2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うご牛まんまフェスティバル | トップページ | さくら さくら、 »

2012年4月25日 (水)

盆踊りのまち、羽後町。

さ…さ…

寒い。

どうも、おゆきです(((。・ω・))ノ゙ ♪

最近なんだかまた風が強くなったような気がしています。

木々とともに家が揺れます。
ミシミシいっています。
盆地だから仕方ないんでしょうか。

盆地であり、盆踊りの地でもある私のふるさと、羽後町。

うまいこと言ったつもりでした。すみません。

今回はこの羽後町と、その盆踊りについてアツくご紹介させていただきます。

羽後町。

よく「何て読むの?」と聞かれますが、「うごまち」と読みます。

秋田県の県南部に位置する、ほぼ逆三角形型の町が羽後町です。

Photo_8平成の大合併の中でもいち早く独立の道を選びました。

ご覧いただいておりますように、
山形・岩手・宮城の3県からも比較的アクセスしやすい場所にありますが、いかんせん電車が通っておりません。

バスも本数が限られてしまっておりますので、お車でのご来町をおすすめ致します。

宣伝するつもりが、まさかのネガティブ路線に…(((;゚д゚))

だけどもだけど、
この町にはそうまでしても足を運びたくなる、アツいものがあるんです。

知る人ぞ知る伝統行事 その名も西馬音内盆踊り

阿波踊りや郡上踊りと並び、日本三大盆踊名を連ねるこの踊りは、優雅で幻想的な踊りと雅やかな衣装が特徴的です。

昨年は浅見光彦シリーズや城之内早苗さんの唄でも話題になりました。

西馬音内。

よく「何て読むの?」と聞かれますが、「にしもない」と読みます。
(アイヌ語で「雲が湧く小さな谷」という意味になるそうです。)

この盆踊りは毎年8月16・17・18日の三日間、羽後町西馬音内の本町通りにて行われます。
曜日に関係なく、毎年この日に行われますので、
今年は何曜日かなとカレンダーでチェックしていただけると嬉しいです。

ちなみに今年は木・金・土曜日の開催になります。アツくなりそうですね。

昨年は震災と雨天により少しさみしい盆踊りになりましたが、
その分「今年こそは見たい…」と意気込まれている方も多いようですshineもっとアツくなりそうですね。

H23昨年18日の盆踊り。雨天時は総合体育館での開催になります。

最後に西馬音内にアクセスしていただくうえで気になるポイントについて、何点かお伝えいたしますflair
※おゆきの個人的観点を含みますので、あくまでも参考程度にお読みいただければと思います。

≪宿泊施設≫
羽後町内は宿の件数がきわめて少なく、確保が難しいのが現状です。
お宿は湯沢市や横手市で確保していただき、そこから車でお越しいただくのもひとつ安全策かと思われますrvcar

≪観覧席について≫
例年ですと①桝席 ②観覧席(ひな壇型) ③仕切り台席(平均台型) の3種類が販売されているようですが、今年度の詳細は未発表のようです。
(昨年は①が事前応募と抽選、②と③が当日販売になっておりました。)

≪羽後町の名物≫
西馬音内では「冷やがけ」と呼ばれる冷たいかけそばが名物ですbottle
ふのりでつないだそばは独特の食感で、お店によっても味の個性ががらっと変わりますので、ぜひ食べ比べてみてください。
(冷やがけについては、以前すけさんも記事を書いてくれていますpencilぜひご覧ください。)

その他詳細については

羽後町役場 企画商工課
羽後町観光物産協会
☎    0183-62-2111
FAX  0183-62-2120

まで、お問い合わせをお願いします。

西馬音内盆踊り鑑賞のご準備はお早めに!

私も情報が入り次第、順次お伝えしてまいりますwink

« うご牛まんまフェスティバル | トップページ | さくら さくら、 »

まつり・イベント」カテゴリの記事

(地域) 西馬音内」カテゴリの記事

コメント

西馬音内盆踊り!
昨年の初日に生まれてはじめて、
本物を観させていただきました。
すごく幻想的で、見惚れていました・・・
実家から少ししか離れていない西馬音内なのに・・・。
いやぁー
西馬音内盆踊りを直に観れたのがホント良かった。
昨年は、天候に恵まれなかったのが残念でした。
今年は、絶対にまた見に行こうとおもっています!
あの、お囃子もいいですよね!!
踊りとお囃子のマッチングには感動です。
また楽しい記事を期待しています。

*わぐまさん*
コメントありがとうございますshine
過去ログにもかかわらず、お目通しいただけて嬉しいです(o^-^o)

昨年の初日、一番いい日でしたねflair
残り二日間は雨に踊らされ、中止に会場変更にとてんやわんやになってしまいましたので…。
初日の天気がもってくれたのは、わぐまさんのおかげかもしれませんねwink
今後も情報をばんばんお伝えしていきますので、今年もどうかひとつ!よろしくお願いしますねheart01

ご実家が近いようですが、私の三輪の友人も「昨年初めて見たよ!」と言っていましたflair
地元の行事としてひっそりと行われてきたものなので、なかなか他の地区になると馴染みが薄いかもしれませんねsmile

個人的ですが私もお囃子をやっているので、耳を傾けていただけたことを嬉しく思いますconfident
今年はぜひやぐらの正面で、お囃子の表情までお楽しみくださいshine
今年のお盆も、西馬音内でお待ちしておりますhappy01heart04

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/44993035

この記事へのトラックバック一覧です: 盆踊りのまち、羽後町。:

« うご牛まんまフェスティバル | トップページ | さくら さくら、 »