2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三関フルーツロード | トップページ | 秋田・秋の宮温泉郷 第5回温泉川柳コンテスト »

2010年10月 5日 (火)

『雄勝野きむらや』漬け物☆

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*shadow+:;;;:+*+:;;;:+*+

お久しぶりです。

皆さんお忘れかもしれませんが、ビショップshadowです。

この間仕事の関係で、『雄勝野きむらや』さんにお邪魔させていただきました。

『雄勝野きむらや』さんは、秋田県湯沢市(旧雄勝町)にある、昭和38年から続く漬け物屋さんです。

『雄勝野きむらや』ホームページはこちらgoodHP

やはり、一押し商品としては『いぶりがっこ』でしょうねsign03

Dscf1551_2

『いぶりがっこ』は、秋田・東北産の秋大根を天井に吊り下げ、楢の木・桜等の広葉樹を日夜燃し続けて、香り良くキツネ色に干し上げ、古来伝承の技で丹念に漬け込むそうです。

僕の実家にも祖母の漬け物小屋があり、漬け物は家の味を記憶していますが、『いぶりがっこ』だけは、やはり市販の物でした。

『いぶす』作業は、普通の家では出来ませんからね。

『雄勝野きむらや』さんの作業小屋は、国道108号沿いにもあり、僕がお邪魔させていただいた時は、煙が上がっていました。

10月頃から仕込みが始まるようです。

今まで気にしたことは無かったのですが、意識してみると漬け物も季節に合わせて作業されており、天候などに左右される商品だったんですね。

ちなみに、『いぶりがっこ』に使用される大根は、スーパー等で見掛ける『青首大根』ではなく、『白首大根』を使用するそうです。(食感が違うそうです。)

知ってましたか?

Dscf1567

他の商品も見させていただきました。

今は『ふきのとう』もあるんですね!

僕が気になったのは、『香菊』です。

香りを大切に丹念に摘みとった黄菊、大根、しその実を味噌・醤油に漬け込んだ物らしいのですが、手の込んだ漬け物は実家で出てきませんからね・・・。

今度是非『香菊』を食べてみたいです。

Dscf1566

Dscf1565

その他にも、おつまみ用に食べやすくした『いぶりがっこ』や『いぶり人参』等見させていただきました。

商品の全てを見させていただいた訳ではないので、『雄勝野きむらや』さんのHPにある商品を、是非見てみて下さい。

え!!(゚ロ゚屮)屮っと驚く商品もありましたよnote

たとえば・・・、サクランボの××とか(。・w・。 )

こんなのまで漬け物に?っと思える商品がありました。

一般的な漬け物から、ちょっと風変わりな物まで、多彩な品揃えです。

是非、今度は漬け物小屋、いぶす作業小屋を拝見させていただきたいです。

その時はまた、皆様にお知らせします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*shadow+:;;;:+*+:;;;:+*+

漬け物大好きビショップでした。

« 三関フルーツロード | トップページ | 秋田・秋の宮温泉郷 第5回温泉川柳コンテスト »

(地域) 雄勝・秋の宮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/37073188

この記事へのトラックバック一覧です: 『雄勝野きむらや』漬け物☆:

« 三関フルーツロード | トップページ | 秋田・秋の宮温泉郷 第5回温泉川柳コンテスト »