2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 味噌ラーメン 「大元」 | トップページ | 野鳥の森トレッキングツアー »

2010年8月17日 (火)

8月16日 西馬音内盆踊り ~初日!

今年も初日に行ってきました、西馬音内盆踊りheart04

Img_1124 Img_1148

何度見ても、美しい所作が魅力的ですlovely

西馬音内盆踊りがどういう踊りかというと・・

(以下去年の抜粋)

秋田を代表する夏の風物詩の1つ「西馬音内盆踊り」。

西馬音内盆踊りは、阿波踊り郡上おどりとあわせて日本三大盆踊りの1つにも数えられており、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
また、西馬音内盆踊りは、豊年踊り亡者踊りが一緒になって伝えられたと言われており、約700年の歴史があるこの踊り、篝火を囲み彦三頭巾鳥追い笠で顔をかくし独特の衣裳で踊る姿が印象的ですね。
軽妙で賑やかなお囃子と、それとは対照的に優雅で流れるように美しい踊りが舞われる様子は、とても幻想的です。

(ここまで)

とまあ、こんな感じですwink

Img_1149

Img_1159

Img_1139 Img_1138

Img_1127 Img_1144

Img_1152 Img_1143

1人ひとりが全く違った風合いの端縫いの衣装が、かがり火に照らされる姿は、とても魅力的です。

反り返った指先、そして、 顔の見えない鳥追い笠、笠からのぞくうなじの白さから色々と想像をかき立てられるのもとても素敵です。

22時を過ぎる頃から、囃子の歌詞には、面白げなものが多くなり始め、最後の15分くらいになると、囃子が早くなったかと思えば、遅くなり、と緩急がつきはじめ、それに踊り手が合わせて踊る、そんな呼吸の妙も楽しむことができましたよhappy02

最後には、踊り手も観客も路上に出ながら、櫓の上から奏でられる囃子を聞き終了となるのですが、ここで必ずと言って良いほど起きるアンコールnote

昨日は初日だったので、アンコールなしかな~、と思っていたら、「雨(夕刻ころまででしたが)という天気にもかかわらず、この西馬音内盆踊りを楽しみに来て頂いた皆さんのために!」ということで、もう一度お囃子の音を堪能することができましたhappy01

 

今日、明日と、この2日間を逃したら、また次は1年先ですよsign01

この祭りの美しさは、会場に足を運んでこそ、なので、是非皆さんも、羽後町に足をお運び下さい。

 

「西馬音内(にしもない)盆踊り」の詳細はコチラ(羽後町観光物産協会HP)

 

(No.12でした)

« 味噌ラーメン 「大元」 | トップページ | 野鳥の森トレッキングツアー »

まつり・イベント」カテゴリの記事

(地域) 西馬音内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/36205741

この記事へのトラックバック一覧です: 8月16日 西馬音内盆踊り ~初日!:

« 味噌ラーメン 「大元」 | トップページ | 野鳥の森トレッキングツアー »