2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

秋田市発モニターバスツアー 2月!

こちらでも何度か紹介している湯沢雄勝地域の魅力スポットを巡るモニターツアー「再発見!こまちの郷 モニターバスツアー」も残り回数が少なくなってきましたsweat01

今回紹介するのは、2月に催行する「ひろっこ収穫体験と犬っこまつり見学」コース。

Scn_0004_2  Scn_0005_2

1日目

秋田駅東口(午前9時) → 増田の街並み散策 → 昼食(佐藤養助総本店) → 須川ひろっこ収穫 → 宿泊(秋の宮温泉郷)

2日目

秋の宮温泉郷 → 犬っこまつりとまちなか探検 → 西馬音内盆踊り会館定期公演 → 秋田駅東口(午後5時頃)

湯沢雄勝地域を代表する冬まつり「犬っこまつり」も満喫できるこのツアー、興味を持たれた方。申し込みをされる方は、羽後交通㈱営業部観光課(TEL:0182-32-4155)までご連絡下さい。

(スタッフAでした)

2009年12月25日 (金)

第12回かだる雪まつり チラシ完成!

2010年2月6日(土)、7日(日)の2日間開催される第12回かだる雪まつりチラシとポスターが完成しました!
観光客、地元民と多くの方々が「かだって」(参加して)、作り上げるこの冬まつり、会場となる秋の宮スキー場には約3,000個のミニかまくらが作られ、6日(土)の夜にはミニかまくらの中に点灯されたローソクの明かりが幻想的な風景を作り出します。

コチラが完成したばかりのチラシです↓(PDFファイルは、県観光HPに置いています。)

Scn_0002  Scn_0003

チラシには、抽選券もついていますので、是非、チラシをお持ちになって第12回かだる雪まつりに「かだって」下さいnote
 
 
●お問合せ先
  第12回かだる雪まつり実行委員会
  秋田・秋の宮温泉郷冬季誘客促進対策本部
  0183-56-2400(秋の宮温泉組合 担当 菊地)
   秋の宮温泉郷ホームページ

 

☆昨年のかだる雪まつりの様子を書いた記事はコチラですhappy01

 

(スタッフAでした)

2009年12月17日 (木)

七夕絵どうろう絵付け体験(湯沢雄勝モニターツアー)

今日は、先週末11日(金)~12日(土)の湯沢雄勝地域魅力満載モニターツアーの12月コース「酒処秋田湯沢の歴史探訪と七夕絵どうろうの幽玄に触れる旅」、メインイベントの1つ、2日目の「七夕絵どうろうちょっぴり絵付け体験」を紹介します。

七夕絵どうろう作家で絵どうろう保存会の会長でもある石川巳津子さんから貴重なお話しを伺いながら、絵付け体験ができるという贅沢なこの体験note

ツアー参加者の方々も大変楽しみにされていたようで、皆さん真剣に絵付けに取り組んでいました。

Img_6781 Img_6779

会場が市民プラザ2階絵どうろう展示場で、本物の絵どうろうに周りを囲まれながら作業を行うというのが、また良かったようですhappy01

Img_6774 Img_6802

Img_6803 Img_6808

自分で絵付けした作品は、ラミネート加工をした上で、皆さんそれぞれがお持ち帰りになったのですが、どの作品も見事な出来映えで皆さん大喜びでしたnotes

 

機会があったら一度体験してみたいです。 スタッフAでした。

2009年12月16日 (水)

湯沢市のまちなか探検 その3 商店街散策

昨日に引き続き、先週末11日(金)~12日(土)にあった湯沢雄勝地域魅力満載モニターツアーの12月コース「酒処秋田湯沢の歴史探訪と七夕絵どうろうの幽玄に触れる旅」の中の一部、湯沢市のまちなか探検を紹介させて頂きます。

商店街散策では、湯沢市中心街にある商店街を巡り、幾つかのお店で、その内側・内幕まで見せて頂くことができます。

まずは、市民プラザで、商店街の概略などについて説明してもらいつつ、まち歩きで冷えた身体を温めますhappy01

Img_6747 Img_8508

そして、いよいよ商店街巡りスタート。

最初におじゃましたのは、柳町商店街にあるマルサンカバン店さん。

Img_8524 Img_6748

お店で気軽にできる革製品の手作り体験の紹介、

Img_8516 Img_8514 Img_8515

マルサンカバン店お手製の携帯電話ケース、メディスンバッグといった革製品を紹介頂いた後、

Img_8513 Img_8511

マルサンカバン店が潰れないワケ、ということで、マルサンカバン店さんの裏側を見せて頂きました。

Img_6750 Img_6749

Img_8521 Img_8523

これ、何をする機械があるのかというと、シートとシートを貼り合わせる機械なんです。

こういった機械を使ったビニールシートやテントなどの作成が、マルサンカバン店さんの大事な収入源であり、つぶれないワケだそうです。

お店だけ見ていては分からない事実ですよね。

マルサンカバン店さんでは、ランドセルの加工もしており、使い終わったランドセルをdownwardleftのように小さく加工して思い出として残すこともできるそうですよnote

Img_8522

 

続けて訪れたのは、同じく柳町商店街小田原畳本店さん。

Img_8528_2 Img_8527_2

インテリアやカーペットなどが並んだ店内を見せて頂き、そのまま店の奥に抜けると

Img_8530 Img_6752

畳の張り替えなどを行う作業場に。正面から見たお店からはなかなか分からない程の奥行きです。

畳の張り替えの作業工程には、みんな興味津々。

Img_6755_2 Img_6756

Img_8535 Img_8541 Img_8540 

機械の作業を実演して下さったのが小田原畳本店の9代目だという話が出ると、皆さんから感嘆の声が上がっていました。

Img_8533 Img_6754

 

最後に訪れたのは、駅通り商店街(サンロード)アークトゥリーさん。

湯沢雄勝のお土産もたくさん扱っているこのお店。コケ丸くんなど独自商品も豊富です。

Img_8545 Img_8546

Img_8549 Img_8547

詳しい説明を聞きながらお土産探しをしていると、ついつい色々なものに目移りしてしまいます。

 

お店に寄ったのは3軒だけですが、商店街を歩きながら、色々なお話しを聞くことができるので、商店街を歩いている事自体を楽しめました。

商店街散策でまちなか探検を終えて、モニターツアーは、宿泊地秋の宮温泉郷へと向かっていったのでした。 

(スタッフAでした)

2009年12月15日 (火)

湯沢市のまちなか探検 その2 湯沢の小路(湯沢の歴史探訪)

昨日に引き続き、先週末11日(金)~12日(土)にあった湯沢雄勝地域魅力満載モニターツアーの12月コース「酒処秋田湯沢の歴史探訪と七夕絵どうろうの幽玄に触れる旅」の中の一部、湯沢市のまちなか探検を紹介させて頂きます。

木村酒造 → 湯沢の小路(歴史探訪) → 商店街散策 と回ったまちなか探検。昨日は、木村酒造さんを紹介したので、今日は、湯沢の昔が色濃く残る「湯沢の小路」巡りを紹介します。

Img_6725 Img_6726

湯沢市街地を南から北へと縦断する湯沢大堰

今は灌漑用水や生活排水、それに流雪溝として重要な役割を果たしていますが、昔は、更に物資輸送でも運河として重要な役割を担っており、湯沢大堰の歴史は、湯沢の街の歴史と表裏一体、常に互いの影響を受けています。

この大堰を渡った街の東側がこれから歩く佐竹南家の武家屋敷であり、その街並みの成り立ちや歴史などについても、まちなか案内人が詳しく説明して下さいました。

Img_6732 Img_8491

新町小路の入り口では、お忍び小路だったり他の小路の成り立ちなども含めた様々な説明をして頂きました。

Img_6738 Img_8496

Img_8497 Img_8499

ついつい足が止まってしまうお屋敷もちらほら。写真の屋敷は、江戸時代の頃からのお医者さんの家だそうで、今も隣の病院でお医者さんをやっている、という説明には感嘆の声が上がっていました。

