2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旧長谷山邸 | トップページ | 秋田・湯沢 七夕絵どうろうまつり »

2009年7月30日 (木)

岩屋堂  ~小野小町終焉の地

秋田県湯沢市小野地区には、小野小町伝説が残されています。(6月に行われる小町まつり本祭りの様子 宵祭りの様子)も魅力的ですwink

この伝承の中で小野小町が晩年自像を刻んで92歳まで住んだと言い伝えられている祠が、この岩屋堂です。

Img_5502

岩屋堂は、小野小町伝説縁の史跡が集まる小野地区(小野地区の小町史跡まっぷコチラ)を見下ろす小高い山の中腹にある洞窟で、かなり狭い山道を進んでから駐車して10分ほど登るか、山の登り口辺りで駐車して2~30分ほど登るかすると行くことができます。

今回は上の駐車場まで車で行きましたが、運転に自信のない方は歩いて登ることをお勧めしますcoldsweats01

上の駐車場周辺には小さな滝も。   山道をぐんぐん登ります。

Img_5500 Img_5501

ちょっと息が切れ始めた頃、岩屋堂が見えてきました。

Img_5502_2 Img_5504

きちんと遺跡について説明した案内板もあります。

中はかなり広く、これだけの広さならここで暮らすこともできただろうと思わせてくれます。

Img_5507

奥に見えるのは小町像。

Img_5510

今では杉が伸びているため、ここから小野地区を見渡すことはできませんでしたが、当時は見渡すことができたのでしょうね。

などと色々と思いをめぐらせることもできます。

  

また、写真を写すとき、手前できらっと光を反射する物があったので、何だろう?と近づいてみると

Img_5509

羽後町の美少女キャラクターのカードがcatface

このデザインは、羽後町産のあきたこまちのパッケージのものなので、どなたかがこまち繋がりでお供えして行かれたのでしょうね。

 

この岩屋堂をはじめとした小野小町縁の遺跡を訪れることで、千年の昔に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか?

 

◎岩屋堂 

地図  史跡まっぷ10番の地点

(No.12でした)

« 旧長谷山邸 | トップページ | 秋田・湯沢 七夕絵どうろうまつり »

歴史・建物」カテゴリの記事

(地域) 雄勝・秋の宮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1158679/30758026

この記事へのトラックバック一覧です: 岩屋堂  ~小野小町終焉の地:

« 旧長谷山邸 | トップページ | 秋田・湯沢 七夕絵どうろうまつり »