2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 湯沢、韓国料理、ナツ夏。 | トップページ | 七夕絵どうろうまつりのお知らせ »

2012年7月27日 (金)

あきたびじょん。羽後町、みはらし荘。

ふと行きたくなるところってありませんか。

幼いころのひみつ基地。
自分だけの思い出の場所。

その場所に来ると、止まっていた時計の針が動き出して、
記憶がフルカラーでよみがえる。

みんなでわいわい騒いだあの日。
けんかしてひとり泣いた日。
この場所で再会を約束した日。

眺めているのは少し変わった風景なのに、

見えてくるのは、あの日の風景。


そして、そういう場所の風景は、

いつだって、うつくしい。

Photo

向かおうと思ったら、

あんまりひさびさすぎて、道を間違えました。

そんなこともありますよね。

気を取り直してまいりましょう。

本日ご紹介しますのは

羽後町 みはらし荘からの風景です。



元西地区から七曲峠をずっとのぼっていくと案内看板があります。
そこを曲がると、途中、二手に道が分かれるところがあります。
(真ん中にみはらし荘の看板がありますが、いかんせん矢印が書かれておりません。)

右に進んでくださいね。右ですよ。

ちなみに、左に行くと一枚目の写真の場所「眺望広場」に辿り着けます。

とってもとっても細い道を、対向車におびえながらのぼることにもなりますが…。

ええ、

私は最初、左に曲がってしまいました。

Photo_2左の道、行ってみる?



文字通りの紆余曲折を経て、

着きました。

ここですよ、ここ。
Photo_5

こちら、みはらし荘からは羽後町の平野部の遠景を楽しむことができます。

天気のいい日は横手盆地を広く見わたすことができます。

うつくしい、ふるさとの風景。あきたびじょん。

青谷明日香さんの「うつくしい秋田」がBGMで流れてきそうな雰囲気です。



望遠鏡もついています。

お代はとられませんので、心ゆくまでまちの風景をお楽しみください。

Photo_6覗いてみる?

調子に乗って、

ひとりパノラマに挑戦してみました。

Photo_8Photo_10

Photo_14Photo_15

意外といけるもんですね。(*・д・*)
ほくほく自己満足。

みなさんもぜひ、お好きな場所で試してみてください。

Photo_16

羽後町を一望できる場所、みはらし荘。

私にとっては、生まれ育った故郷が眼下に広がる、特別な場所でもあります。

うつくしい風景を前にすると、言葉なんてたやすくとんでいってしまうものだと、
これを書いている今になって思います。

ことばで考えず、こころで感じる。

子供のころの感覚に近いのかもしれません。

くよくよと迷った心を、
言語でぎっしり埋めつくされていく頭の中を、
澄みわたる空のように、洗い流してくれる風景。

だからこそ、景色は味わい深くて、
一人一人の想いをときに焼きつけ、
ときに視覚的に映し出すものなのかもしれません。

あなたには、この風景がどのように映っていますか?


**********

五輪坂温泉 としとらんど別館 みはらし荘

〒012-1241
秋田県雄勝郡羽後町田代七曲山4

0183-67-2953

**********


カーブの多い道ですので、対向車にお気を付けくださいね。

夏は、アブやツナギ、ハチにもお気を付けください。

いたしかゆし。私のあきたびじょん。

みなさんのおすすめの風景も、ぜひ教えてくださいね。


おゆきでした。

« 湯沢、韓国料理、ナツ夏。 | トップページ | 七夕絵どうろうまつりのお知らせ »

風景・自然」カテゴリの記事

(地域)羽後町内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/46483083

この記事へのトラックバック一覧です: あきたびじょん。羽後町、みはらし荘。:

« 湯沢、韓国料理、ナツ夏。 | トップページ | 七夕絵どうろうまつりのお知らせ »