写真の屋敷の他にも、上遠野家など皆が足を止めて見入ってしまう屋敷がいくつもありました。

歴史探訪の最後は、小路を抜けて、旧雄勝郡会議事堂へ。

Img_6744 Img_6745

明治から大正にかけて、郡会が行われた郡会議事堂。

当時、郡会が開催された2階の議場で、往時を偲びつつ湯沢の街に積み重ねられてきた歴史に思いを遣るのも不思議な体験でした。

 

湯沢市まちなか探検は、更に商店街散策へと続いたのですが、そちらについては、また明日。

(スタッフA)

2009年12月14日 (月)

湯沢市のまちなか探検 その1 (木村酒造さん)

先日から何度かPRさせて頂いている湯沢雄勝地域魅力満載モニターツアーの12月コース「酒処秋田湯沢の歴史探訪と七夕絵どうろうの幽玄に触れる旅」が、先週末11日(金)~12日(土)にありました。

七夕絵どうろうのちょっぴり絵付け体験、湯沢市まちなか探検に、西馬音内盆踊り見学、増田の町並み散策などなどイベント盛り沢山のこのツアー(ツアー行程はコチラ)、参加された皆さんもとても満足そうでした。

その中の一部、まちなか探検を紹介させて頂きます。

 

1日目の午後は、湯沢市のまちなか探検。  木村酒造 → 歴史探訪 → 商店街散策 と回りました。

スタートは、木村酒造さん(HPはコチラ)の酒蔵見学bottle。(木村酒造さんは、福小町秋田杜氏などの醸造元です)

Img_6707_2 Img_8478

まちなか案内人(黄色のジャンパーの方々)木村酒造の案内の方から、湯沢の酒づくりの歴史だったり、酒づくりの道具の話など色々な話を聞きながら、蔵の中を回ります。

Img_6708 Img_6710 Img_6713 Img_6714 Img_6720 Img_8465

現在、酒づくりのまっ最中で蔵の中には入ることはできませんが、扉を開けただけで、ぷ~んと漂う日本酒の香りがとても印象的lovely

Img_8470 Img_8472

ツアー参加者の皆さんは、もちろん試飲bottleも満喫。純米大吟醸など、とっても美味しそうに飲まれていましたnote

 

続いては、湯沢の歴史探訪ですが、続きは別稿で紹介させて頂きます。

 (スタッフAでした)

2009年12月11日 (金)

冬の泥湯温泉

みなさん こんにちわflair

最近の、湯沢市は晴天なり(*^ー゚)bグッジョブ!!

本日は 「泥湯温泉」のご紹介shinespa

奥羽山脈の懐深く高松川上流の川沿いに、ひっそりとたたずむ4件の宿。

Img_2062

周りは、雪景色で 秘湯っていう感じがただよっています。

今日は 温泉には入ってこなかったのでcoldsweats01

周りの景色を お伝えしますup

Img_2054

Img_2058

Img_2059

Img_2063

Img_2064うっすら雪が積もっていて、とっても素敵shine

露天風呂に入りながら見る、雪景色は 何とも言えず風流ですよhappy01

Img_2067

まだ、道路には雪がありませんけど、所々凍っているので お越しの際は、

十分気をつけて いらしてくださいねrvcar

Img_2070

冬期閉鎖の箇所がりますので、確認をしたほうがいいですね。

「mappu.pdf」をダウンロード こちらをどうぞ。

くろちゃんより( ̄ー+ ̄)

2009年12月10日 (木)

