2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

収穫新そばまつり

秋晴れで格好のお出かけ日和だった25日に、羽後町では

『収穫新そばまつり』開催されましたmaple

羽後町は、そば栽培に取り組んでいる農家が秋田県内で最も多い、そばの町。

美味しいそば屋さんが羽後町には沢山あるなあ・・・と思っていたら、

そばの栽培にも力を入れているのでした。

さあ、初開催のそばまつりへrun

Photo_11

オープニングセレモニーが始まる前から賑わう会場

Photo_33

そば餅まきも行われました

Photo_12

先着50名の振る舞いそばの行列。食べられた方はラッキー♪

Photo_13 Photo_15 Photo_16

そばの栽培過程の写真やそばのいろいろな品種が展示され、苗のプレゼントもpresent

Photo_19

無料そば打ち体験happy01私も打ちたかった・・・!

Photo_29Photo_30

Photo_31Photo_32

そば実演コーナー!そば打ち愛好者の方のそば打ちっぷりに、ほお~と感嘆の声をあげるひとも。

Photo_17

外では冷やかけそば求める人たちの列

お昼時には50人を超える長蛇の列!

列に並びつつ、大きな釜でそばが茹でられるのを見ていたのですが、

外では風が吹くたび落ち葉が舞い、おそばのいい香りが漂い、おなかは更に空いていき。。。

お出かけ日和というか、格好のそば日和でしたdelicious

ちなみに私は、冷と温そば、2杯食べましたが、

そば打ち愛好者の方が打ったそばも、「彦三」の店長さんが打ったそばも、

どちらも美味heart04まんづ、んめがった!(←県南の方言で”とっても美味しかった”の意味ですsmile

美味しいおそばを食べるのに夢中で、写真を撮り忘れちゃったんですが・・・

結局、25日には1500食のおそばが出たようで、大きく予想を上回ったとか。

東奔西走するスタッフのいきいきした顔がとっても印象的でした。

「来年も開催したい」とスタッフの方は目をきらきらさせながら語ってくれましたよshine

初開催のそばまつりは大成功!来年も開催してほしいものですlovely

[主催・収穫新そばまつり実行委員会]

(おそば大好き・wasshoiでした)

2009年10月29日 (木)

秋の宮温泉郷の今 <湯の又大滝・秋の宮山荘>

紅葉mapleのピークは過ぎたかもしれませんが、まだまだ秋の魅力溢れる秋の宮温泉郷

好天sunに恵まれた本日の秋の宮温泉郷の様子の紹介です。

まずは、湯の又大滝

Img_7433_3 Img_7434

Img_7437_2

隠れた紅葉の名所の1つなのですが、紅葉のコントラストが見事です。

周りの雰囲気も

Img_7439 Img_7429

赤黄緑と色彩豊かに色づいた木々、道路に敷き詰められた落ち葉のカーペットと、秋真っ盛りmapleといった感じでとっても風情がありましたよ happy01
 

Img_7446_4 国道108号の脇を流れる役内川

 
 

 

 

Img_7447_2浮きつ沈みつ流れてる落ち葉が、太陽の光で煌めいていました。

  

  

 

 

 

Img_7417_3

 

先日紹介があったばかり秋の宮山荘の周りもすっかり秋景色。 

 
入り口の目の前にあった紅葉は、まさしく燃えるよう。

 

  

Img_7420 Img_7419

湯の又大滝の周りもそうでしたが、秋の宮山荘の周りでも、風が吹く度に舞い散る落ち葉を楽しむことができました。
 

木々を撫でる風の さやさや、

舞い踊る落ち葉の カラカラ。

見た目の華やかさだけでなく、自然が奏でる音だって秋の大事な魅力の1つ。

そういう意味では、落ち葉舞い散る今こそがを存分に味わい尽くすチャンスですよwink

 

今週末も、湯沢雄勝に是非どうぞ。

(No.12でした)

第20回たんせ市/平成21年度湯沢市産業祭

10/25 湯沢駅前商店街(サンロード)にて

第20回たんせ市成21年度湯沢市産業祭
                    
が開催されましたhappy01

             Dscn0381_4
                                        ん~いい天気sun

会場では様々な露店が軒を連ね、楽しい雰囲気があふれていましたnote

Dscn0366_2     Dscn0367_5
       お祭りの定番goodフレンチドッグとチョコバナナcatface

Dscn0336_4    Dscn0349
秋田木工ブースでは家具販売chair       稲庭うどんはやはり人気flag

           Dscn0342_4
      おっsign02希少なお肉で知られている三梨牛のブースがsign01

           匂いにつられて覗いてみると・・・eye

           Dscn0343_4
            おいしそうなお肉の串焼きがdelicious

              1本いただいてみると・・・

   お肉の甘みジューシーさが口いっぱいにひろがるぅぅぅぅhappy02

Dscn0332_2    Dscn0358_3

イベントも多数開催event

昼に訪れたときは『よさこい踊り』の真っ最中sign03
迫力熱気あふれる動きで会場も大盛り上がりhappy02

この他に歌謡ショウkaraokeや太鼓・三味線の演奏notesなども開催されました

 

Dscn0373_2   Dscn0375_4
   折紙建築無料体験free             うまくできたかな

             Dscn0371_4
            お待ちかねの抽選会bellには長蛇の列がcoldsweats01
            特賞の液晶TVtvは誰の手にsign02

Dscn0369    Dscn0344_2

Dscn0347_2    Dscn0350
    会場には多数の方が訪れ、お祭りを堪能していましたよsmile

Photo_7

夕方になると、後片付けが開始

お祭りの後はやっぱりさびしい…weep

それではまた来年~paper

(黒猫天放でしたcat

2009年10月28日 (水)

民俗芸能大会

25日に、湯沢市の湯沢文化会館にて開催された

『第33回秋田県民俗芸能大会』を鑑賞してきました♪

その様子をご紹介します!

P1040010_2

秋田県教育委員会の主催で行われたこの大会には、

1.岩崎盆踊り/湯沢市

2.仁鮒ささら踊り/能代市(県指定無形民俗文化財)

3.福米沢送り盆/男鹿市(県指定無形民俗文化財)

4.釜ヶ台番楽/にかほ市(県指定無形民俗文化財)

5.猿倉人形野中吉田人形芝居/羽後町(県指定無形民俗文化財)

6.横沢ささら/大仙市(市指定無形民俗文化財)

7.板戸番楽/湯沢市(市指定無形民俗文化財)

この7団体が、県北や中央からはるばる湯沢へ来て出演。

P1030999  P1040005

(左:釜ヶ台番楽/右:横沢ささら)

ここからは、湯沢雄勝地域の民俗芸能3つを少し、ご紹介しますね。

まずは岩崎盆踊り。男踊りと女踊りがあり、キレのよい振り付けが見ていて爽快。

岩崎地区の冗談も混ぜた「秋田音頭」に、会場では観客の笑い声が。

P1030911 P1030912

続きましては猿倉人形野中吉田人形芝居

人形による口上で始まり、上演されたのは「鬼神のお松七変化」という演目。

美女が短い時間に、鬼へと七変化するのが見所です。表情の恐ろしさに圧倒されます。

美女から・・・・・・・・・・・・・・・おに、オニ、鬼!(七変化すべて撮れませんでしたがcoldsweats01

P1030924

P1030806 P1030807

P1030808 P1030809

最後は板戸番楽

舞台に塩をまき、蝋燭を灯し、厳かな雰囲気で始まった「獅子舞」と、

鶏に夫婦円満と子孫繁栄を託した「二重鶏」の二つが演じられました。

P1030964  P1030979

素人目でも鑑賞できるかな、と知識の少なさを不安に思いつつ足を運んだのですが、

そんな不安はいざ鑑賞し始めるとどこかへ飛んでゆきましたshine

和太鼓の響きや笛の音色が胸に響き、所作の大きな舞を見ているだけで気持ちがしゃんとしたし、

語り口が軽妙で冗談が盛り込まれている演目には、自然と口角が上がりますconfident

見ているだけでも、その世界に引き込まれる民俗芸能は、

きっと参加すればその面白さや歴史をもっと味わえるんじゃないかな~なんて思いました。

(wasshoiでした)

秋の味覚 収穫祭

10月25日、道の駅おがち『小町の郷』で秋の味覚収穫祭が開かれましたapple

今年で10周年を迎えるということで、地元をあげて盛りあげていますshine

今年の目玉は、青森県平内町から直送されるホタテの浜焼きhappy02

養殖ホタテの生産量・生産額共に日本一を誇る平内町にある『ホタテ広場』から

6人のスタッフが駆けつけてくれましたhappy01

会場の10時前から、ホタテ広場のコーナーは長蛇の列sign03

スタッフさんも汗を拭きながら、一生懸命ホタテを焼いていました-。

Photo

Photo_2

Photo_3

そんな中、コッソリホタテのおいしい焼き方を聞いちゃいましたwink

ホタテは下の方が深くて茶色、上が白色をしていますdanger

①まず、白い方を下にして蓋が開くのを待つ。

②開いたらひっくり返して、貝柱にエキスをじっくりしみ込ませる。

③最後に切り離した上蓋(白色)を身にかぶせて蒸す!

これでホタテをジューシーに焼き上げることができますヨnote

実際に食べてみると……あま~いheart04

貝柱が本当に甘くて美味しいup

これはやっぱり新鮮だからこその味happy02

バターの蒸し焼きも、プリプリで大満足でしたーdelicious

スタッフのみなさん、朝早くからありがとうございましたshine

会場では毎年恒例・抽選券付ききりたんぽ鍋や、

小町娘と撮影会など企画がもりだくさんnote

Photo_4

Photo_5

次回の開催も、楽しみにしていますhappy01

イベント情報→道の駅おがち『小町の郷』

(ミポルンガでした)

2009年10月27日 (火)

秋の宮山荘 シリーズ秋の宮温泉郷1

秋の宮山荘

洗練されたホテルライフを過ごしたいなら秋の宮山荘へ。

シンプルで使いやすい客室は、肩の力を抜いてくれる安らぎの空間。

開放的な大浴場に湧く無色透明の湯は、保湿効果も高く美人の湯として有名。

地菜をふんだんに使った、フレンチと日本料理を折衷した創作料理も人気。

バリアフリーも備えた、バランスの良いリゾートホテルです。

ホームページはこちら

Photo 眺めのいい特別室

Photo_2 落ち着いた佇まいの和室

Photo_11展望抜群のリラクゼーションルーム

Photo_3 自然に溶け込む外観

(ミポルンガでした)

ttt

まだ紅葉がはじまったばかりの時期、秋の宮温泉郷にある3つの温泉宿と川原の湯っこを案内してもらいました。

(記事の掲載が大変遅れてしまったこと、深くお詫び申し上げます…。)

秋の宮山荘

洗練されたホテルライフを過ごしたいなら秋の宮山荘へ。シンプルで使いやすい客室は、肩の力を抜いてくれる安らぎの空間。開放的な大浴場に湧く無色透明の湯は、保湿効果も高く美人の湯として有名。地菜をふんだんに使った、フレンチと日本料理を折衷した創作料理も人気。バリアフリーも備えた、バランスの良いリゾートホテルです。

ホームページはこちら

Photo 眺めのいい特別室

Photo_2 落ち着いた佇まいの和室

Photo_3 自然に溶け込む外観

鷹の湯温泉

日帰り入浴は午後2時まで。それは宿泊するお客様に、滞在を満喫してもらいたいからです。3つある立ち湯は、お好みで選べる温度設定。野趣あふれる露天風呂も、役内川のせせらぎと景色をゆったり愉しめる配置に。女湯から男湯が覗ける“仇討ちの湯”なんていう洒落も。お客様のために心をつくす、ご主人こだわりの宿です。

Photo_4 湯治の趣を残す立ち湯

Photo_6 川のせせらぎが優しい露天風呂

Photo_5 野趣あふれる野天風呂

稲住温泉

昭和を代表する建築家・白井晟一がデザインを手掛けた宿。全体に漂う高雅な風情は、数々の高官や文人の隠れ家として愛されてきました。円と黒塗りをアクセントに散りばめたモダンな建築。客室からのぞめる庭園は、その部屋だけでしか愉しめません。優美な空間で静寂に包まれるひとときを提供してくれます。

ホームページはこちら

Photo_7 酒蔵の面影が残る釜風呂・桶風呂

Photo_8 円の使い方が独特

Photo_9 鳥居をイメージした玄関の屋根

川原の湯っこ

川原を掘っていくと、指先に触れる土がだんだんと温かくなっていく不思議な感覚。スコップを使って大きく掘れば、自分だけの足湯が完成! これから徐々に河川環境整備が進められ、さらに川と親しめる区域が広がっていく予定です。

Photo_10

以上でした。

秋の宮温泉郷からのお知らせ。

温泉川柳募集中!
温泉にまつわる五・七・五の川柳を作ってお送りください。(1人2句まで)
たくさんのご応募、お待ちしております!
募集期間:平成21年10月1日~11月30日
詳しくはこちらまで。http://www.akinomiyaonsen.jp/

(ミポルンガ途中です)

2009年10月26日 (月)

ダリア園

以前にも紹介しましたが、昨日またダリア園に行ってきました。

天気も良く、お花もきれいで最高でしたhappy02

結構きれいに撮れたと思うので、余計な説明ははぶきます。

Dsc_0446 アロハ

Dsc_0401 曙乙女

Dsc_0293 瑞星

Dsc_0461幣舞夕日

Dsc_0219

湯沢市にあるダリア園。今月いっぱい営業しているそうです。

ダリア園好きのハムシーンでしたwink

2009年10月23日 (金)

川連塗りフェア

地域をあげての一大漆器祭『川連塗りフェア』が、いよいよ幕を開けましたshine

今日から23日~26日までの4日間、盛大に開催されます。
26社の漆器メーカが参加し、揃えられる作品は5000点。
すべての商品が2割引きで買えるのも、この祭典ならではhappy02

お好みの漆器を求めて、いざ会場へsign03

今年のメインテーマは『いつもそばに…漆器(うるし)がある』。
その言葉通り、椀や重箱といった定番はもちろん、
Myハシ・ビアカップ・アクセサリーなど、生活のちょっとした場面で活躍する品揃えも豊富。
ぽってりとした漆器の形、散りばめられた金箔や漆黒にうっとりしてしまいます。
会場では漆塗りや沈金の実演も間近で見られます。
伝統の技を、ぜひ肌で感じてくださいhappy01

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

別館では『「こんなのほしいな」くらしの漆器展』も同時開催。
生産されている漆器の人気投票が行われています。
1位~3位に選ばれた商品に投票してくれた人の中から、
抽選でその実物がプレゼントされるという嬉しい企画!
こぞってご参加くださいnote

このフェアを主催している秋田県漆器工業協同組合の理事長より、コメントをいただきました!
「一年に一度、業界をあげての祭事なので是非お越しください。
今回お越しになれなかった方は、伝統工芸館で川連漆器の今の姿が見られますので、
そちらへ足を運んでみてください。
たくさんの方のご来場お待ちしております」

鎌倉時代より続く伝統の技を、その目でお確かめください。
今なら道すがら、紅葉も愉しめますよmaple

(ミポルンガでした)

23日の紅葉 <三途川渓谷・小安峡大噴湯>

紅葉が綺麗な三途川渓谷から、木地山キャンプ場こまち湯っくりロード小安峡大噴湯と回ってきましたmaple

 

まずは、三途川渓谷

Img_7282

Img_7285_2 

Img_7286 Img_7291_2

Img_7305 Img_7304

 

県道51号からちょっとそれて、木地山キャンプ場へ。

Img_7312

こまち湯ったりロードからの展望もばっちり。

Img_7318 Img_7319

そして、小安峡大噴湯

Img_7340

Img_7330

Img_7337

どこも、今週末が、一番の見頃かもしれません。

今週末の湯沢雄勝地域は、イベントも盛り沢山ですよnote

こちらにいらして、しっかり湯沢雄勝地域を満喫して下さい。

 

(No.12でした)

2009年10月22日 (木)

イベント予告・秋の味覚収穫祭

きたるべき25日、道の駅おがちでは誕生10周年『秋の味覚収穫祭』が開催されます。

H

当日はきりたんぽ鍋や小町娘と撮影会など、内容充実happy01

なかでも青森県平内町から直送されるホタテの浜焼きは要チェック。

3杯で200円というお手頃価格は見逃せませんsign03

ここでちょっと豆知識。

今回ホタテが収穫祭にやってくることになったのには深い理由があります。

青森で「ホタテ養殖の父」と讃えられる故・山本護太郎さんの故郷が

旧雄勝町下院内生まれだったのです。

いまや平内町は養殖ホタテの生産量、生産額とも日本一。

地元にとって山本さんは、まさに神のような存在なのです。

そんな人を育んだ湯沢市と、活躍の場となった青森県との交流が

このイベントを皮切りにはじまっていきます。

本場のホタテは甘くてとっても美味happy02

数に限りがあるので、お早めの来場をおすすめします。

☆詳しくはコチラ(道の駅おがち「小町の郷」HP)

 

この他に25日は、湯沢雄勝管内でイベントが盛りだくさんnote

・収穫新そばまつり(羽後町)

