2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 栗駒山麓湯めぐり回廊 | トップページ | 森の市 »

2009年10月 9日 (金)

秋田内陸線

秋田県の真ん中、鷹巣から角館まで走っている内陸線。
先日、その内陸線に乗車してきましたtrain
今回乗ったのは仙北市の八津駅から角館駅までの短い区間でした。

八津といえばかたくりの群生地、という知識はあったのですが、行ったのは今回がはじめて。日本一大きいといわれる西明寺栗の栗園見学が目的でした。「赤倉栗園」さんを見学させていただいたのですが、大きなイガ栗がぼっとぼっとと落ちてきました。(赤倉栗園さんでは団体のみ受け入れているそうです。)。

Dsc_0628

Dsc_0636

この栗園が春にはかたくりの群生地になると聞きびっくり。

Dsc_0639

Dsc_0640

乗車したのは、10月1日から11月29日まで運行されている「錦秋号」。

Dsc_0654

内陸線沿線はこれから紅葉の季節を迎えます。車窓に広がる紅葉maple・・・美しいでしょうね~

八津駅からは西明寺、羽後太田、そして角館。
列車内には観光アテンダントさんが乗車していて、いろいろ説明がありました。
途中、停止してしまうのではないかと思うほどの速度になり、見えてきたのが・・・
「ないりっくん」!田んぼアートです。かわいいlovely

Dsc_0676

他も乗客から歓声があがっていました。すてきなサービスですsign01
普段乗る電車は横並びの座席。でも内陸線はボックス席になっていて、ローカル線の雰囲気むんむんです。
駅弁とビール・・・なんて気分になりました。
「錦秋号」は快速なので羽後太田駅には停車せず、ほんとにあっという間でしたが、楽しい時間を過ごせました。

角館駅からは、「かくのだてお菓子巡りガイドブック」を片手に街歩き。
ちょうどお菓子のスタンプラリーをやっていて、ついつい買い食いです。

Dsc_0714

八田菓子舗さん(電話0187-53-2053)の紅葉だんごです。おいしかったぁdelicious
さらに西明寺栗を使ったお菓子も色々なお店で売っていて、大量に買い込んでしまいました。(栗のお菓子は写真を撮る前に食べちゃいました・・・bleah

この日は西明寺栗を使った料理の発表会もあり、ちょっと見学させてもらいました。工夫をこらした色んな料理がありましたrestaurantお菓子ばかりではなく、栗ご飯、栗のスープなどもありました。栗のソーセージがおいしかった!

Dsc_0738 Dsc_0735

栗のソーセージは「しちべえ」さん(電話0187-54-3295 )で出しているそうです。

紅葉だんごも栗料理も期間限定かもしれないので興味のある方は事前に確認してから行ってみてください。

今回の角館の街歩きは武家屋敷までは行かなかったのですが、結構楽しめました。
新しい角館の歩き方発見!といった気分です。

湯沢から角館はちょっと遠いイメージだったのですが、実際は車で1時間ちょい。意外に近いのです。
角館観光の宿泊先といえば田沢湖高原あたりの温泉が多い気がしますが、角館から田沢湖高原まで1時間弱ぐらいだし(たぶん)、湯沢までとそんなに変わらない気がします。(ちょっと強引か?)
角館の街を散策して、泊まりは湯沢の温泉なんていかがですか?

内陸線についてはコチラ
仙北市の観光情報についてはコチラ
「かくのだてお菓子巡りガイドブック」についてのお問い合わせ先
  仙北地域振興局 電話:0187-63-5226

ないりっくんの田んぼアートは季節物です。早くいかないと刈り取られちゃうかもsign02

くれおぱとらっしゅでしたsmile

« 栗駒山麓湯めぐり回廊 | トップページ | 森の市 »

特産品」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

(地域) 近隣地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/31716114

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田内陸線:

« 栗駒山麓湯めぐり回廊 | トップページ | 森の市 »