珈琲・雑貨舎「重右衛門」さん

一段と冷え込みが、厳しくなってきましたcrying

みなさん。風邪やインフルエンザに十分気をつけましょうhappy01

今日、ご紹介するのは・・

小安峡にある珈琲・雑貨舎「重右衛門」さんです。

Img_2008 Img_2009

ちょっと 雪の為写真がいまいちで ごめんなさいweep

外はとっっっっっっっっても寒かったんですけど・・

中は、超温かいheart01

Img_2006

Img_2005

Img_1994

猫ちゃんも あったかそううup

Img_1996

Img_1997_2店内の様子shine

Img_1999癒されちゃいますよねheart02

本日のコーヒーをいただきました

Img_2001

コーヒーと一緒に出てきた、横の小皿の上には・・食べられるドングリなんですup

初めて、食べましたheart04

Img_2002

 殻を剥くときは、ちょっと大変ですけどcoldsweats02

中のお味は・・マカダミアンナッツみたいなぁup香ばしくって、コーヒーに合うsign03合うsign03

ちょっと、やみつきになりそうな感じlovely

いつも、インスタントな私。本格的なコーヒーの虜になってしまいそうですlovely

改めて 美味しさを知ってしまいましたcafe

冬の小安峡も、ひと味違う楽しみがあると思います。

小安峡に来た際には、是非sign03 寄ってみて下さい。

雑貨も豊富で、とっても楽しめますよhappy01

重右衛門

くろちゃんより o(*^▽^*)o

2009年12月 8日 (火)

小安峡 冬の訪れ

いよいよ冬の訪れを感じつつある今日この頃。まだ、道路などには雪は積もっていませんが、皆瀬地区の周囲に並ぶ山並みはこのとおりsnow

Img_8422

昨日(7日)は天候が不安定で、時折吹雪いては視界が雪に覆われるなど、冬の訪れを実感させられることもしばしば。

小安峡大噴湯を訪れたときも、ちょうど強く吹雪いてため、一足早く、本格的な冬景色snowといった雰囲気を味わえました。

Img_8417

Img_8416 Img_8414

何枚撮っても、雪のために、なかなか綺麗に全景が写りませんcoldsweats02

吹雪の中で立っていると、吹き付ける雪の中に溶け込んでいくような不思議な心地がして、ずっと立ちつくしていたい気もします。

と言いつつ、身体が冷たくなってくると、すぐに暖を求めてしまうのですがcoldsweats01

Img_8418 

さて、雪が降り積もれば、いよいよ冬本番。白一色に染まった冬景色snowも、もうすぐですね。

 

(No.12でした)

2009年12月 7日 (月)

佐藤養助総本店 冬の限定メニュー

冬ならではの限定メニュー。

期間限定、と言われるとついつい食べたくなるのはなぜでしょうか?

 

ということで、今日は、佐藤養助総本店さんの冬の期間限定メニュー、「あったかつけ麺」の紹介です。

「あったかい鍋焼風のうどんは食べたいsign01 でも稲庭うどんのツルツルシコシコの麺のコシはちゃんと味わいたいsign03

あったかつけ麺」は、そんな矛盾した要望に応えてくれるメニューですよdelicious

Img_8306

写真のとおり、鍋と麺が別々に盛られているので、しっかりと締めたツルツルシコシコの稲庭うどんを、熱い鍋で味わうことができるんですnote(写真は味噌 1,100円也)

Img_8307

熱々の鍋。

Img_8308

しっかりしたコシの稲庭うどん

 

2つの魅力の良いところどりの限定メニューnote

是非皆さんも味わってみて下さい。

 

(No.12でした)

2009年12月 5日 (土)

三関のセリ Part2

前回紹介させていただいた、”湯沢市三関のセリ”