・湯沢市産業祭(湯沢市)

・川連塗りフェア(川連町)※23~26日

・秋田県民俗芸能大会(湯沢市)

などなど。。。

楽しみいっぱいの週末になりそうですhappy01

(ミポルンガでした)

2009年10月20日 (火)

今日の紅葉情報

maple本日の紅葉情報をお伝えしますmaple

Img_0946_2 Img_0947

Img_0949 Img_0951こちらは、小安郷の大噴湯からの景色ですmaple

今週が見頃では、ないでしょうかhappy01 今日は天候に恵まれず写真が・・すいませんcrying

次は。。栗駒へ向かう大湯道路の紅葉ですup

Img_0958 Img_0957

Img_0960 Img_0969 

さて、次は。。大柳自然公園の移り変わりですwink

Img_0130   9月18日の様子

Img_1005   10月20日の様子

Img_0136

upwardrightここでは、イワナの炭火焼きが食べられるんですhappy02

頭まで食べれますよupまるごといっちゃって下さい。fish 超おいしいですよhappy01

ぜひ、寄ってみて下さいhappy01

Img_1032_2Img_1031_2

見えますか??うっすらと虹が架かっているんですけどcoldsweats01

こんなに、大きな虹は久しぶりに見ましたupなんだか いいことありそうですねwink

みなさんに、幸あれupupclover

以上 くろちゃんでしたさんくす♪(o ̄∇ ̄)/

2009年10月16日 (金)

大阪ほんわかテレビ取材同行 小安峡大噴湯・川原の湯っこ・川原毛大湯滝

今日は、読売テレビの「大阪ほんわかテレビ」さんの取材に同行してきました。

大阪ほんわかテレビ」は、毎週日曜日午後10時30分から11時30分に関西ローカルで放送されている番組で、視聴率13~14%を誇る人気情報バラエティ番組ですnote

ただ、残念なことに秋田県では「大阪ほんわかテレビ」って放送されていないんですよね・・crying

 

今回、「大阪ほんわかテレビ」で取材頂いたのは、小安峡温泉の大噴湯秋の宮温泉郷の川原の湯っこ川原毛大湯滝の3箇所。

3箇所が3箇所とも、他に類を見ない非常に珍しい名物温泉spaばかりですnote

 

それでは、取材の様子を少しだけ・・・

小安峡大噴湯入り口。ここから取材スタートですsign01

Img_7117

リポーターの森たけしさん(読売テレビアナウンサー)、林マオさん(読売テレビアナウンサー)、そして、案内役を勤めて頂いた湯沢市観光協会の奥山事務局長の3ショットnote

Img_7124

大噴湯の迫力や景色の美しさ、それに階段の辛さ(笑)など、大噴湯の魅力を満喫。

Img_7133 Img_7137

 

秋の宮では、川原の湯っこ掘りへのチャレンジ、ラーメンの出前と、川原の湯っこのフルコースを堪能頂きましたnote

Img_7264 Img_7272

 

川原毛大湯滝では、滝の温泉を満喫。周辺の紅葉もとても美しかったですよhappy01

それに、今日が好天に恵まれ、暖かい日だったのが何よりでした。(もう10月も半ばで天気が悪かったりしたら、滝の温泉に浸かったリポーターのお二人は、さぞかし大変だったことでしょうからね・・)

Img_7156 Img_7182

Img_7212 Img_7161

 

駆け足で、撮影の様子を紹介させて頂きましたが、実際には掛け合い漫才も満載で、とても楽しい名物温泉案内でしたよ。

放送区域内の皆さんは、是非、11月1日(日)の大阪ほんわかテレビ」をご覧になって掛け合い漫才の様子を確認してみて下さいね♪

 

(No.12でした)

2009年10月15日 (木)

紅葉の状況(10月15日現在)

湯沢雄勝、15日の紅葉の状況です。

湯沢から東成瀬までぐるっと回ってきました。

Dsc_0866

小安峡付近です。昨日の様子とあまり変わらず、見頃まではもう一息といったところでしょうか。

Dsc_0888

Dsc_0885

須川湖付近はピークをすぎた感じでしたが、はっぱが落ちた分、今までとは違う風景がみえるかもwink

ジュネス温泉ホテルブランのレストランで昼食。

Dsc_0943

Dsc_0929

今日はジュネスおまかせ定食をいただきました。
漬物以外にピントがあっていない・・・のであらためて

Dsc_0933 Dsc_0935

Dsc_0932 Dsc_0934

左上から、豚ロース味噌漬け焼。お肉がやわらかくておいしかったdelicious
煮魚(さんま)、きのこ入り半そば、そしてきのこ。
これにコーヒーがついて850円ですrestaurant

Dsc_0955

ジュネス栗駒カントリーパーク。

Dsc_0959

平日にもかかわらず、パークゴルフを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。
天気も良くて気持ちよさそうです。
写真ではちょっとわかりにくいのですが、この辺りが紅葉の見頃でしたmaple

Dsc_0005

東成瀬の不動滝。仙人修行で滝に打たれるところです。
この辺りは、紅葉にはまだまだ早いようです。

コースのイメージとしては、湯沢ICから、国道398号線を小安峡方面に向かい、そこから須川高原へ。
今度は国道342号線で東成瀬方面に向かい、国道397号線に入りホテルブラン、ジュネス栗駒カントリーパーク、そして山を下りてきて最後に不動滝をみて十文字ICへ、てな感じでしょうか。
よかったらお試しくださいな。

ジュネス温泉ホテルブラン、パークゴルフについてはコチラ

湯沢市、東成瀬村付近の地図はこちら

くれおぱとらっしゅでしたsmile

湯沢雄勝 10月14日現在の紅葉の様子

昨日の記事に、「今の紅葉の様子を教えて欲しい」というコメントがありましたので、取り急ぎ秋の宮温泉郷小安峡温泉の今を紹介します。

 

どちらの温泉郷も、紅葉本番はまだこれからといった雰囲気でしたが、秋の宮温泉郷で話を伺ったところ、例年よりも紅葉の進み方は一週間くらい早そうで、来週にはピークを迎えるかもしれない、との話でしたよhappy01

 

秋の宮温泉郷鷹ノ湯温泉さんから望む役内川の美しい姿がdownwardleftコチラnote

Img_7092

木々の先から徐々に紅葉してきているのが分かります。紅葉の本番も、もうすぐですね。

 

小安峡温泉の辺りも、本格的な紅葉はもうちょっと先、といった雰囲気。

Img_0716

 

本格的な紅葉シーズンが今から楽しみですnote

 

(スタッフAでした)

精養軒のいものこラーメン

shine今日は、羽後町西馬音内にある「精養軒」さんの

いものこラーメンをご紹介いたしますuphappy02

Nec_0001_2

こちらの商品は、季節限定のラーメンheart04

今年初めて、出来たラーメンなんですってえ( ^ω^)おっおっおっ

皆さんは、召し上がりましたか??

たまりベースの芋のこ汁と、醤油ラーメンのスープが見事に 融合した一品ですshine

麺は、細縮れ麺で。。芋の子汁のとろみと相まって 絶妙にスープが絡んで

えも言えぬ 味わいが 食べ終わった後も

余韻が忘れられぬ 美味しさですhappy02noodle

お値段は850円です。

是非・・ご賞味ください( ̄ー ̄)ニヤリ

住所:秋田県羽後町大戸字大戸209-1

TEL:0183-62-3939

定休日:火曜日

地図:http://www.chizumaru.com/map/map.aspx?x=505499&y=141107

以上・・・こばやしょうまかしょ でしたbleah

2009年10月14日 (水)

湯沢雄勝の紅葉の見どころ

栗駒の山の上では、紅葉の見頃が過ぎ落葉も目立ち始めましたが、湯沢雄勝の紅葉の見どころは、栗駒だけではありませんsign01

 

というわけで、これから、見頃を迎える紅葉の名所を幾つか紹介させて頂きます。

 

まずは、「小安峡大噴湯

081028_2 (2008年10月28日)

川原湯橋から見下ろす大噴湯は、色づく木々と吹き上げる湯気とが相俟ってちょっと神秘的な雰囲気ですlovely

橋の反対側から小安峡を見下ろすと、紅葉が川面に反射する美しい景色を眺められますし、大噴湯から見上げる景色も絶景です。

 

続いては、「泥湯温泉」。

081021 (2008年10月28日)

紅葉に染まった山並みと真っ白な山肌とのコントラストが印象的ですlovely

 

そして「三途川渓谷」。

Photo  (2008年10月28日)

湯沢市内から泥湯温泉や小安峡に向かう県道51号沿いにあるV字型の断崖絶壁の渓谷。

この写真は、橋の正面の絶壁に広がる紅葉ですが、高さ40mの三途川橋から見下ろす紅葉の眺望も抜群ですlovely

 

この他にも、秋の宮温泉郷の湯の又大滝川原の湯っこ、東成瀬村の天正の滝すずこやの森など湯沢雄勝には紅葉の見どころが盛り沢山note

 

ぜひ皆さんも、秋に染まった湯沢雄勝をお楽しみ下さい。

 

(スタッフAでした)

2009年10月13日 (火)

森の市

雄勝広域森林組合主催で、『森の市』が開かれましたhappy01

春と秋に開催され、今年でなんと10年目。

秋のメインはきのこの即売会ですmaple

先着300名様に苗木のプレゼントがありましたが、私が到着した時にはすでに遅しdown

みなさん、朝から気合い十分だったようですcoldsweats01

きのこの即売も売れ行き好調sign01

とびたけやなめこがありましたが、開始直後に関わらず売り切れ寸前。

店員さんも満面の笑顔ですhappy01

Dscn02011

野生の木の実試食・即売会コーナーには、見知らぬ実や枝がたくさん。

気になりながらも小心者ゆえ、少し離れた所から眺めていると、

店員さんがにこやかに説明をしてくれましたhappy02

P1030522

Dscn02151

ツルコケモモの実はキングベリーと呼ばれるくらい欧州では貴重品だということ、

はっかのあの香りは、葉を擦った時に出る、などなど。

ここに並ぶ物産は、あの台風の中、山から採ってきたそうでsign03

貴重な品の数々&ご説明、ありがとうございましたshine

木工教室のコーナーでは、子どもたちがラック作りに奮闘。

おじいちゃんおばあちゃんが孫に、手取り足取り教えている姿にほっこりconfident

休日のお父さんの頑張りにも声援を送りたくなりました~。

Dscn02201_3

山の恵みがあふれていた森の市。

地域住民の交流の場としての役割も担っているようです。

今度は来年の春、開催予定。

是非、足を運んでみてくださいねnote

ミポルンガでした。

2009年10月 9日 (金)

秋田内陸線

秋田県の真ん中、鷹巣から角館まで走っている内陸線。
先日、その内陸線に乗車してきましたtrain
今回乗ったのは仙北市の八津駅から角館駅までの短い区間でした。

八津といえばかたくりの群生地、という知識はあったのですが、行ったのは今回がはじめて。日本一大きいといわれる西明寺栗の栗園見学が目的でした。「赤倉栗園」さんを見学させていただいたのですが、大きなイガ栗がぼっとぼっとと落ちてきました。(赤倉栗園さんでは団体のみ受け入れているそうです。)。

Dsc_0628

Dsc_0636

この栗園が春にはかたくりの群生地になると聞きびっくり。

Dsc_0639

Dsc_0640

乗車したのは、10月1日から11月29日まで運行されている「錦秋号」。

Dsc_0654

内陸線沿線はこれから紅葉の季節を迎えます。車窓に広がる紅葉maple・・・美しいでしょうね~

八津駅からは西明寺、羽後太田、そして角館。
列車内には観光アテンダントさんが乗車していて、いろいろ説明がありました。
途中、停止してしまうのではないかと思うほどの速度になり、見えてきたのが・・・
「ないりっくん」!田んぼアートです。かわいいlovely

Dsc_0676

他も乗客から歓声があがっていました。すてきなサービスですsign01
普段乗る電車は横並びの座席。でも内陸線はボックス席になっていて、ローカル線の雰囲気むんむんです。
駅弁とビール・・・なんて気分になりました。
「錦秋号」は快速なので羽後太田駅には停車せず、ほんとにあっという間でしたが、楽しい時間を過ごせました。

角館駅からは、「かくのだてお菓子巡りガイドブック」を片手に街歩き。
ちょうどお菓子のスタンプラリーをやっていて、ついつい買い食いです。

Dsc_0714

八田菓子舗さん(電話0187-53-2053)の紅葉だんごです。おいしかったぁdelicious
さらに西明寺栗を使ったお菓子も色々なお店で売っていて、大量に買い込んでしまいました。(栗のお菓子は写真を撮る前に食べちゃいました・・・bleah

この日は西明寺栗を使った料理の発表会もあり、ちょっと見学させてもらいました。工夫をこらした色んな料理がありましたrestaurantお菓子ばかりではなく、栗ご飯、栗のスープなどもありました。栗のソーセージがおいしかった!

Dsc_0738 Dsc_0735

栗のソーセージは「しちべえ」さん(電話0187-54-3295 )で出しているそうです。

紅葉だんごも栗料理も期間限定かもしれないので興味のある方は事前に確認してから行ってみてください。

今回の角館の街歩きは武家屋敷までは行かなかったのですが、結構楽しめました。
新しい角館の歩き方発見!といった気分です。

湯沢から角館はちょっと遠いイメージだったのですが、実際は車で1時間ちょい。意外に近いのです。
角館観光の宿泊先といえば田沢湖高原あたりの温泉が多い気がしますが、角館から田沢湖高原まで1時間弱ぐらいだし(たぶん)、湯沢までとそんなに変わらない気がします。(ちょっと強引か?)
角館の街を散策して、泊まりは湯沢の温泉なんていかがですか?

内陸線についてはコチラ
仙北市の観光情報についてはコチラ
「かくのだてお菓子巡りガイドブック」についてのお問い合わせ先
  仙北地域振興局 電話:0187-63-5226

ないりっくんの田んぼアートは季節物です。早くいかないと刈り取られちゃうかもsign02

くれおぱとらっしゅでしたsmile

栗駒山麓湯めぐり回廊

岩手、宮城、秋田の三県にまたがる栗駒山。
現在の栗駒山周辺の道路状況や、温泉紹介のHPができましたので紹介します。

栗駒山は昨年の地震で大きな被害を受けましたが、秋田県側は現在は通行止めの箇所もなく、お休みされていたお宿さんも再開されています。
岩手、宮城側ではまだ一部に通行止めや立入禁止の場所がありますが、徐々に復興が進みつつあります。

このブログでも栗駒山の紅葉状況をお知らせしていますが、お出かけの際は、最新の道路状況等をこちらでご確認ください。→「栗駒山麓湯めぐり回廊」(宮城県庁HP)

2008101611

紅葉は、須川湖周辺から下のエリアに見頃が移ってきているようです。
今年は例年より1週間から10日ほど早いとききます。
小安峡の紅葉ももうそろそろはじまるのかな。
参考にならないかもしれませんが・・・写真上は小安峡大噴湯付近の、H20年10月16日の様子、下がH20年10月31日の様子です。(カメラの設定のせいか、実際より緑が強い写真になってしまいましたthink

200810312

小安峡の観光情報に関するお問い合わせ先 皆瀬観光協会 電話:0183〈47〉5080 

最近の記事とは違い、ちょいと堅い感じになってしまいましたが・・・

ハムシーンでしたwink

2009年10月 8日 (木)

仙人郷から、なる仙くん!

かわいさ、そして、仙人。

これまでにはない、なんとも斬新な組み合わせ。

今日はそんなゆるキャラを紹介します。

Narusenn_3 

キュートな瞳に、仙人の出で立ち。東成瀬村の新・ゆるキャラ、

その名もなる仙くんsign01

(10月6日の当ブログにも登場してもらいましたhappy02

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、

東成瀬+仙人=”なる仙くん”です。

なる仙くんは平成20年11月9日生まれで、

現在秋田で一番新しいゆるキャラなんですってheart04

この愛らしい”なる仙くん”は、東成瀬小学校と東成瀬中学校の生徒さんからの

アイディアで生まれました。

この一年間で、東成瀬村の保育所にサンタ姿で訪問したり、

おがち道の駅のイベントに参加したり。

なんと、NHKラジオ体操や、秋田朝日放送の番組に出演したこともあるんですよtv

どんどん活躍の場を広げてゆく、なる仙くんですshine

ちなみに、ライバルは秋田最強のゆるキャラ、スギッチだとか。

(スギッチはとってもいい先輩だよ、とも言っていましたsmile

Narusenn_4 

オファーさえあれば、東成瀬村PRのため、

県内どこへでも!それから県外へも!出張可能だそうですrun

P1030513

イベントには、なる仙くんを是非呼んでくださいup

冬にはサンタ姿で行くぞxmas

なる仙くんの今後の活躍に期待ですbell

なる仙くんへの出張お問い合わせはこちらpaperheart

東成瀬村商工会 TEL0182-47-2151

http://shoko.skr-akita.or.jp/higasinaruse/

昨日、なる仙くんに会えて大興奮の 黒猫天放・おがわっしょい でしたmaple

2009年10月 7日 (水)

コケ丸くん・秋

10月31日のハロウィーンに向けて、コケ丸くんもお召し替え。

かぼちゃのなかにスッポリ収まって、可愛さMAXheart04

Photo_2

店内にはハロウィーンコーナーも作られて、楽しい雰囲気にhappy01

Photo_3

ディスプレイは店員さんがコツコツと手作りしているそうですsign01

次に行った時には、また新しい仲間が増えているかも?

お化けかぼちゃに魔女や黒猫…。

お祭り気分が盛り上がってきて、つい「トリック・オア・トリート!」と

叫びたくなるのを自重した、オガワッショイ&ミポルンガでしたcoldsweats01

キュートでポップなコケ丸くんがいっぱいのお店はこちら

近日中に、キティちゃんモデルも販売されるそうですよぉ。

要チェックsign03

Photo_5

2009年10月 6日 (火)

栗駒高原の大湿原とブナ原生林を行く

10月1日、折からの好天sunに誘われるように、絶景mapleのロケーションとパノラマを求めて、栗駒高原に歩を進めましたrun

栗駒山荘の駐車場に到着したら・・・見てくださいsign01錦の絨毯がすぐそこまで敷き詰められていますw(゚o゚)w

Img_0276

あれっeye 何やら不思議な生き物が・・・UMA?

Img_0269 Img_0273_2

違いました(^-^; ここ東成瀬村商工会の新マスコットキャラクター‘なる仙くん’でしたhappy01
脇を固める綺麗どころは・・・ヒ・ミ・ツbleah

栗駒山荘の露天風呂から西の方向を望むと、奥羽山脈から出羽山地にかけての大パノラマの彼方に鳥海山が、その雄姿を現しますfuji紅葉も最盛期まで後数日sign01

Dvc00131 ん~ちょっと雲がcloud・・・despair

眼下に広がるイワカガミ湿原を歩いてみましたdelicious
広大な湿原を囲むようにブナの原生林が色づき始めていて、爽やかな秋風が優しく吹き渡っています(o^-^o)Img_0314_4

Img_0320_3

次にシラタマノキ湿原(泥炭地)に行ってみましたdeliciousImg_0372_2  

Img_0366

泥炭の露頭が紅葉初期の緑から赤へのグラデーションの中に黒く異様を放っていますsign01

まだまだ、栗駒高原の大自然の紅葉を堪能するビューポイントは、たくさんありますが、その素晴らしさは、是非実際に足を運んで見ていただきたいと思います(◎´∀`)ノ
見頃は、今週後半から来週にかけてと思われます。連休の好天を祈りたいと思いますsun

P.S 野鳥の森のブナ原生林の中を通る遊歩道を歩いていたら、排泄からそれほど時間を経ていないだろうと思われる熊の糞があり、運命の出会いを果たす前にスタコラサッサと森から脱出してきました( ̄▽ ̄;)Img_0343_2

ワッsign01こわっshockヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

以上、取り留めもなく綴りましたが、初投稿のコバヤッショウマカショウでしたo(_ _)oペコッ

栗駒山 2009年10月1日の紅葉(賽の碩~八幡平)

2009年10月1日の栗駒登山の帰り道、名残ヶ原をまっすぐ降りるコースではなく、浄土平賽の碩八幡平などを回るコースを歩いてきたので、そちらの紅葉の様子を紹介します。

名残ヶ原から賽の碩までの登山道は、両脇の木々が色づきmapleかけていて、非常に良い塩梅でしたnote

Img_7043 Img_7045

そして木漏れ日のトンネルを抜けると

Img_7054 Img_7056

紅葉に鮮やかに彩られた世界が広がります。

Img_7057

Img_7060

白い岩肌も紅葉と良いコントラストを描いていて、とても魅力的な景観でしたよ lovely

Img_7059 Img_7063_2

木道を進むと、少しづつ白い岩肌に周囲を覆わるなど、変化に富んだ景観で楽しく歩くことができました。

Img_7064 Img_7066

Img_7068

八幡平辺りからは、また紅葉に彩られた山道へと登山道は姿を変え、そこから一気に登山口の駐車場までの下り道となっていました。

Img_7070 Img_7074

下山してからは、登山の汗を流すため、一目散に栗駒山荘の露天風呂を目指したのでしたhappy01

やっぱり栗駒山荘の露天風呂からの景観は絶品でしたよnotes

 

(No.12でした)

2009年10月 5日 (月)

栗駒山 2009年10月1日の紅葉(天狗平~岩頭)

さて前回に引き続いて、2009年10月1日の昭和湖の先、天狗平までの様子や岩頭からの景観といったの栗駒山紅葉の様子の紹介します。

昭和湖から天狗平まで登る登山道は、この須川方面のコースでは最大の傾斜を誇ります。

逆に言うと、ココさえ載りきれば、あとはゆっくり登るだけになるので、疲れていてももう一踏ん張りですgood

Img_6940 Img_6929

灌木に囲まれた急傾斜の階段を上りきると、一気に視界が開け、体に風も感じられるため、とても気持ちいいですwink

Img_6944

Img_7002 Img_7007

今回、天狗平から眺めた頂上はdownwardleftのとおり、雲に覆われていたため、雲に覆われないうちにと、岩頭へと急ぎました。

Img_6952

天狗平から岩頭までの登山道には灌木の枝が張りだしていたので、枝に注意しながら道を進みます。 

Img_6953 Img_6955

岩頭は、3県にまたがる絶景地。昭和湖、竜泉ヶ原、秣岳、須川湖と様々な景勝ポイントを一望できる大パノラマが広がりますheart04

Img_6959

Img_6958

Img_6961

Img_6994

風の音だけが聞こえる中で見下ろす他では味わえない絶景sign03

実際にこの場に立つと写真では伝わりきらない感動heart02がありますので、是非皆さんにも一度味わっていただきたいものです。

 

(No.12でした)

2009年10月 4日 (日)

栗駒山 2009年10月1日の紅葉(地獄谷~昭和湖)

さて前回に引き続いて、2009年10月1日の苔花台の先の地獄谷から昭和湖の近辺までの栗駒山紅葉の様子の紹介します。

紅葉が盛りで美しかった苔花台のを過ぎ、少し先に進むと川を渡る箇所があります。この辺りはちょっと登山道も狭くなっていますので、ご注意下さいね。

Img_6904 Img_6906

Img_6910 Img_7028

 

更に進むと、今度はよく整備された登り道が続く地獄谷付近に出ます。

Img_6913 Img_6915

 

この地獄谷を周りの風景を眺めながら登り切るといよいよ昭和湖に到着ですhappy01

Img_6927

Img_6924

ついついコバルトブルーの湖面に目が吸い寄せられてしまいます。

Img_7016

Img_7015_2

様々な角度から見てもこのとおり。昭和湖のかくも鮮やかな色彩は強く印象に残りました。

 

さて、次は天狗平岩頭からの景色を紹介します。

(No.12でした)

2009年10月 2日 (金)

栗駒山 2009年10月1日の紅葉(名残が原~苔花台)

今回は、2009年10月1日の栗駒山紅葉の様子の紹介です。

先日(2009年9月20日)訪れたときは、山頂付近が紅葉のピークといった感じでしたが、10月1日には昭和湖、苔花台、名残が原といった辺りまで紅葉のピークは下ってきていましたよ。

 

この日は好天に恵まれていたため、(栗駒山登山の起点である)須川ビジターセンターの駐車場からは鳥海山の姿もはっきり遠望することができましたnote

Img_6874

 

今回の登山で選択したのは、栗駒山荘の隣にある駐車場から登り始めて、名残が原を経由して登る登山コース。

Img_6876 登山道入り口

Img_6879 Img_6881_2

登り口からの登山道は非常に登りやすい感じです。

Img_6889

名残が原では木道となっていて、こちらも足取り軽く歩くことができます。

Img_6888 Img_7039

この辺りから木々の彩りも深まり、景観を楽しみながらの登山が続きます。

そして、名残が原を越えて進み・・・・・・

名残が原から昭和湖までの中間あたり、産沼コースとの分岐点にあたる苔花台(たいかだい)の到着すると、この周辺の色づきが一番鮮やかでしたheart04

Img_6895

Img_6896_2

Img_6897

Img_6900 

Img_7034

Img_7036

日に照らされて輝き、彩りを増す紅葉の姿は本当に魅力的ですlovely

苔花台から先の様子は、また次に紹介させて頂きますね。

 

(No.12でした)

唐松神社に行ってきたよぉ

  先日、大仙市協和にある「唐松神社」に行ってきましたup

唐松神社への周辺地図

唐松神社は、古くから子授けと安産の神様として、親しまれています。

県内はもとより、北は北海道 南は沖縄まで 津々浦々から子宝授かりの祈願に訪れる

方々が、後を絶たないほどの 御利益があるそうですhappy01

 

Img_0244_4 upwardleftこちらが 入り口の鳥居です

中へ進むと・・・

Img_0245 Img_0254

Img_0246_3

中に入ると、立派な杉並木があります。

この杉並木は、県指定の天然記念物になっているんです。この杉並木がまた荘厳で

神域に 近づいているみたいなup

一歩ずつ 踏み入れて・・・

Img_0249 中に入ります。。。

中には、鈴bellがたくさんありました。なぜかと 言うと・・・・

flair祈願成就への順番flair

one良縁・結縁を祈願

two子宝授かりを祈願

three安産祈願

four子安祈願

onethreeまでが成就したところでそのお礼と、更にfourを祈願して、鈴bellを奉納する。

Img_0252_2 upwardleftこちらが 天日宮ですshine

石畳を歩いて、堂々巡り。

女性は、左から 男性は、右側から回ると言う迷信が・・

私は、左から行きましたよwink うちの若手のホープ(男)は、左から行ってましたけどcoldsweats01

どちらでも いいのかも・・

後ろに回るとup

Img_0251

左から 抱石男石(授子) 玉鉾石(結縁子安) 女石(安産) ですsign03

お間違いの ないように ねっheart04

真ん中の石を 撫で回すように触りまくってきましたuplovely

ちなみに・・・

若手のホープは 「頭がよくなるように・・」と 願ってました。coldsweats02

確実に  間違ってます。  余談・・でした・・・・smile

以上 初投稿(くろちゃん)でしたアpaper

2009年10月 1日 (木)

栗駒登山 追記 天狗平~岩頭方面

9月20日の栗駒登山(登山の時の山の様子は前の記事を見て下さい)では、下山の途中、天狗平分岐点から秣岳に向かうコース(天馬尾根コース)をほんの少しだけ行ってみたので、そちらから撮った写真を紹介します。

53 42

分岐点から岩頭に向かう途中はブッシュも多く、多少かき分けながら進む感じになりました。

岩頭の辺りからは、秣岳須川湖の姿を一望できる大パノラマが広がりますhappy01

Img_6657

43 Img_6657_2

秣岳への縦走路(天馬尾根コース)は、upwardleftこの尾根を伝って栗駒山から秣岳まで歩くコースで(結構距離はありますが)しろがね草原など見どころが多いです。

downwardleftこちらは昨年の写真ですが・・・しろがね草原は靄の中でも見応えがありましたよ。)

H20

 

今回は岩頭近辺で元の登山道へと引き返したのですが、この縦走路からの栗駒山は、分岐点辺りからの眺めとはちょっと違った姿で、こちらもまた魅力的でしたheart04

48

51

52

栗駒登山の際、天気が良ければ、ちょっと岩頭方面まで寄り道してみるのはいかがでしょう?

 

(No.12でした)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »