2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 重右衛門の風まかせ・雲まかせ | トップページ | 期待の『生ずんだ餅』!! »

2010年7月 8日 (木)

イワカガミ湿原(ワタスゲ)

須川高原にあるイワカガミ湿原
今ワタスゲが見頃を迎えています

昨日、7月7日のイワカガミ湿原の様子です。

Dsc_0530
奥が栗駒山荘側。白っぽく見えるのがワタスゲです

Dsc_0557
一つ一つはこんなにかわいらしい綿毛です

Dsc_0509
群生していると結構迫力ありますね

イワカガミ湿原では他にも季節によっていろいろな植物がみられます。
この日は植物ではありませんが、トンボがたくさん飛んでいました。
正面から見ると顔が白い、その名もカオジロトンボ。

Dsc_0563 Dsc_0473
白いのがわかりますか?
もっと近くで撮りたかったのですが、なかなかそばによってきてくれませんでした

Dsc_0578
食虫植物のモウセンゴケ(ですよね?)

イワカガミ湿は栗駒山荘のすぐ近く。散策の後には温泉もいいかがですか?

ハムシーンでした

« 重右衛門の風まかせ・雲まかせ | トップページ | 期待の『生ずんだ餅』!! »

風景・自然」カテゴリの記事

(地域) 栗駒地区」カテゴリの記事

コメント

七夕の絵どうろうって毎年同じところに
同じ絵どうろう飾っててつまんないですよね。
4割ほど毎年描き換えているっていっているけど
ウソだよね。1年たって見に行ったら
まったく同じ絵が飾ってあるって
そりゃ、もう二度と行かないよね。
地元の人がいかない祭りって廃れるよね。
結局こういう話を持ち出すと
お金がないからできないってなっちゃう。
ばかにしてんじゃねえぞ!

七夕絵どうろうまつり、湯沢市の観光協会さんや絵どうろう保存会の方に伺ったところ、ジークブルガー通りで半分、ほかの通りでは7、8割は入れ替わっているそうです。湯沢に住んで2年の私には毎年絵が変わっていることが驚きでした。私も今年初めて講習会に参加しましたが、絵どうろうを描くって想像していたより大変でしたジークブルガー通りは大きい絵どうろうばかりなので、半分だけ入れ替わっているのが納得!って感じです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イワカガミ湿原(ワタスゲ):

« 重右衛門の風まかせ・雲まかせ | トップページ | 期待の『生ずんだ餅』!! »