セリ農家おすすめの調理法は

セリの根っこの天ぷらrestaurantでしたねdelicious

おすすめならば、やってみようではないか。

というわけで早速、根っこの天ぷらを作ってみました。

P1040271

①立派な三関産のセリは、1束120gほど。

 長くて白い根っこが輝いて見える・・・shine

 収穫のときにも、セリ農家さんが綺麗に洗っていましたが、

 ここでもう一度洗っておきます。

P1040272

②寒い中、丁寧に収穫してくれたセリ農家さんに感謝しつつ、

 ざっくざくと切っていきます。水気をきっておきます。

P1040274

③一気に三つほど揚げたら、根っこ同士がくっついてしまいます。

 ひとつずつ揚げるのが良いかもしれません。

 糸のような根っこがくっつかないよう、広げて揚げるのが難しい。

P1040282

④テンポ良く揚げていったら、こんな風になりました。

 揚げたセリの姿に、不器用さが全面に出てしまいました。

 セリ農家さんに申し訳無いwobbly

 以前、湯沢市内の小料理屋さんでセリの根っこの天ぷらを見たことがありますが、

 それは、まるでクジャクが羽を広げたような美しい姿でしたよshine

 

P1040284_2

⑤軽く塩を振って、いただきました。

 しゃきしゃき、さっくさく。見かけはちょっと。。。ですが、うまい!

 味ももちろんのこと、食感と音が楽しめましたdelicious

湯沢市内のスーパーでは、12月3日頃にはもう三関産セリが並んでいましたよ。

三関のセリを見かけたら、根っこを天ぷらにしてみてくださいね~wink

(wasshoiでした)

 

2009年12月 4日 (金)

三関のセリ Part1

鍋物が美味しい季節になりましたね。

湯沢雄勝で鍋といえば、欠かせないのが三関のセリ!

セリの産地、湯沢市三関セリ農家は今、収穫・出荷作業で大忙し。

そんな三関のセリ農家に、お邪魔してきましたhappy01

P1040262

伺ったのは、露地栽培からビニルハウスでの栽培にちょうど移り変わる時期。

この時、気温は10℃弱ビニルハウスでの栽培といっても、暖房なんてもちろんありません。

これから冬本番を迎えても、寒さが厳しい中で収穫が行われます。

P1040254

セリ畑には、ふくらはぎの真ん中くらいまで水が張られています。

水がつめたい・・・!

根っこを切らないように、ゆっくりセリを引き抜く。

同時にセリを水中で揺らして、泥を落とします。

じゃぶ、じゃぶ。静かなセリ畑に水の音が響きます。

P1040256

収穫は一人で行いますが、その量は1日に100~120束。

収穫したセリは一度家に持って帰り、もう一度水洗いします。

その後、葉が痛んだり変色していないか、根が酸化して赤くなっていないかを、

2、3人で選別します。この選別作業に人手が必要で大変だ、と教えてくれました。

細やかさが求められるため、今も収穫の全行程が手作業です。

P1040253

葉と茎、それから根まで食べられるセリは、栽培中にカモが食べに来てしまうこともcoldsweats02

カモは、一番おいしい茎と根の部分を食べてしまうんだそう。うまいところを知ってるんですね。

それにしても、このセリの根っこの白いことshine

三関のセリは、茎は太く、根が白く長いことが特徴。根の部分が、とっっってもおいしいのですlovely

秋田では鍋物にセリの葉と根が入れば、言うことなしの最高の組み合わせ。

県外の方が、根を食べることに驚くことも多いそうです。

P1040268

(1束が35㎝ほどありました)

これを読んで下さってる方は、セリの根を食べたことがあるでしょうか.。

セリ農家のおすすめ絶品レシピは、restaurant根っこの天ぷらrestaurant

しゃきしゃきした食感がたまらないそうです。

鍋に合うのはもちろん、おひたしや和え物にしても食感が楽しめる、とのことでしたdelicious

P1040270

葉から根まで全部食べられる三関のセリは、出荷先の9割以上が秋田県内。

県内外の方に、この食感とほのかな苦みを味わってもらいたい。

そんなセリ農家の思いが、もっと多くの人に伝わってほしいと思いましたconfidentheart04

(芋の子汁には必ずセリ!のwasshoiでした)

2009年12月 3日 (木)

ジュネス栗駒スキー場

12月19日にスキー場開きをする、ジュネス栗駒スキー場ski

スキー場開きまであと少し!わくわくしちゃいますheart01

Photo

初級者も上級者も楽しめる14のコースがあるジュネス栗駒では、

今シーズンもいろいろなイベントを企画しているみたいですよhappy01

スキーレッスンやスキー大会などなど様々な催しものがあるそうですが、

中でも充実しているのが、小学生向けのイベントshine

ちょっとだけご紹介すると・・・

snowboardちびっこスキー&スノーボードキャンプinジュネス(3泊4日)

12月26日(土)~12月29日(火)

小学3~6年生と、中学生の初心者から上級者までが対象のイベント。

スキー・スノーボードのレッスンが受けられます。レッスンを通じて新しい友達が出来るかも!?

snowboard冬休み小学生スキー集中講座(1日)

1月4日(月)~1月8日(金)

冬休みの間にスキーの練習をしておけば、学校のスキー授業も安心です。

対象は小学校の全学年。湯沢・横手地域からなら無料送迎も!

また、毎月第3日曜日は小学生リフト1日券が500円になるなど、お得なチケットもあるそう。

小学生のキミ。ジュネスはキミを待ってるぞ!

1

ジュネス栗駒にはまだまだオススメのポイントがwink

ゲレンデに隣接したジュネス温泉ホテルブランも魅力的!

このホテルは、大浴場や客室からゲレンデが見渡せちゃうんですよshine

こんな素敵な環境だから、いろんな楽しみ方がありますよねup

たとえば、ご家族でスキー場に来て、お子さんはウィンタースポーツを楽しみ、

待っている家族は温泉に浸かってゆったり・・・spaなんてこともできちゃう。

まさに家族やグループみんなで楽しめる場所ですねhappy01

Photo

あとは雪が降るのを待つだけ!

上に載せた3枚の写真は今年のものではありませんが、

このくらい雪が積もってくれればいいな~と思いますsnow

真っ白のゲレンデが待ち遠しいheart04

ゲレンデの今の状況や、お問い合わせはこちら

≪営業予定期間≫

12月19日(土)~3月22日(月)

※12月21日~25日は、一旦休業します。

※2月の平日は、第2クワッド・第4クワッドの2基運行。

※3月の平日はリフト全機稼働停止、土日は全機稼働します。

(冬と雪をこよなく愛するwasshoiでした)

2009年12月 1日 (火)

羽後町田代にある長谷山邸

皆さん いかがお過ごしですかhappy01

今年も 残すところ一ヶ月となりましたsweat01

あっという間に・・・crying 12月もエンジョイしましょうねhappy02

今日は、羽後町田代にある 「長谷山邸」 についてup

23_2 Img_1796_2

Img_1798_3Img_1801_3Img_1797  すっかり冬支度もすんでますね。   

詳しくは こちら

この長谷山邸は、ゆきとぴあ七曲がりのイベントの中で行う、花嫁道中のゴール地点でもあるんです。

雪の降る中を、花嫁・花婿を乗せた馬そりが、七曲がり峠を登って行きます。

両脇には、ミニかまくらにろうそくの灯りがともり、とても幻想的な風景。

ゆきとぴあ七曲がり

この、長谷山邸に向かうまでに、七曲がり峠を通ってきますと

「みはらし荘」があるんです。

そこは、天気がいいと、素敵な景色を望むことができます。これだあflair

Img_1807_2

Img_1809 なんて素敵なんでしょうhappy02

Img_1811

Img_1810 upwardleftおやっ 怪しい人物がgawk

この望遠鏡を使って見渡すと、横手市や湯沢市まで見えますよwink

本日は、晴天のため 雄勝地域振興局まで、丸見えでしたhappy01

夜は 夜景もとっても綺麗なんですよupmoon1

デートスポットには もってこいheart02smile

happy01ドライブがてら 羽後町探検もいいかもhappy01

おいしいお蕎麦食べてup 盆踊り会館で情緒に触れてup

てなこんなんで、湯沢雄勝を満喫してください(・∀・)イイ!

以上 くろちゃんでした ( ̄ー ̄)ニヤリ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »