2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

「菊地旅館」さん

 今日は、国道13号線沿い、JR院内駅の裏側に位置し、旅館を経営すると同時に食堂も人気の「菊地旅館」さんを紹介します。

 先日、タウン情報誌のラーメン特集でも取り上げられた名店のようです。

 今回注文したのはラーメン特集でも紹介されていた「みそラーメン」ですnoodle

20090203600_3

 見た目は「やっぱり『みそラーメン』ってこうだよね~」と頷きたくなる正統派。スープはニンニクが効いているのかチョット辛みのあるまろやか味噌。麺は手揉み風中太縮れ麺。あまり県南では見ない麺のようです。自家製でしょうか?そう、昔、東京で食べた「福しん」さんの「手揉みラーメン」の味噌版の様な雰囲気です。

 野菜の炒め具合も絶妙で、麺とスープの相性も抜群delicious 今回は、漬物とカボチャの天ぷらのサービスも。(次回、付くかどうかは判りません。)

 ただ、ニンニクが後からジワジワと効いてきますので、午後から接客される方は要注意ですcoldsweats01

 いろんなラーメンを食べ歩いている方、たまには正統派の「みそ」でもいかがですか?

 「菊地旅館」さんの「みそラーメン」600円也。

標高140mでした。

2009年3月26日 (木)

栗駒高原 れんこんヨーグルト

確実に春が近づいてきている今日この頃。

花粉症の方にとっては悩ましい季節の到来でもあります。

今日は、花粉症に効果があるといわれる栗駒フーズの「栗駒高原れんこんヨーグルト」を買ってきました。

(花粉症対策としてのレンコンの効果については、インターネットで検索して自分で調べてみてくださいねnote

Img_2960

Img_2966

はっきりとレンコン入りと記載されてます♪

味は普通のヨーグルト、気持ちまったりしているかなぁ、という感じ。

 

ヨーグルトとしても美味しいので、花粉症にお悩みの方は試してみるのも良いかもしれません。

 

(スタッフAでした)

2009年3月23日 (月)

釣りキチ三平ロケ地の今

先週末から映画「釣りキチ三平」が公開されました。

そのロケ地の1つ、湯沢市秋の宮の役内川の今の様子がこちらです。

Img_2910

まだまだ周りには雪が多く、春の訪れを待っているという雰囲気。

各地から桜の開花のニュースが入ってきてはいますが、東北への春の訪れは、まだもうちょっと先のようです。

 

(スタッフAでした。)

2009年3月21日 (土)

「そば屋 彦三」さん

今日は、「そば屋 彦三」さんを紹介します。

こちらのお店は、秋田花まるっグリーンツーリズム推進協議会にも参加されていて、農家の主人が蕎麦の栽培から蕎麦打ちまですべてを行うこだわりの店です。

 

また、お店の外見にも特徴がありまして・・・・このお店には看板がありません!!

Photo_3 Photo_4

家の前には駐車場があるので、はじめての方でも「おそらくこのお宅がお店なのではないか・・・」と想像はつくとは思いますが、入るのにちょっと勇気が要りそうですねcoldsweats01

お店の中の雰囲気もdownwardrightこんな感じで、民家らしい佇まいがあり(部屋の中には仏壇もあったり)、その上、囲炉裏など昔ながらの雰囲気が感じられるのも嬉しいです。

Img_3681 Img_3682

 

今回注文したのは、彦三セット(1300円)note

Img_3669

この彦三セットは、「冷やがけ(半人前)、そばサラダ揚げそばがき、にしん甘露煮、薬味、漬け物、そばきな粉」と、バリエーション豊かな蕎麦の味を楽しむことができますlovely

Img_3673 Img_3671

Img_3675 Img_3677

はじめて食べたそばサラダは、シャキシャキの水菜の食感がアクセントになっており、ドレッシングも酸味や甘みが強めになっているので、冷やがけとはまるで違う味わいでしたhappy01

揚げそばがきのもちっとした食感など、普段はなかなか食せない蕎麦の料理を味わえますよ。

 

そば屋 彦三」さんの営業時間・定休日・地図などはこちらをご参照下さい。(秋田花まるっグリーンツーリズム推進協議会HP内)

 

(スタッフAでした)

2009年3月19日 (木)

羽後町物産展in秋葉原

3月20日、21日、22日の3日間、東京秋葉原UDXにて、羽後町物産展が開催されます。

JAうごさんの「あきたこまち」&「羽後牛カレー」、

農事組合法人こまち野さんの「いちご以前にも紹介したうご野いちごちゃん」)、「ロールケーキ」(「うご野いちごちゃんロール」)

菅原酒店さんの本格焼酎「花嫁道中

といった西又葵さんのイラストなどで話題となっている商品から、

泉栄堂さんの「若返りまんじゅう

など羽後町ならではの特産品まで、様々な商品を取り揃えていますので、ぜひお越し下さいnotes

 

場所: 東京 秋葉原UDXアキバ広場タリーズコーヒー前

日時: 3月20日~22日 11:00~16:00

(イベント主催者からの情報はコチラ

  

スタッフからの情報提供でした。

2009年3月18日 (水)

釣りキチ三平フェア

アカデミー賞を受賞した滝田監督による新作「釣りキチ三平」が、3月20日から公開されます。
その公開にあわせて、20日~22日まで、東京品川にある秋田県のアンテナショップ「あきた美彩館」で釣りキチ三平フェアが開かれます。
釣りキチ三平の作者矢口高雄さんは、秋田県の横手市出身で、映画の撮影は秋田県を中心に行われ、県内では湯沢市、東成瀬村、横手市、由利本荘市、五城目町などで行われました。

釣りキチ三平フェアでは、矢口先生のサイン入りsign01の三平グッズや、リンゴジュース等の特産品のほか、鮎ルアーの注文販売も行われます。

また、20日、21日には有楽町の東京交通会館でも「釣りキチ三平の郷フェア」が開催されます。
こちらでも三平グッズや由利牛カレー、五城目源流米などの販売がありますので、ぜひお越しください。
首都圏にお住まいの方にもご紹介ください。

釣りキチ三平フェア
場所:東京都港区高輪 あきた美彩館
日時:3月20日 12:00~17:00
      21日 11:00~17:00
      22日 11:00~17:00

釣りキチ三平の郷フェア
場所:東京都千代田区有楽町 東京交通会館 1階イベントスペース
日時:3月20日 10:00~18:00
      21日 11:00~17:00

詳細はこちらをご覧ください。

ハムシーンからの情報でした。

2009年3月17日 (火)

湯沢市凧あげ大会 その2

3月15日()に湯沢市B&G海洋センター前広場で開催された『第52回湯沢市凧あげ大会』、その凧あげ大会の様子を昨日の記事(主に大凧の紹介記事)に引き続き紹介します。

まずは、凧上げ会場の様子を。沢山の凧が大空高く舞っていました、が写真に写すと凧が点のようにしか見えませんねweep 

039

真剣に凧をあげている子どもも沢山いましたwink

Photo

湯沢市の凧あげ大会、ということで、もちろんまなぐ凧も数多く空を舞っていましたが、空高く舞いすぎていて、なかなか良い具合に写真に納まってくれませんcrying

downwardleftこんな感じで・・・・ これではあんまりなのでdownwardrightで囲んでみましたがこのとおり・・

Photo_2

遠景ではどうしようもないということで、比較的良く撮れていた写真を拡大したものがこちら

028

やっとまなぐ凧の表情が拝めましたcatface

 

今回の凧あげ大会、湯沢凧だけでなく他の地域の凧上げ同好会などの方々が持ち込んだ凧も空を舞っていました。

その中でも特に目立っていたのはコチラdownwardleft

006

今年の大河ドラマ「天地人」の主人公直江兼続を描いた凧。

新潟白根の六角凧でしょうか?

この凧も、昨日の大凧ほどではないもののかなりの大きさで、空を舞っていてもその姿をしっかり捉えることができましたhappy01

003_2 023_4

その他にも、飛行機をかたどったこんな凧downwardleftも。

049_3

凧あげ大会の間中、外にいて体の冷え切った参加者・見学者には豚汁のサービスもありましたhappy01

046

ネギをはじめ具たっぷりの豚汁でしたheart01

最後に、開会式と同じ会場に戻り、閉会式が行われました。

多くの子どもたちが参加した少年の部をはじめ、技術的に優れた人が優秀賞などの各賞を受賞していました。

051

たくさんの子どもたちが楽しむことができるのも凧の魅力の1つですよね♪

(スタッフAでした)

2009年3月16日 (月)

秋の宮便り 役内川の岩魚

春めいているような、いないような。今日は比較的暖かい日でしたが、おとといは猛吹雪。

そんな秋の宮を縦断する雪解け水が流れる役内川が、この春脚光を浴びるようです。

カデミー賞を受賞した滝田監督による新作「釣りキチ三平」がいよいよ今週末上映されるのです。

映画にでてくるシーンの撮影は作家の地元である秋田で行われたのですが、渓流釣り大会のシーンはここ秋の宮の役内川で行われました。

ものすごいエキストラの数と、スタッフだったのを覚えております。しかも、生憎大雨で増水して、撮影日数もかかっておりました。

雄勝オービオンでも3月21日映画が上映されます。

秋の宮の風景はどんな風に映っているのでしょうか?

ちなみに秋の宮山荘ではこれを記念して宿泊プランを実施します。

Y309104066

ぜひ泊まるもよし、釣りをするのもよし秋の宮へ来てください。

秋の宮温泉郷ホームページ

秋の宮山荘ホームページ

湯沢市凧あげ大会 その1

3月15日()に湯沢市B&G海洋センター前広場で開催された『第52回湯沢市凧あげ大会』に行ってきました。

 

まずは、健康ドーム内での開会式の様子。県外からの参加者や、沢山の子どもたちも参加していて楽しそうです。

Photo

同じく開会式の様子ですが、注目して欲しいのは左downwardleftの写真の奥に見えるこのdownwardright大凧wink

Photo_5 Photo_6

高さ4mもあろうかというこの大迫力の大凧、飾ってあるだけと思いきや、大会が始まるとこの凧も大空に舞い上がるのでしたcoldsweats02 (風が弱いとあげることができないらしく、毎年上がっているわけではないそうです)

Photo_9 Photo_11

数人がかりで、大凧をあげる準備をしているところ。準備をしている人たちと比較すると凧の大きさがよく分かります。

 

Photo_12

そして、テイクオフhappy01

Photo_13

Photo_14

大空に高々と舞い上がりましたheart04

他の凧とは全然大きさが違います。あんなに大きな凧でもちゃんと空中で安定させられるものなんですね~。

 

大凧だけで随分と紙面を費やしてしまったので、他の凧の様子についてなどはまた明日にでもアップしますねcoldsweats01

(スタッフAでした)

2009年3月14日 (土)

愛好家のキルト展

『愛好家のキルト展』が昨日から、西馬音内盆踊り会館で開催されています。

2009_0313_160600aa

会場内では、人気作家 黒羽志寿子先生の作品と
羽後町在住のキルト愛好家の作品が展示されています。

2009_0313_161909aa

2009_0313_160919aa
明日、15日()午後2時からは、黒羽志寿子先生の講演会も開催されます。
入場無料ですので、ぜひご来場ください。

愛好家のキルト展
期日 3月13日(金)~22(
時間 午前9時~午後4時
会場 西馬音内盆踊り会館(地図はこちら
入場無料

2009年3月13日 (金)

郷の駅どーもどーも

 今日は、「郷の駅どーもどーも」さんを紹介します。

 「郷の駅どーもどーも」さんは、平成20年4月に湯沢市秋ノ宮温泉郷内(秋の宮山荘さんの隣)にオープンした、地元農産物や特産品を販売などする施設で、地元の住民組織「秋ノ宮温泉郷振興会」が運営しています。

 施設の1階には地元で取れた山菜や農産物などを販売する産直コーナーや稲庭うどんや漬物など地元の特産品を販売する物販コーナー、さらに2階には秋の宮温泉郷内にある「秋乃宮博物館」の収蔵品を展示する「なつかし博物館」が設置されています。

  Photo_2 Photo_4

休業中の秋ノ宮スキー場のロッジを活用した建物です。

 

Photo_5

一階の物販コーナー等の様子。稲庭うどんやこまち麺(米粉を使った麺)など様々な特産品などが置かれています。

 

Photo_6

2階なつかし博物館への階段です。

なつかし博物館では、下の写真のように、昔懐かしいものが所狭しと並べられています。

Photo_7 Photo_8

昔の調度品など                      缶詰や瓶など

Photo_10 Photo_12

昔郵便配達に使ったであろう自転車とヘルメットのセット。鞄のへたれ具合が、この自転車が活躍した時間の長さを物語ります。

 

この他にもいろいろと雑多にさまざまなものが並んでいるので飽きません。

トイレも利用できますので、秋の宮温泉郷を訪問の際はお気軽にお立ち寄りください。

 

郷の駅どーもどーも

 開館時間:午前8時30分~午後5時30分 (原則月曜日休館、月曜日が祝日の場合はその翌日)
 問合せ先:183-56-2492
 場   所:国道108号線沿い 秋の宮温泉郷内 秋の宮山荘隣

大きな地図で見る

(スタッフAでした)

2009年3月12日 (木)

うご野いちごちゃん

今、美少女イラストを用いた商品で話題の羽後町。
今日、前から気になっていた「うご野いちごちゃん」を入手しました!

ここが「うご野いちごちゃん」を栽培しているハウス。ここで直売もしていました。

Nec_0054

Nec_0055

ハウスの中は暖かくて夏のようでした。
中では、紅ほっぺとあきひめという品種が栽培されているとのこと。

Nec_0056

Nec_0057

Nec_0060

ハウス内の柱に、イラストの作者「西又葵さん」のサインを発見!

Nec_0058

パッケージはこちら↓ 中には同じイラストのポストカードが入っていました。

Dsc_0880

中のいちごはこちら。

Dsc_0953

大粒でおいしそうですdelicious

Dsc_0962

「うご野いちごちゃん」についてはこちらをご覧ください。

次は羽後牛カレーを入手したいと思います。

くれおぱとらっしゅでした。

2009年3月11日 (水)

羽後牛ステーキ (れすとらん五輪坂)

JAうごの羽後牛カレーの発売などでなにかと話題の羽後牛を食べてみたくなり、五輪坂温泉としとらんどれすとらん五輪坂に行ってきました。

ちなみに、羽後牛は、こちらにあるとおり、安全で美味しい格付A4以上の最高級の牛肉で、三梨牛皆瀬牛コチラの記事でステーキを紹介してます)と並ぶ湯沢雄勝地域を代表する銘柄牛です。

 

れすとらん五輪坂では、羽後牛ステーキ定食、羽後牛ステーキ重、羽後牛にぎり寿司セット(うどん又はそば)など、羽後牛をつかった様々なメニューがあり、羽後町特産の羽後牛をいつでも食べることができます。(メニューや料金はこちらをご覧ください)

今回は、羽後牛のためだけに足を運んだので、せっかくだからと後牛ステーキ定食(1,800円)を注文しました。

Photo

ステーキをアップlovelydownwardleft

F1020281

更に更にアップhappy02downwardleft

F1020285

ついつい、ピントが合わなくなるまでカメラを近づけてしまいましたcoldsweats01

 

ステーキはジューシーで柔らかく、なによりも肉の味がしっかりしていて非常に美味しくいただきましたhappy01

 

れすとらん五輪坂 営業時間 午前11:30~午後9:00

五輪坂温泉としとらんどでは、宿泊などができるほか、手軽な料金で日帰り入浴も楽しむこともできます。


大きな地図で見る

 

(スタッフAでした)

2009年3月10日 (火)

ヒッチハイカー

今日、道の駅おがち「こまちの郷」に行く途中、湯沢市愛宕町の辺りで、ヒッチハイクする若者に出会いました。

新庄・山形までと書かれた段ボールを持って立っていた若者。札幌の大学生だそうです。

札幌を出発し、最終目的地は鹿児島!rvcar 若いっていいですね~

午前中に秋田市を出発し、私達の車で3台目。今日は蔵王辺りまで行き、温泉に入れればいいなぁとのことでした。

私達が道の駅を出たときには、既に姿がありませんでした。

もう山形に向かったのかな?

Dsc_0854

道の駅おがち「こまちの郷」前で記念にcamera

鹿児島までの旅が順調に進むことをお祈りします。

ハムシーンでした。

2009年3月 9日 (月)

大湯温泉『阿部旅館』さん

sun前回[『かえで庵』さんの寒晒しそば]からの続きです。

  昼食を食べておなか一杯の一行は、小安峡の大噴湯を見て
  この日の宿泊先である大湯温泉『阿部旅館』さんへ。

  小安峡の様子
   2009_0301_143342aa
 大分雪も解けて段々春に向かっているな
  という感じでしたが、しがっこもまだ健在でした。
 
 
 
  2009_0301_155831aa
  阿部旅館さんの玄関口です。

  2009_0301_160136aa
  玄関からの様子です。
  管内は内履きがなく、靴を脱いでそのまま歩けますので
  お風呂や食事の際の移動も楽です。
  ちなみに、廊下は床暖房で快適でした。
 
  部屋に案内された後、早速お風呂へ。
  渓流沿いの露天風呂。山間の風景と渓流の音を聞きながら
  温泉を堪能できます。(夏シーズンは川風呂もsign01
  こちらは、『かじかの湯』

   2009_0301_154240aa 
  2009_0301_154112aa
  『今昔風呂』
  2009_0301_153707aa

  お風呂をはしごして、宿泊者専用の『ひのきの風呂』へ
   2009_0301_152152aa
  こじんまりしてますが、それぞれ風情があり
  いろいろなお風呂が楽しめますhappy01

  お風呂は、単純硫黄泉、無色透明ですが、ほんのりと
  硫黄臭がただよいます。

  温泉でリラックスした後は、お楽しみの夕食。
  お食事は別室でいただきます。
  2009_0301_173947aa
  写真右は岩魚の塩焼き、だだみ(たらの白子)、お刺身には皆瀬牛も。
  かごの中には、あわびやあさりの和え物やフルーツ、手前はがっこ
  左側は出し巻き卵茶碗蒸し風?(帆立やみつぱ入り)、タラの芽のおひたし
  お鍋はタラなべでした。
  2009_0301_180951aa
  お鍋の右上にあるのは冬の湯沢の名物「ひろっこ」です。

  ということで、地元素材をふんだんに使った夕食を 堪能していると、

  やってきました~皆瀬牛ステーキsign03
  2009_0301_181318aa
  ビックサイズですsign03
  1人前を頼んだのですが、他の料理もたくさんいただいていたので
  家内と子供と3人で食べてもおなかいっぱいでした。
  お肉もやわらかく、口の中でとろけそうでした~。

  ちなみに皆瀬牛ステーキは別注文で3,000円
  阿部旅館さん以外の小安峡のお宿でも別注で
  提供してくれるところが多いようです。

  大満足の夕食後、もう一度お風呂に入ってこの日は終了。

  翌日、朝食前に朝風呂へ。
  朝は、男女のお風呂が交換となり、宿泊者は2通りのお風呂が
  楽しめます。

  前日は春の陽気でしたが、前夜から雪が降り始め、
  一転雪見風呂になりました。
  2009_0302_064653aa
 2009_0302_065036aa
  こちらは、『せせらぎの湯』です。
  『せせらぎの湯』にほうには、屋根がかかっている
  ところがあって、そちらに避難して雪見のお風呂を堪能。

  部屋から見た露天風呂の風景
  2009_0302_070449aa
  水墨画の世界ですね・・・

 
  一風呂あびた後に朝食を
  2009_0302_081052ab
  温泉卵に、みょうさく、ふき、ぜんまいなどの山菜や
  なすの煮浸し、いんげんの胡麻和え、さやえんどうのお味噌汁。
  昨日、たくさん食べたのですが、ご飯がおいしくて3杯も
  食べてしまいました。coldsweats01

  ということで、
  1泊2日のミニ家族旅行でしたが、
  楽しい時間をすごさせていただきました。
  阿部旅館さん、ありがとうございました。

■阿部旅館さんの詳しい情報は ⇒ こちら(阿部旅館HP)


snow帰りがけの小安峡の様子です。
  2009_0302_102325aa_2
  前日の様子と変わって、雪の小安峡となりました。
 
【情報掲載:とりうみ(撮影日2月28日~3月1日)】 

2009年3月 8日 (日)

湯沢凧 ~まなぐ凧

本日紹介するのは、湯沢凧「まなぐ凧」です。

Photo_5Photo_11 

(まなぐ凧)            (武者絵)

湯沢凧は、江戸時代、元禄年間からの歴史があり、主にまなぐ凧と武者絵・歌舞伎絵に大別されます。

湯沢凧には、①骨組が縦骨1本に横骨だけで構造が簡単、②シッポがない、③吊り糸が一直線で微妙な操作ができる、④まなぐ凧といった特徴的な図柄がある といった特徴があります。(詳しくはコチラをご覧ください)

特に、”まなぐ”凧の図柄は、湯沢市独特のもので、墨一色で描かれたまなぐ(目玉)が異彩を放ち、とても印象的ですhappy01

Photo_12 それぞれの表情が微妙に違っていました。

 

今回は、この湯沢凧の第一人者であり、自宅隣のガレージ2階に「凧の館 春風館」を建てられた小野育郎さんをお訪ねして色々とお話を伺ってきました。

春風館は、小野さんの作業場も兼ねており、その壁一面には、大小様々な凧が飾られていました。

Photo_18

Photo_14 Photo_16

完成した凧だけでなく、凧の下絵など色々なものが飾られていて、ついつい見入ってしまいますlovely

湯沢凧をはじめ日本の凧は、和紙と竹で作られていることもあって、なかなか良い状態では保存されていないとのこと。

この春風館で一番古い凧がこちら。

Photo_17

 

この中央に飾られた凧は明治時代のものとのことです。

ちなみに、武者絵の図柄の多くは平家物語を元にしていて、他の凧などでよく見られる中国の三国志や水滸伝を元にした図柄は非常に少ないとのこと。

また、コレといった図柄の凧の裏紙には、古い和書をばらしたものを使って補強することがあるというお話も聞けました。

見えないところにこそ気を遣うというのが、いかにも日本的な感覚だと感心しました。

 

 

これらの湯沢凧をはじめとした凧が機敏に空を奔る雄姿を見ることができる「湯沢市凧あげ大会」が来週3月15日(日)開催されます。

次の週末は、是非湯沢市にいらしてくださいwink

 

湯沢市凧あげ大会(詳細

 日  時/毎年3月第3日曜日

 場  所/湯沢市B&G海洋センター前広場

 問合せ/湯沢凧同好会(小野)  0183-73-9428

 

(スタッフAでした)

2009年3月 7日 (土)

醤油かすてら

先日このブログで紹介した「石孫本店」さん
そこのすぐ近くに、
「石孫本店」さんのお醤油を使ったカステラを売っているお菓子屋さんがありました。
「お菓子のかたの」さんです。

Photo_2

(写真、包み紙を取ってから撮るべきでした。。。)

しっかりと醤油味のするカステラでした。

他にも「シューロール」も購入してみました。
こちらは、シュー生地で巻いてあるロールケーキで(そのまんまですね。。。すいません、説明力不足です)

Photo_3

手前の緑色が、抹茶、そして時計回りに、ストロベリー、コーヒー、レモン、、、、、んーthinkもう一つが何味か忘れてしまいました。ごめんなさい。

今まで食べた事のない食感でしたが、おいしかったですdelicious

お店の営業時間は8時~19時
定休日は木曜日だそうです。

くれおぱとらっしゅでした。

2009年3月 6日 (金)

湯沢のお醤油

先月テレビを見ていて、醤油ソムリエという人がいるということを初めて知りました。
その番組では、ゲストの方々に、醤油の香りを楽しむ方法として醤油かけご飯をすすめていて、ちょうどお昼時だったので、すごくおいしそうでした。

醤油ソムリエのことはすぐに忘れてしまっていたのですが、先日、湯沢市岩崎にある「石孫本店」さんに行き、「百寿」というお醤油を購入したところ、お店の方から、テレビで醤油かけご飯に使われていたのがこれなんですよ、と言われ、
あーーーーーsign01みましたそのテレビsign03と大騒ぎ。

Photo

さっそくこのお醤油を使って卵かけご飯をいただきました。

たしかテレビで醤油ソムリエの方が、卵かけご飯のときは卵と醤油を混ぜないで、醤油をご飯に直接かけたほうが、醤油の香りが楽しめる、と言っていたような。。。
既に記憶があいまいになっていたので、とりあえず卵をご飯にかけて、
その上から醤油をかけてみました。
おいしいdelicious
私がいつも使っている1本100円の醤油とは香りも味も違いました。
ちょっとしょっぱいお醤油だから、使う時は量に気を付けて、とお店の人に言われていたのに、おいしくて、ついつい何度も掛け足してしまいました。

湯沢市内にはヤマモ醤油というのもあるようなので、今度はそちらのお醤油も試してみようと思う、くれおぱとらっしゅでした。

2009年3月 5日 (木)

流木アート(かきかけ)

Photo

2009年3月 4日 (水)

あきたこまち米のだんご

今日は「お菓子のくらた」さんの「あきたこまち米のだんご」をご紹介します。

今年の元旦から新発売されたこのおだんご、
JAこまちの特別栽培米あきたこまちを100%使用しているそうです。

特別栽培米とは、減農薬、減化学肥料の厳格な基準により栽培されたお米だとか。
「ごま」「さくら」「抹茶」「みたらし」「こしあん」の五種類あるそうです。
写真のおだんごは「さくら」です。春っぽいですね。

Cimg2830

手ぶれカメラマンのため、もやっとした写真になってしまいました。。。

くわしくは「お菓子のくらた」さんのHPをご覧ください。

このおだんご、湯沢市内の3店舗(湯沢店、湯沢駅前店、千石町店)では、3月15日まで「雪のこまちの郷ぐるっと観光パスポート」を使うと、お得に購入できますよ~

くれおぱとらっしゅからの情報でした。

『かえで庵』さんの寒晒しそば

先週末に家族と小安峡方面に家族と小旅行に出かけました。
途中「かえで庵」さんで、手打ちそばをいただきました。

 2009_0301_134412aa

「かえで庵」さんは地元産のそば粉を使った
手打ちそばを提供してくれるお店なのですが、
ちょうど、みなせ寒晒しそばまつりを開催中ということで、
お店で出されているおそばはすべて、
寒晒しそば、ということでした。

寒晒しそばは、厳寒期に清流に浸しその後、寒風に晒して
乾燥させて作るそばで、通常のおそばよりもアクが抜けて
風味や甘みが増すのだそうです。

ということで寒晒しそばのみなせざるそばを注文sign01
 2009_0301_140005aa_2
手打ちのコシのあるおそばですが、ほのかに
甘みのある上品な味、なのでしょうか。
あっというまにいただいてしまいました。
(大盛りにすればよかった・・・)

冷奴と漬物がついて840円。

こちら「かえで庵」さんは、手打ちそばの他にも
みなせ牛が手軽にいただけるお店でもありましす。

(お店の入口にもみなせ牛の看板が)
2009_0301_135229aa

今回は夜にお宿でステーキを食べる予定に
していたので、サイドメニューとして、
みなせ牛ウインナー(320円)を注文sign03

2009_0301_140608aa
やわらかくジューシーで、牛さんの旨みが
口いっぱいに広がりますhappy01

お店では、その場で焼いていただけるみなせ牛ステーキと
おそばのセット(1,680円)を食べていたお客さんがほとんどでした。

こちらは、以前いただいた際の写真ですが、参考までご紹介します。
2006_0701_121034aa_2
(この際にいただいたおそばよりも、今回いただいた
寒晒しそばのほうが色が白いような気がします。)

地元湯沢皆瀬産のおそばと皆瀬牛、
小安峡を訪問の際にぜひお立ち寄りください。

◆くわしくは「かえで庵」さんのホームページで⇒こちら 

◆地図
 
 大きな地図で見る

 【情報提供:とりうみ】

2009年3月 3日 (火)

冬の星座

 会社からの帰り道、ふと空を見上げたら、この間まで南の空に輝いていた「冬の大三角」と「オリオン座」が西の空にありました。

Nec_0046_mini 

 携帯で撮影したので何が何だかサッパリ判らないと思いますので、ちょっとネットから解説画像を拝借。

Photo

 冬の大三角(ふゆのだいさんかく)とは、冬季に南東の空を見上げる事で確認ができる星座のうち、こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウス、オリオン座のベテルギウスの3星から構成される大きな三角形のこと。形は正三角形に近く、三角形の中を淡い天の川が縦断しています。

 なお、明るさに分けると、プロキオンが0.4等星で、ベテルギウスが1等星、シリウスが-1.5等星となっているそうです。

 この冬を象徴する「冬の大三角」と「オリオン座」が南の空を明け渡し、西の空へと退きはじめました。

 忙しい都会生活の中では星座をゆっくりと眺めることも無かったのですが、ここ湯沢では国道13号線の歩道を歩いているだけでも自然のプラネタリウムを体験できます。昔、音楽の時間に習った曲も思い出してしまいました。

 木枯らしとだえて さゆる空より
 地上に降りしく 奇しき光よ
 ものみな憩える しじまの中に
 きらめき揺れつつ 星座はめぐる

 なお、お隣の東成瀬村は、平成11年夏の環境省全国星空継続観察にて「美しい星空日本一」に輝いており、村のスローガンは、「日本一の星空とホタルの舞う清流の里」です。

 3月5日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。冬ごもり中の虫が目を覚まし姿をあらわす頃と言われています。

 湯沢雄勝の春はもうすぐですね。

標高140mでした。

2009年3月 2日 (月)

道の駅おがち「小町の郷」

今日は道の駅おがち「小町の郷」を紹介します。

この道の駅は、国道13号で山形県と、108号で宮城県とも結ばれているという県外から秋田県南への玄関口に位置しています。しかも雄勝こまちICもすぐ近く(このICから湯沢ICまでは高速道路が無料区間!)なので、利便性抜群です。

そういった利便性に加え、施設も充実しているため人気も高く、先週おじゃましたときも駐車場はほぼ満車状態という人気ぶりでした。

 

Img_2630

外観は市女笠をイメージしたものとのこと。

1階には物産館、2階にはレストランが入っています。

Img_2635

1階の物産館の様子。稲庭うどんをはじめ地域の特産品が並んでいます。

 

お昼時だったので、2階のレストラン「四季の味二ツ森」さんで昼食を頂きました。

稲庭うどん、比内地鶏、きりたんぽなど秋田県の特産品を使った料理だけでなく、様々なメニューがありました。

私が注文したのは、”週替わりランチセット”
Img_2632

先週は、▼炊き込みカレーピラフ(シーフード入り)▼チキングリル トマトソース▼スープ▼サラダ▼コーヒーのセット(950円)でした。

週替わりのメニューは、道の駅おがちさんのHP内、歳時記でも紹介されていますね。

 

食事後、施設内を歩いていると、休憩室では先週紹介した雄勝の雪まつりのカラー雪像コンテストの出展作品が紹介されていました。

Img_2636

見事最優秀賞を射止めた作品は、先日も紹介した

0902142 でした♪

 

今回は時間が無くて寄れませんでしたが、道の駅には、他にも地元で採れた美味しい野菜などが売られている直売所「菜菜こまち」(ななこまち)さんなどがあり、見どころ満載ですよ。

Img_2640菜菜こまちさん(入り口だけですが)

 

道の駅おがち「小町の郷」さんのHPで、施設に関する様々な情報を発信していますので、詳しくは、道の駅おがち「小町の郷」HPをご覧ください。

 

(スタッフAでした。)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »