2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さくら さくら、 | トップページ | 山菜、きのこ屋 »

2012年5月 2日 (水)

うごのべこっこを紹介します。

こんにちはsun

ダイエットは明日からが永遠のモットーのおゆきですo(*^▽^*)o

ゴールデンウィークも後半戦ですね。

みなさん、ご予定はお決まりでしょうか?

桜の美しさに酔いしれたあとは、美味しいごはんが食べたくなりませんか?


というわけで、

本日は6日(日)のうご牛まんまフェスティバルを直前に控えた羽後町の牛さんについてお話をしたいと思います。

2012manma


≪うごぎゅうをたべよう≫

羽後牛ってなぁに?おいしいの?

はい、おいしいんですhappy01

年間7割がA4ランク以上の出荷実績を誇る、最高級の黒毛和牛さんこそがこの羽後牛です。

この羽後牛の魅力はなんといっても上品でコクのあるやわらかいお肉の味lovely

そして、生産数が少ない希少性がまたいっそうその価値を高めていますshine

KIRINグループの「今こそ!選ぼう ニッポンのうまい!2011」プレゼントキャンペーンの賞品にも選ばれた、
ビールに合う極上の霜降り黒毛和牛なんです。

Index_mainttl_01コーラにも合うよ。


≪羽後牛とうご牛≫

ある日、友人から

「羽後牛とうご牛ってどう違うの?」

と聞かれたことがありました。

それはね…

と、すんなり答えられなかったので

おとなしく調べてみることにしました。

うご牛のおいしい解説はこちら。

平たく言うと

羽後町出身の牛さんが羽後牛で、

そのなかでも

JAうごブランドかつ格付けA4ランクの高級黒毛和牛さんうご牛shine

となっているようですflair

AKBで例えるなら神7がうご牛

そんな感じのイメージです。

あくまでもイメージです。

ただでさえ希少な羽後牛の中のさらに精鋭部隊、うご牛。
ほら、ちょっと食べてみたくなってきたでしょう。

Ugogyuステーキは塩コショウ少々でも十分いける。


≪うまさの循環≫

羽後牛はどうしておいしいの?

答えは簡単。彼らもおいしい、体にいいものを食べているからです。

彼らが毎日食べているのは自家製の稲わらや米ぬかをふんだんに使用した無添加飼料clover
しかも、ただの稲わらじゃありません。

「あきたこまち」のおいしいおいしい稲わらなんですshine

そして彼らが出す質の良い堆肥がまたおいしいお米をつくるもとになる。

この高品質リサイクル「循環型農業」こそがうご牛のおいしさの秘訣でもあります。

あきたこまちと羽後牛はある意味WIN-WINの関係にあるんですねwink

Steak_img2mo雪のような美しい霜降り具合。


≪わずか○○人の生産者≫

そんな「羽後牛」の生産者は、

その数わずか

19人。

牛さんの数も希少ですが、生産者も負けじと少数精鋭です。

人数が少ないと、おのずと手をかけられる牛の数もぐっと減ります。

2009年の出荷頭数で比較すると、

米沢牛はうご牛の20倍、松坂牛は30倍、
宮崎牛は127倍出荷されているそうです。

数では負けてしまいますが、逆を言うと、

それだけ一頭一頭に時間をかけて、たっぷり愛情を注ぐことができるということになりますheart01

うご牛のおとうさんに迫る。


こちらで紹介されている小野さん。
懐の深いとってもいいお父さんなんです。
同級生のお父さんなのでつい猛プッシュしてしまいました。

農家の皆さんが丹精込めて育てた箱入りの牛さんshine

それを知ってからだと、いただく側としての気持ちもまた違ったものになりますね。

≪まとめ≫

「あきたこまち」ブランドの稲わらや米ぬかを食べて、

「うめぇが!?」とお父さんたちから毎日なでなでしてもらう箱入りの牛さん。

また食べたいなぁ~と思っても、いつでも会えるわけじゃない。

そんなかぐや姫のような奥ゆかしさを兼ね備えた羽後町の牛さん。

この羽後牛が格安で、しかもおいしくいただけるイベントこそが

【うご牛まんまフェスティバル】なんです!!!happy02

時間は11:00~15:00

五輪坂温泉としとらんど 野外特設会場にてお待ちしています(≧∇≦)

じゃあ私は…

お役目終了ということで、

おいしい羽後牛をフライングゲットしちゃいまぁす♡

Ugo  Dsc_1067_3

Dsc_1066
ラブフラゲ、ラブうごぎゅう❤(/ ^^)/

おゆきでした♪

SPECIAL THANKS

JAうご農協様

画像を数点拝借いたしました。
ご協力有難うございますshine

« さくら さくら、 | トップページ | 山菜、きのこ屋 »

まつり・イベント」カテゴリの記事

特産品」カテゴリの記事

(地域)羽後町内」カテゴリの記事

コメント

うご町出身ですが、
うご牛を食べたことが無いわたくし。
このブログを観て、食べてみたくなりました!!
細かいとこまでのコメント勉強になりました(^-^)
これからも、がんばってください。

*ぞうさん さま*
コメントありがとうございますhappy01
羽後牛はとしとらんどや湯沢市の牛玄亭でもお召し上がりいただけますよflair(画像ラスト3枚は牛玄亭の羽後牛盛り合わせです♪)
最近はオンライン通販も盛んなようですねpcshine
ぞうさんさまもビールやコーラ片手に、ぜひ一度ご賞味いただければと思いますdeliciousnote

私もうご出身ながら今回はじめて知ったことの方が多く、
「これって、かえってまちの人が知ったらきっと面白いだろうなぁ」という思いが背景にあったので、
こうして地元の方に楽しんでいただけたことが大きな励みになっていますconfident

これからも羽後町を内外問わず、より愛していただけるような記事を書いていくことをお約束しますupので
お手すきの際はまたのぞいてあげてくださいねheart01
ありがとうございましたwinkheart04

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/45107726

この記事へのトラックバック一覧です: うごのべこっこを紹介します。:

« さくら さくら、 | トップページ | 山菜、きのこ屋 »