひとつ。

幼いころに、ふと思ったことがありました。

「なんで8月に七夕なんだろう?」

カレンダーでは七夕は7月7日。大きな謎でした。


今になってやっとわかりました。

七夕は、明治時代に行われた改暦(太陰暦から太陽暦への改変)に伴い、

新暦(太陽暦)を導入し、7月に行うところ

従来の旧暦(太陰暦)のまま、8月に行うところに二分されたようです。
へぇー… φ(゚◇゚* )


では、8月の七夕はどういうところに多いのか。

いろいろ調べてみたら、東日本、とくに北海道・東北地方に集中していることがわかりました。(もちろん例外もあります。)

しかし、これがなぜなのかという答えを出している方はなぜか少なく…
明確な答えは得られそうになかったので、私なりにその理由を推測してみました。


7月7日よりもなぜ8月7日なのか。

それは、

星が見えるから☆

簡単ですみません…。(。・д・)

思い返すと、7月7日の北海道・東北地方は梅雨まっただなか。
文字通り、晴れて天の川を拝めた年はごくまれなようです。

七夕が星のおまつりならば、主役である星が見えない時期を無理に選ぶよりも、
今まで星を愛でてきた8月を選ぶ方が理に適っているような気がします。

ま、あくまでも仮説ですけどね☆( ̄ー ̄)


8月にも七夕があるということは、
7月に星が見られなかった方に、もう一度チャンスができるということにもなりますね。

叶わなかった願い事も、
ダメ押ししておきたい願い事も、
新たな願い事も…
もう一度叶えるチャンスかもしれません。


私の祈りは…

七夕マラソンでみなさんが無事完走されることでしょうかね。
私は涼しいところで祈っています♪( ´∀`)

みなさんがんばってくださーい!!!o(*^▽^*)o

おゆきでした☆

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »