2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

仙台、ラーメン、出張版。

 

前にブログで紹介させてもらいましたが、

先日仙台に行ってきました。

もちろんメインはキャンペーンのお手伝いですよ。

それでも、、、

それでもです、、、

やっぱり外せないイベントがもう一つありまして。

Photo

らーめんですよね。すけ。

 

せっかく仙台にきたんですもの

ラーメンを食べずには帰れませんよ。と、

お伺いしたお店は

中華そば「嘉一」さん。

 

こちらのお店は仙台では超有名店とのことで、

湯沢のラーメンを食べ続けてきた僕は

ちょっとやそっとのラーメンでは納得しないですよ?

と、鼻をならしつつ入店。

 

すんごい行列ーー。

入店とか言っちゃいましたけど、

スタートは店の外に並びました。

 

店の中に入ってもまだまだお待ちのお客様が。

1時頃に行ったのですが、着席まで20分ほどかかりました。

店内はカウンターのみの細長いようなレイアウトで、

店主さんと奥様の二人で切り盛りしていました。

 

Photo_2

メニューはこちら。

この他にもランチのセットがA、B、Cとありまして、

中華そば+鶏飯のAセットにしようと思ったのですが

残念ながらAセットは少し前に完売とのこと。

中華そば+鶏皮+白飯のBセットにしました。

ちなみにCセットは中華そば+あさりご飯でした。

 

Photo_3
 

先に出てきたのはセットの鶏皮。

食べた瞬間びっくりしました。

すっごく柔らかいんですよ、鶏皮。

味がじゅわーっと染み込んでるんですよ、鶏皮。

箸でするっと切れるくらいなんですよ、鶏皮。

小皿に5,6枚くらいの量なんですけど、

これで白飯をぐわぁっといきたいですね。

ビールをぐいっと流し込みたいですね。

 

鶏皮に夢中になっていて気付かなかったのですが、隣の席には

キャンペーンに来てくださってたお爺さんがいました。

どうやら僕がAセットを食べられなかったのを見ていたらしく、

おじいさんの鶏飯を一口食べてもいいことになりまして、

おじいさん、ありがとうございます。

鶏飯は鶏のダシがふわーっと広がり、

細かくほぐした鶏の身が噛むたびに旨味を放出させていました。

できることならもっと食べたかったですけど、

これはおじいさんのですからね、

お礼といってはなんですけど

僕の鶏皮もあげました。

おいしいと喜んでくれたおじいさんの顔をみて

ああ、ラーメンは

住んでいるところも、歳の差なんかも関係なく

人と人とをつなぎ合わせるんだなあ。と

ラーメンの素晴らしさを再認識しました。

Photo_10

メインの中華そば登場。

雰囲気としては鈴弥さんのラーメンに似ているかな?

おいしそうな油の層ができています。

一口食べてみると、

今までのラーメンとは別物でした。

湯沢では味わったことのないこの味。

スープはとことん鶏!といった感じの

ダシの香りが堪らないあっさりめのスープ。

こんなに油とコクがあるのにもかかわらず

後味すっきりなのはなぜ??

麺は細めのちぢれ。

スープとからまり、ちょっと硬めに感じる麺が

すごくマッチしていました。

チャーシューも鶏肉で、メンマは細めに割かれており

邪魔に感じるものが一切なく、

まさに 完成された逸品。

夢中で完食しました。

 

いやー本当においしかったです。

仙台に行ったらまた食べに行きたいです。

このラーメンを食べるために仙台に行くのも

全然苦ではないですね。

 

 

住所 宮城県仙台市青葉区国分町3-8-12

TEL 022-265-5907

定休日 日曜

 

 

湯沢のラーメンもすごくおいしいですけど

たまには違うタイプのラーメンもいいですね。

これからの新しいラーメンとの出会いに

期待です。

 

中華そば「嘉一」さん、ごちそうさまでした。すけ。

 

2012年6月29日 (金)

ありがとうございました、勾当台。

 

 

6月の22、23、24日と三日間、

仙台の勾当台公園で行われました

「湯沢雄勝広域観光キャンペーン」

Img_6035 Img_6032_2

大勢の方がいらしてくれました!

Img_5345

西馬音内盆踊りや

Dscf3039_10

小町まつり

Dscf3125_3

最後には飛び込みで

すずめ踊りの皆様がステージを盛り上げてくださり、

イベント盛り沢山の三日間でした!

 

Dscf3088 Dscf3068

我らがスギッチとこまちちゃんもがんばってくれました。

 

暑い天候の中、ハードな三日間でしたが、

大成功という形でキャンペーンを終えることができました。

 

みなさんお疲れさまでした。

 

すけ。

2012年6月28日 (木)

仙人郷まつり 2012 in 東成瀬村のお知らせ

こんにちは☆(o^-^o)

本日はおまつりのお知らせですよっ!



【仙人郷まつり 2012 in 東成瀬村】

2012年7月1日(日)

東成瀬村 多目的グラウンド駐車場特設会場

AM 9:00 スタート

詳細はこちら!

Senninkyou_2

前回は秋に行われていましたね。

どんが汁、よさこい、お楽しみの抽選会…

私もよさこいで参加させていただきましたが、
他のイベントにはない雰囲気のとてもおもしろいおまつりでしたよ。

今年は大きくパワーアップして

宮城県名取市から
ゆりあげ港の朝市がやってくるそうです!(ゆりあげ港の朝市についてはこちら。)

Yuriage



さらに!

福島県浪江町と秋田県の
ご当地B級グルメコラボが実現します!

Bkyu


そして!

よさこいの参加チーム数も、な、な、なんと、15チームに!
うち1チームはな、な、なんと福島県から!

Yosakoi

うつくしまYOSAKOI振興会(Wonder なみえ)の皆さんが、遠路はるばる参加してくださりますよhappy01
(この辺りでこのくらい大規模なよさこいイベントはなかなかありません!楽しみですね。)


こちらのよさこいですが、
被災地では死別や転居により人が減ってしまって、
活動ができなくなってしまったチームがまだたくさんあるんです。


かつて違うチームにいたよさこい好きの同士が手をとりあい、
ひとつのチームの再建に尽力しているそうですが、その手の数がまだまだ足りず、
増えるどころかむしろ一人、また一人と減っていってしまうのがつらいと
福島のよさこい友達が話していました。


うつくしまYOSAKOI祭り、さくらYOSAKOI、浪江町桜祭り…

福島のイベントは、とにかく地元の人のあたたかさが心に染みるものばかり

また行きたいなと思わせてくれるものが多いです。

なみえの皆さんのホームイベント「うつくしまYOSAKOI祭り」も、
風情と人情味あふれる、とってもいいおまつりなんですよ。

いつかまた、被災地のみなさんがホームで大きな華を咲かせられるように、
ここでたっぷりと充電していってほしいですね。



ついつい、よさこいについてたくさん語ってしまいましたが、

名取のみなさんも、浪江のみなさんも、
さまざまなかたちで元気を伝えに来てくださることがとても嬉しいですね!

私たちも負けてはいられませんよo(*^▽^*)o


たくさんの元気があつまる7月1日の東成瀬村に、

ぜひともおいでくださいませ☆

まつりガールおゆきも、ひと華咲かせにいってきまーす(≧∀≦)ノ

2012年6月25日 (月)

三関のさくらんぼ シーズンスタート♪

収穫量では山形には遠く及ばないものの、品質日本一とも言われている湯沢市三関のさくらんぼ

6月も後半となり実りのシーズンを迎えたことから、直売所を覗いてきました。

Dscf3126 Dscf3127
行ってきたのは、三関地区にある直売所「三関ゆめ蔵ぶ」(地図や詳細はこちらを参照してください)。

さくらんぼシーズンの今、営業時間はAM9:00~PM6:00まで。
農家さんが朝の作業を終えて寄ってくれているのか、獲れ立てのさくらんぼが、順次補充されているのが、嬉しいです。

Dscf3131 香夏錦

Dscf3139 佐藤錦

このほかにも、紅さやかなど色々な種類のさくらんぼが置いてありましたよshine

Img_5381
なかでも箱入りの佐藤錦は、色合いが濃く、とっても美味しそうでしたlovely  が、

いざ買う、となると、財布と相談して、キズありのパック(500円)を買うことに。

ただ、それでも downwardleftのとおり、十分満足できる
Img_5389
ハイスペックなさくらんぼを満喫できましたhappy02

皆さんも、この美味しさを楽しんでみてください。

 

No.12でした。

2012年6月21日 (木)

ぐいぐいっと、川原毛大湯滝。

-川原毛地獄って知ってる?-

-日本三大霊地の一つなんだって-

-それが湯沢にあるんだってさ-

-ねえ、行ってみようよ-

Img_0608_4

べべべ別に全然全く怖くなんてないですよ?すけ。

 

今回は川原毛地獄の駐車場より

徒歩15分ほどの場所にある

川原毛大湯滝を見てきました。

Img_1655

硫黄の香りを感じつつ

先輩の後を追って山道を進みます。

Img_4019

道中こんな看板も。

滝の上の方のお湯はすごく熱いらしいです。

むやみに触ったりしないようにしましょう。

と、先輩に注意されました。

山道を歩いているだけで充分暑いです。

 

徐々に近づくドドド、、という滝の音。

ゴールはもう少しです。

Img_3706

着いたー。

ハイペースで歩いたので実際は15分もかからなかったです。

約20mの高さから落ちてくる滝の様は

圧巻で、とてもきれいです

Img_9802

ちょっとした滝壺が点々とあり

7月下旬~9月あたりまでは

天然の露天風呂として楽しめるそうです。

実際にお湯に触れてみると

確かにまだ少しぬるい感じでした。

 

 

滝そのものが温泉となっているのはとても珍しいので

入ってみる価値はですねっ!

(入浴の際は水着着用)

 

 

今回は川原毛地獄の方には足を踏み入れられませんでしたが、

次は川原毛地獄の遊歩道も歩いてみたいですね。

 

皆さんも是非行ってみてください。

 

すけ。

2012年6月20日 (水)

湯沢雄勝広域観光キャンペーン

こんにちはclub

今日は今週末、22日(金)~24日(日)に開催する、

「湯沢雄勝広域観光キャンペーン」を紹介しますriceball

毎年この時期に、仙台の勾当台公園で行うこのイベントbell

西馬音内盆踊りや小町まつりの雰囲気を感じたり、

稲庭うどんや横手焼きそば等の食の魅力を、

存分に味わうことのできるイベントになっていますrock

さらに、今年は西馬音内盆踊りでお囃子の皆さんにもきてもらうことで、

より、本番のおまつりに近い雰囲気になるはずですsign03

イベントのチラシはこちらをダウンロード

ぜひぜひお越し下さいsign03

(ごりぞう)

2012年6月19日 (火)

6/17 ようこそ!初夏の栗駒へ

先週末の栗駒山麓地域は、イベントが目白押し!

小安峡地区での「小安峡春の誘客イベント」に、須川高原の「栗駒新緑まつり2012」
ほかにも、西馬音内盆踊り会館での「手づくりまつり」などさまざまな催しが開催されました。

私は、それらのイベントの中で、小安峡地区の「小安峡春の誘客イベント」と、須川高原の「栗駒新緑まつり2012」に行ってきましたcat

まずは、一路山頂を目指し、須川高原の「栗駒新緑まつり2012」に。
Img_5288 Img_5290

ちょうど、成瀬仙人太鼓の真っ最中で、多くのお客さんが栗駒山荘の駐車場にいらしていて、栗駒山荘には駐車できずに県境駐車場に駐車rvcar

駐車できないほどの車がいると、イベントっsign01て感じがしますよねhappy01

Img_5296 Img_5298 Img_5293

仙人太鼓の後は、新緑まつり恒例「餅配り」(残雪の多い時期に開催していた頃は、餅撒きだったそうですが)を楽しみ、栗駒山荘前の特産品売り場で山菜などを物色eye

配られた餅は、なんと342個noteさらに、うち30個には、栗駒山荘、須川高原温泉、栗駒屋からのプレゼントつきという豪華さでしたよwink

イベントを一通り覗いたら、大急ぎで、今度は小安峡のあぐり館前で開催されている「小安峡春の誘客イベント」rvcar

こちらで行われていたのは
Img_5303_2 Img_5300

佐竹太鼓の演舞lovely

こちらも大勢のお客さんが太鼓や笛の音色、勇ましい演奏の様子などを楽しんでいました。

こちらのイベントでは、小安峡焼きそばやつきたてのお餅、竹の子やみずなどの山菜、三梨牛に皆瀬牛の串焼き、それにオランダ焼きと、たくさんの屋台が並んでいて、目移りしてしまいました。

小安峡焼きそばや串焼き、みずなどを買ったのですが、祭りを楽しみすぎて写真を撮るのはわすれてしまいましたcoldsweats01

小安峡焼きそばは、温泉卵が載ったり、きくらげがたっぷり入っていたりと普通の焼きそばとはひと味違っていて、とっても美味しかったです。

Img_5308 Img_5306

無料配布の寄せ豆腐(豆腐のお吸い物?)もあり、とても楽しかったですよnote

Img_5313_3

栗駒の自然は、これから更に見頃を迎えますよ。

是非是非、栗駒や湯沢雄勝に足を運んでみてください。

 

No.12でした。

2012年6月18日 (月)

川原の湯っこ、湯っこ。

 

ぬるめのお風呂に長時間浸かるのが好きです。

熱いお風呂にガッと入って

ザバッとあがってさっぱりするのも嫌いじゃないですけど

温泉独特の雰囲気を長い時間味わいたいといいますか、

温泉の効能が体に沁み渡るまで浸っていたいといいますか、

せっかく温泉に来たんだから

長く温泉に入りたいという願望ですね。

 

だから「足湯」とか大好きです。すけ。

 

Img_6243

今年も川原の湯っこの時期がやってまいりました。

すでに何箇所か足湯を作られたような跡があります。

以前このブログ内でも紹介している通り

Img_4681

川を掘るようのスコップもありますし、

Img_7547


足拭きようのタオルなども準備されてあるので

手軽にフラッと立ち寄れる感じです。

今回はあまり時間がなく、

自作の足湯場は作れませんでしたが、

次こそは自分好みのmy足湯を作りたいですね。

ちなみに、

Img_9804

この緑色の藻?があるところが熱いらしいです。

お気をつけください。

6月~10月下旬までが入浴時期ですので

増水などにお気をつけて楽しんでください。

 

すけ。

【西馬音内旅なび①】 盆踊り観覧席について

電話で「すみません」と言いながら頭を下げてしまうおゆきです。( ・д・) ))


6月も半ばを過ぎましたね。

なんだかあっという間です。

もう夏なんですね。

ええ、われわれ西馬音内っ子の夏も近づいております。


西馬音内盆踊り。

実は日本三大盆踊りの一つなんですよ。

毎年8月16、17、18日の3日間に行われるのですが、
今年はうまいこと木、金、土曜日に当たりまして、
久々の賑わいが予想されています。

ただ、

この盆踊りにはさまざまなが隠されております。
また、いざ鑑賞となったときに、
電車が通っていない。
宿がない。

などといった大きな障壁も待ち受けていると思います。

ではどうしたらいいのか。
そんな西馬音内盆踊りにまつわる“?”について、西馬音内っ子おゆきがナビゲートさせていただきます(o・ω・)ノ))

題して【西馬音内旅なび】

第一回となる今回は西馬音内盆踊り観覧席についてお伝えいたします。




先日、知人から

「西馬音内盆踊りの観覧席(有料席)ってどうなっているの?どんなものがあるの?」

「案内は読んだけど、どれがどの席を指しているのかわからない。」

との指摘を受けました。

思えば、画像付きの資料ってあまりなかったかもしれません。

その反省を踏まえ、今回は画像付きでご説明させていただきます。


≪事前応募の有料席≫

① 桝席

盆踊りの有料席は3種類ございます。
そのうちの一つ、桝席事前応募&抽選制となっております。
今年度の受付は終了しました
が、例年では6月初頭から受付開始になる傾向があるようです。

Dsc_002411

ご覧いただいておりますように、高くやぐらのように組まれたお席になっています。

高い位置から踊りをご鑑賞いただけるのが魅力です。

(「がんけ」という踊りの中で、踊り手さんがぐるりと一回転する振付があります。袖を持ちながら一斉に回るその光景は、やぐらから見るとまた格別なものがあります。)

目安として、一桝に3名様までご着席いただけます。
横付の階段から上がれるようになっています。

(画像は JAうご公式ブログ なえんもねんしども様のこちらの記事よりお借りしました。)



≪当日販売の有料席≫

桝席のほか2種類のお席は、基本的に当日のみの販売になります。

②観覧席(ひな壇型)…2000円/人
 1人9席分まで購入可。

③仕切り台席(平均台型)5000円/本
 1人2本まで購入可。
 ※仕切り台席1本に4人まで座ることができます。
Dsc_0070a3ca3_3
こちらの画像も
JAうご公式ブログ様よりお借りしました。

(こちらの記事からです。)
羽後町に対する愛情の深い、とても面白いブログです。
ぜひご覧ください。


上段のひな壇状のお席が観覧席下段の平均台状のお席が仕切り台席です。

いずれも、西馬音内盆踊り会場 本部にて、15:00~販売開始です。
その日毎の販売になるそうですのでご了承ください。

【ポイント】
桝席以外のお席、とくに仕切り台席に関しましては、長時間の鑑賞に不向きな点がございます。
購入をお考えの方は、クッションなど下に敷くものをご準備されることをおすすめします。



その他観覧席に関する詳細につきましては、
羽後町役場 企画商工課 (0183-62-2111 内線223、224)
まで、お問い合わせくださいませ。



昨年は震災の影響と雨天とで、さみしい盆踊りとなった分、

今年こそはと意気込んでいる方も多いようですね。

実際、町内の宿泊施設も早々に満室となり、
団体様による有料席のお申し込みも満席となったようです。

次回は、気になる宿泊施設についてのお話と
盆踊りの最新情報についてご案内していきたいと思います。


おゆきでした(o^-^o)

2012年6月11日 (月)

光と音の幻想絵巻 小町まつり 宵祭

2012年6月9日(土)

湯沢市の小町堂にて「小町まつり 宵祭」が行われました。

こちらのブログでもたびたびご紹介してまいりました、第45代目の小町娘さんたちが、
ついにお披露目の時を迎えました。

この日の天気は生憎の雨模様。

小町まつりは雨が降らないというジンクスはことごとく打ち破られてしまいましたが、
会場は多くのお客さまでごった返していました。

Photo

Photo_5

こちらは先代の小町娘さんによる「小町おどり」の様子。

大変な人だかりだったため、カメラのズーム機能を駆使して鑑賞を試みます。

(このまま…いまいちよく見えないまま…
感動をお伝えできないまま終わってしまうのか…。)

諦めかけていたそのとき、

上司の機転で、横側に空いていたスペースを確保できました!(ありがとうございます!)

ここからは左サイドバックから見たおまつりの模様をお楽しみください。

Photo_7民謡などの催し物も大盛況。

と、そのとき…

Photo_10

照明の色が一転。

Photo_12

スモークの中を小町娘がしゃなり、しゃなりと歩いていきます。

光と音の幻想絵巻 小町逢瀬の図のはじまりです。


【逢瀬】

なかなか耳慣れない言葉ではありますが、
平たく言えば“男女が人目をしのんでひそかに会うこと”だそうです。

イマドキの言葉で表せば「密会」「逢引き」にあたるのでしょうが、
こう書くとなんだか昼ドラの世界のような生々しさが際立ってしまいますよね。

「逢瀬」という言葉の響きは、無意識的に“切ない恋”を連想させるものがある気がします。
だれがそうと教えたわけでも、教わったわけでもないのだろうけれど。

この小町逢瀬の図も、例に違うことなく、悲恋の結末を迎えてしまいます。


今回はこの物語について詳しくお伝えしたいと思います。



≪小野小町と深草少将 百夜通いの物語 あらすじ≫

現在の湯沢市小野地区に生まれた小野小町は、
幼い頃から歌や踊りにと多才ぶりを発揮し、やがて都にのぼり、宮づとめをします。

年頃になるにつれ、その才能と美しい容姿から、小町の評判が宮中に広がります。
Photo_24

しかし、故郷を恋しく思った小町は、宮中を退き帰郷。
庵をつくり、歌を詠み、ひっそりと過ごしていたところに訪れたのが深草少将でした。

Photo_18

深草少将は小町にひときわ強い想いを寄せていた男性。
小町に会いたい一心で地方への配置を願い出て、都から小野へと下ってきました。

少将は何度も小町へ恋文を送りますが、なかなか小町は振り向いてはくれません。
しかし、それでも絶えない少将の求愛に、小町はついに一つの約束を交わします。

Photo_25

「私を本当に慕ってくださっているのなら、
ここに百夜通い、一株ずつ芍薬を植えにきてください。
百株になりましたら、あなたの意のままに添いましょう。」



これを聞いた少将は毎晩足しげく通い、芍薬の花を植え続けました。
一株植えては帰っていく少将の背中を、小町は遠くから見守っていました。
Photo_26



そしておとずれた、百夜目

この日は激しい秋雨が降り続き、柴で編んだ橋はひどく濡れていました。
Photo_16

「なりません、少将!」
今宵、この時を待ち焦がれた少将の耳に、従者の諫言は届くはずもありません。
百夜通いの約束を果たすため、少将は嵐の中、百株目の芍薬を手に、通い慣れた道を歩いていきます。

しかし、嵐が止むことはなく、

少将は決壊した橋ごとその身を流され、

Photo_20 Photo_21

Photo_22


哀れ帰らぬ人となってしまったのです。


Photo_23


「私がいけなかったのでしょうか…。」

悲しみに暮れた小町は、少将の亡骸を葬り、供養の地蔵をつくります。
そして、少将の植えた芍薬に寄せて、九十九首の歌を捧げたのでした。

Photo_19




千年の時を越えて語り継がれる物語が、歌があります。

うそかまことかは別にして、それはきっと、

平安の世を生きた人々と、今を生きている私たち

同じようなことに心動かされ、同じようなことを思いつらね

感動を一つにしてきた証なのでしょう。


思いつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを
(想いながら眠りについたから、あの人に逢えたのでしょうか。もし夢だとわかっていたならば、目を覚まさなかったのに。)

花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
(長雨が降り続いている間に、桜の花も私の容貌もいつのまにか色あせてしまった。いたずらに我が身をこの世に置き、物思いにふけっていた間に。)


小町の歌も、そのひとつ。

うつろう心のはかなさに、四季の無常の侘しさに、

めぐり、めぐる美しさを見出してきた平安の人々。

そのもののあはれの感性は、めぐり、めぐって、

いま、私たちの胸に受け継がれているのだと思います。

Photo_27

小町まつり 宵祭
小野小町・深草少将逢瀬の図 これにて。


おゆきがお伝えしました。

2012年6月 7日 (木)

羽後からバター餅

Sifon  Sifon2_2

えへへ、えへへへへへ。
どうも、どうも、ごちそうさまです♡

すてきなすてきな差し入れ。
大潟村の野の花シフォンさんのシフォンケーキ♡

今日もこうして、
あまいあまーい誘惑に
まけました。

まあ、いいんだ。しあわせだから。これでいいのだ。

そんなこんなで、今日もこのあまイイ「しあわせ」をおすそわけするべく、
せっせと情報収集…。
Photo_9

ん…?

Bata_4


あれ?
これって、県北でブームな「あれ」ですよね。

噂のケンミンSHOWZIPPEI スマイルキャラバンでも紹介された
バター餅さんですよね?


************

【バター餅 参考リンク】

あきたファンドッとコム 「バター餅」

北秋田市 BM-1グランプリの模様

(※BM-1…バター餅1グランプリということ。B級グルメの“B-1”のおいしさと、漫才の“M-1”の楽しさを兼ね備えた大会に、という願いがこめられているそうです。)
************



こんな身近な羽後町で、しかも運送屋さんで

今、お茶の間を席巻させているバター餅さんにお目にかかれる日が来ようとは…。

まさか、まさかの急展開です。


これを食べれば、まだバター餅が浸透しきっていない県南で
「バター餅食ったどー!」と、どや顔で言える。
そう息巻いていました。

しかし…

さまざまなレビューを拝読すると、
同じ「バター餅」といえども、店によってわりと味が違うことが判明。

本場の味はまた違うのだろうか…。

新たな疑問も生まれましたが、ここまできたら答えは一つ。

まんづ、「羽後のバター餅」どご、食ってみるべ。

Bm_6


こちらが、羽後のバター餅が売られているという噂の

有限会社 藤原運送さん
MAPはこちら。

湯沢市から羽後町へ、国道398号をまっすぐおいでください。
黄色い大きな建物で、付近にたくさんのぼりもありますので、すぐ見つけられると思います。

Dsc_1191Dsc_1194_2

これです、これ!

ああ…でも、ここって、

ソフトクリームが…

おいしいんですよ…。

Dsc_1190_3ごめんなさい♪
宣伝したかったんです。

羽後町民にとって、藤原運送といえばごまソフト。
という共通認識があったりなかったりします。

10年ぶりくらいに行ったらバリエーション増えててびっくりしました。
しばらくごぶさたな羽後町民さんも、ぜひ行ってみてください。

話がそれましたが、しっかり買ってきましたよ!羽後のバター餅。

Dscf2692200円だったよ☆\(^o^)/

袋の中から取り出そうとすると…

Dscf2695

ねばられました。

個分けで切られているようでしたが、結局ほぼくっついて出てきてくれました。

そんなとーってもねばり強い子ですが、口に入ればと~ってもやわらか♡

口どけがよく、ミルキーみたいな味がしましたよ♪


小さい頃、「歯にくっつくからダメ」とミルキー禁止令を出された記憶が蘇ります。

だけど、この羽後のバター餅なら大丈夫☆
とろけるおいしさに、ほっぺたまでもがとろけておちていきそうです♡(*´д`*)


本日のお店、藤原運送さん 詳しくはこちら!
ソフトクリームもぜひ!お試しくださいませ☆


あまいものハンター、おゆきでした♡

2012年6月 6日 (水)

湯沢、ラーメン、あーっつい。

 

きゅうり+ハチミツでメロンの味。

 

プリン+醤油でウニの味。

 

みかんに海苔を巻いて醤油をつけるとイクラの味。

 

リンゴ+牛乳で苺の味。

 

組み合わせると違う食べ物の味になるって不思議ですよね。

 

人類の神秘ですね。

 

そもそもきゅうりにハチミツなんて

 

誰が最初にやったんですかね。

 

発想の勝利ですね。

 

 

 

 

普通にメロン食べた方がおいしいですけどね。すけ。

 

でもこうゆうのにチャレンジするっていう

 

冒険心楽しいですよね。

 

 

この間僕も発見したんですよ。食べ合わせ。

 

素揚げしたブロッコリーにトマトケチャップをかけると

 

たこ焼きの味になりました。

 

是非試してみてください。

 

ちなみに、食べ合わせとは全く関係ないですけど、

 

納豆をトマトケチャップで食べるとおいしいですよ。

 

こちらも試してみてください。

 

 

 

Photo


いってきました。

 

プロジェクト第9店目はラーメン「直太郎」さん。

 

こちらのお店は湯沢ICの近くにあり、

 

湯沢では認知度の高いお店です。

 

お昼時はやはり混んでいますね。

 

テーブル席が4つほど、座敷のテーブルも4つ

 

広々としてゆったりお食事ができるお店です。

 

Photo_2


今日はもうオーダー決めて来たんですよね。フフン

 

注文するのは

 

「ダイナマイト辛・辛めんミソ、激辛、こってり、太麺」

 

直太郎さんでは、こってりとあっさりを選べる他

 

麺も極細、細麺、太麺から選べるみたいです。

 

日光さんさん、気温28°、服装スーツ。

 

コンディションはばっちりです。

 

Photo_3


どーんっ。

 

Photo_4

どっどーんっ。

 

箸が一瞬で赤色に染まりました。

 

「箸はやられちまったが、俺はそう簡単にはイカナイゼ?」

 

 

汗が止まりません。

 

辛さは激辛といえど、そこまできつい感じはしませんでしたが、

 

いかんせん、汗がとまりません。

 

ラー油のドストレートの辛味が

 

発汗システムを狂わせました。

 

あーっつい。スープもあーっつい。

 

でもおーいしい。

 

こってりとした赤いスープと油が

 

太麺とたっぷりのもやしにからまって

 

一口食べるごとに汗を拭わなければいけません。

 

あっついときほど、辛いものが食べたくなるのは

 

人間の神秘です。

 

ちなみに

 

Photo_5


こちらが「直ちゃん特製中華そば」

 

Photo_6


「ネギミソラーメン」

 

Photo_7

「ミソチャーシューコーン」

 

です。

 

みなさんはあっさりでいただいたらしいのですが、

 

それでも充分すぎるほどこってりだったと

 

言っていました。

 

 

 

住所 湯沢市元清水4-1-1

TEL  0183-72-3976

定休日 月曜

 

 

いやあ、赤かったですね。

 

食べきった後は汗だくだくで

 

なぜか疲労感もありましたが、

 

心地よい達成感もありました。

 

水がおいしい。

 

風が気持ちいい。

 

 

すがすがしいですね。

 

この勢いで、午後も一生懸命頑張ろうと思います。

 

これから暑い季節になりますが、

 

それでも熱いラーメンをすすっていこうと

 

気持ち新たに決意した今日この頃でした。

 

ラーメン「直太郎」さん、ごちそうさまでした。

 

すけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年6月 5日 (火)

湯沢、ラーメン、るーるるるる。

 

 

 

某コンビニにて。

 

Photo

 

 

るーるるるる。るーるるるる。

 

Photo_2


お酒臭かったせいか、なかなか寄ってきてくれませんでした。

 

もうね、かわいいですよね、猫。

 

にゃんにゃん、にゃんにゃん。

 

にゃんにゃん、にゃんにゃん。

 

自分を可愛く見せる術といいますか

 

どうすれば餌を貰えるか、とか

 

熟知していますよね。こいつら。

 

the 女子力。

 

友人はかわいさのあまり、一匹ずつに

 

猫缶を買っていました。

 

こうやって財布を握られていくんですね。

 

 

 

 

猫よりも犬派、すけ。です。

 

猫もかわいいですけど

 

犬可愛くないですか?

 

昔から犬に噛まれやすい体質ですけど

 

それでも犬が好きです。

 

犬に噛まれて怪我をしたこともありますが、

 

それも愛情表現だとおもっています。

 

 

 

 

Photo_3


いってきました。

 

プロジェクト第8店目はラーメン「鈴夜」さん。

 

こちらのお店は湯沢駅のすぐ近くにありまして、

 

以前紹介した「鈴弥」さんの二号店目です。

 

営業時間は20時から2時まで。

 

夜中でも鈴弥さんのラーメンが食べられるのがすごくうれしいです。

 

 

お酒を飲んでいてもブログの取材を忘れないなんて

 

俺ってなんてフフフ。と、気持ち悪い笑みをしつつ入店。

 

深夜1時過ぎにお邪魔したのにも関わらず、

 

店内は7割近くうまっていました。

 

カウンターが数席に、テーブル席が4つ

 

座敷の席が4つと、広いスペースでびっくりしました。

 

Photo_4


ギョーザがある!

 

鈴弥さんのほうにはギョーザないんですよねー

 

これは食べてみるしかないだろう、と注文しようとしたのですが

 

生憎の完売。

 

もう少し早めに来ればよかったなあ。

 

Photo_5


醤油ラーメンと、

Photo_6


みそラーメン。

 

やはり吞んだあとでもおいしい。

 

するするっと食べちゃいますね。

 

 

ちなみに、

 

飲酒後の体内では、血中に溶け込んだアルコールを分解する成分を欲しています。

 

豚骨の中にはアルコールを中和する「イノシン酸」がたくさん含まれています。

 

ですからお酒を飲んだ後にラーメン。というのは

 

非常に理に適っているのです。

 

だから、夜中にラーメンを食べても大丈夫☆

 

 

うん、、、大丈夫、大丈夫だ。

 

 

 

住所 湯沢市表町2-1-21

TEL 0183 – 72 – 7177

定休日 水曜

 

呑んでーカラオケいってーラーメン。

 

金曜日の楽しみです。

 

これがあるから一週間がんばれます。

 

 

Photo_7


さ、今週もラーメン食べるのがんばるぞ。

 

すけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年6月 4日 (月)

小町改めの儀

6/1の夜、湯沢市小野の小町堂にて「小町改めの儀」が行われました。
この小町改めの儀は、6月2週に行われる小町まつりを前に行われる新旧の小町娘の代替わりの儀式で、今年は、第44代の小町娘から第45代の小町娘へと市女笠の引き継ぎが行われました。

Img_5244

まずは、第45代の小町娘の入場です。今回は、スーツ姿での参加で、着席して開式を待ちます。
Img_5217 Img_5218

式は玉串奉奠の神事から始まり、
Img_5220 Img_5226

続けて、第44代の小町娘の入場です。
Img_5228 Img_5230
Img_5231 Img_5230_2

Img_5234 Img_5239

続けて、市女笠の引き継ぎが行われ、
Img_5241_2 Img_5244_2

小町娘お祓いと、順調に神事が執り行われました。
Img_5255 Img_5258

最後は、新旧小町娘を交えた記念撮影が行われ、
Img_5275
Img_5265_2
無事式典は終了しました。

小町まつりの本番は、いよいよ今週末の6月9日、10日の二日間。

第45代小町娘達の晴れ姿を是非、皆さんもごらんになってみてください。

◎小町まつりの詳細

No.12でした。

2012年6月 3日 (日)

チャレンジデーナイトフィーバー★UGO

最近気になっていることがあったんですよ。

カレー牛丼って結局ビーフカレーじゃないのとか。

冷やし中華にはなんでメロンがついてくるんだろうとか。

あの赤いのぼりは一体何なんだろうとか。



赤いのぼり。

帰り道にいっぱい並んでいたんです。

見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「チャレンジデー」と書かれた赤いのぼり。

何かのイベントだろうな程度に思いながら過ごしていると

2012051

まちの広報の中に入ってきました。

≪チャレンジデーとは≫

”国内外をスポーツでつなげるチャレンジデー”
チャレンジデーとは、毎年5月の最終水曜日に世界中で実施されている、
住民参加型のスポーツイベントです。

この日は、人口規模がほぼ同じ自治体同士が、午前0時から午後9時までの間に、
15分間以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の『参加率(%)』を競い合います。

対戦相手に敗れた場合は、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚し
相手の健闘を称えるというユニークなルールが特徴です。

(笹川スポーツ財団さんのページから引用)



負けたら、

相手の旗を掲げる。


ほほえましいペナルティですね。


ここまでくると町の威信がかかってきます。



湯沢雄勝地域からは、

東成瀬村(vs岡山県新庄村)

湯沢市稲川地区(vs福島県二本松市東和地区)

そして

我らが羽後町(vs埼玉県小鹿野町)がエントリーというフル参戦ぶり。(ちなみに参加自治体No.1は秋田県だったそうです。)


住民の参加率を競うイベントですが、他地区の住民や観光客の参加もOKらしく、
半ば花一匁のような熾烈なスカウト合戦も繰り広げられていました。


いいな、楽しそうだな。

そう思っていた私にも、湯沢のみなさんからあたたかいお誘いの声がかかります。

ありがたき幸せ。

しかし…

見てしまったんです。これを。

Bondance_3

遠くから寄せ太鼓のリズムが聞こえてきます。

胸の鼓動までもが「とんとろんこ、とんとろんこ」しています。
もう何人たりともこのハートに灯ったかがり火を消すことはできません。


ごめんなさい、湯沢のみなさん。

おら、いってくるは。

このまちが、すきだから。



8年前のあの日、
単独立町の道を歩むことを決めた、故郷・羽後町と今の自分の姿がだぶります。

いざ行かん。

おらだのメッカ。西馬音内盆踊り会館。

Photo

version チャレンジデーになっていました。やる気を感じます。
今宵一夜限りのダンスフロアに突入!

Photo_2

の前にここで名前を書きます。
盆踊り会館の受付嬢のあきたびじんぶりにテンションも上がります。

Cha1

…もうすでに始まっていました。

Cha2

お囃子は本番と同じく、西馬音内盆踊り保存会の皆さん。
衣装フル装備です。生演奏です。

Cha4

真ん中のカメラマンに「一緒に踊るべ」と言わんばかりのテンションです。
シメは本番に同じく“あれ”をやるあたりが、盆踊りファンの心をくすぐります。




かくして、羽後町のチャレンジデーは、盛況のうちに終了しました。

副町長が休憩時間を割いてバレーボールに汗し、
バザール前には歩いて買い物に来た客の票を集めようと、裏方さんが奔走するなど、
笑い涙なしでは語れない悲喜こもごものドラマが生まれたようですが、

きっと羽後町だけでなく、参加されたすべての自治体で、
笑いあり、笑い涙ありの一日になったことと思います。


スポーツを通して住民が団結した一日。

ともに汗を流して結んだ絆は、すがすがしく、気持ちがいいものです。

味をしめたところで、さぁもう一回といきたいところですが、
次回は「また来年」なんですよね…。

この情熱を、汗を流す喜びを忘れずに持続させていけば、

健康という一番の笑顔のもとがつくられるってことなんですね。

ひとつ、勉強になりました。


来週は羽後町役場のメインポールに埼玉県小鹿野町の旗がたなびく様子を、
ハンカチをかみしめながら眺めていようと思います。

運動のあとはクールダウンをお忘れなく。

集計作業に大汗を流したスタッフのみなさま、お疲れさまでした!

東成瀬村、参加率87.6%(((;゚Д゚))


おゆきでした。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »